ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「おまかせ・まる録」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「おまかせ・まる録」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ソニー、4Kハンディカムからの動画取り込みやディスク作成に対応したBDレコーダー新製品を発売――ハイレゾ再生も
(2017/5/31)

ソニー、人気番組がすぐに分かるシンプルなBDレコーダー「BDZ-E520」
ソニーは、Blu-ray Discレコーダーの新製品として、500GバイトHDDを搭載したシングルチューナーモデル「BDZ-E520」を発表した。「みんなの予約ランキング」「みんなの視聴数」を搭載。(2015/3/4)

スマホ視聴を快適に――ソニーが「BDZ-ET2200」などBDレコーダー4機種を発表
ソニーはBlu-ray Discレコーダーの新製品4機種を11月に発売する。新たに全機種にWi-Fiを搭載したほか、スマートフォンやタブレットで視聴する際の利便性を向上させた。(2014/10/29)

iOS版も登場!:
テレビとレコーダーをポケットに――ソニー「TV SideView ver.2.4.1」の新機能
ソニーは「TV SideView ver.2.4.1」を5月1日に公開する。同社製Blu-ray Discレコーダーと組み合わせてリモート視聴を可能にするスマートフォン/タブレット用アプリの新バージョンだ。(2014/4/30)

フルHDで番組持ち出し&ストリーミング、ソニーのBDレコーダー新ラインアップ
ソニーがBDレコーダー5機種を発表した。新たにフルHD解像度の“番組持ち出し”やストリーミング再生(DLNA/DTCP-IP)を可能にして、高機能なスマートフォンを生かせるようになった。(2013/10/23)

テレビ番組を雑誌のように楽しめる「もくじでジャンプ」、ソニー「BDZ-ET2000」を試す
ソニーのBlu-ray Discレコーダー「BDZ-ET2000」は、フラグシップモデルの「BDZ-EX3000」に次ぐハイスペックモデル。今回は、基本的な録画関連機能と「もくじでジャンプ」をチェックしていこう。(2013/3/13)

2013年PC春モデル:
「BRAVIA」な一体型で最新Officeが使える!──「VAIO L」
ソニーは、1月29日に液晶一体型PC「VAIO L」の新製品を発表した。「最高画質のVAIOテレパソ」のコンセプトはそのままに、すべてのモデルでOffice 2013が利用できる。(2013/1/29)

2012年PC秋冬モデル:
タッチ対応モデルが増えた“BRAVIA”な液晶一体型PC──「VAIO L」
ソニーは、10月1日に液晶一体型PC「VAIO L」の新製品を発表した。すべてのモデルでWindows 8を導入し、ミドルレンジモデルでもタッチパネルを搭載した。(2012/10/1)

Zとは違う最強がココに:
BRAVIAを吸収してテレパソの完全体となったか?――「VAIO L」を今こそ見直す
VAIOノートからテレビチューナー搭載機が姿を消した今、PCならではの高度なテレビ機能を存分に味わいたいならば、この「VAIO L」が筆頭候補に挙げられる。(2012/9/24)

ソニー、“新映画画質”のフラグシップBDレコーダー「BDZ-EX3000」
ソニーが発表したBlu-ray Discレコーダー新製品「BDZ-EX3000」は、進化した映像エンジン「CREAS Pro」を搭載し、4Kアップコンバート出力にも対応するフラグシップモデルだ。(2012/9/18)

ホワイトも出た:
録画した番組を“目次でジャンプ”、ソニーがBDレコーダー7機種を発表
ソニーはBDレコーダーの新製品を10月中旬に発売する。テレビ番組のメタデータを活用して“頭出し”などを可能にする機能が追加された。(2012/9/18)

ソニー、BDレコ一体型ブラビア「HX65Rシリーズ」も大幅アップデート
ソニーはBlu-ray Discレコーダー一体型のブラビア「HX65Rシリーズ」3機種を対象としてソフトウェアアップデートを実施する。二度録り回避機能をはじめ、放送中番組の配信機能などが追加される。(2012/6/18)

BDレコ×タブレットを大検証(2):
大幅に機能強化した「Sony Tablet S」&「BDZ-AT950W」を試す(前編)
Blu-ray Discレコーダーとタブレット端末のネットワーク連携を検証するシリーズの第2回。まずはファームウェアアップデートによって機能が追加されたソニーのBDレコーダー「BDZ-AT950W」を紹介していこう。(2012/6/6)

インパルスモード搭載:
ソニー、「スマート高画質」の“ブラビア”春モデルを発表
ソニーが液晶テレビ“BRAVIA”(ブラビア)の2012年春モデルを発表。ブラウン管のインパルス駆動を模した「インパルスモード」搭載機やBDレコーダー一体型など、5シリーズ14モデルをラインアップ。(2012/3/23)

ファームウェア更新で:
ソニー、BDレコーダーにDLNAの放送転送機能などを追加
ソニーは、Blu-ray Discレコーダーのファームウェアアップデートを3月下旬に開始する。DLNA/DTCP-IPの「ソニールームリンク」でリアルタイム放送の転送が可能になるほか、リピート放送番組の「二度録り回避機能」なども追加。(2012/2/29)

“ただし書き”の少ない3番組録画、ソニー「BDZ-AX2700T」を試す
ソニー「BDZ-AX2700T」は、この秋に登場したソニーBDレコーダーの最上級モデル。先代「BDZ-AX2000」に対し、3番組の同時録画や外付けUSB HDDのサポートなど機能的に大きく進化したほか、画像処理エンジン「CREAS Pro」など、多岐にわたるアップデートが施されている。(2011/11/28)

もう録り逃さない:
ソニー、3番組同時のAVC録画やUSB外付けHDDをサポートしたBDレコーダー新製品
ソニーのBlu-ray Discレコーダー2011年秋モデルは、3番組同時の長時間録画やUSB外付けHDDをサポート。スカパー!HDチューナー内蔵モデルも用意した。(2011/8/23)

PCの地デジ移行はしましたか?:
「VAIO L」2011年夏モデルを試す(後編)――強力無比なテレビ機能と独特のタッチ操作にハマる
「PCのテレビ機能なんてオマケでしょ?」と思っているなら、あまりにもったいない。VAIO Lのテレビ&レコーダー機能は“PCだからできること”を徹底追求しているのだ。(2011/7/1)

“全部入り”PCの最前線:
「VAIO L」2011年夏モデルを試す(前編)――PS3もBRAVIAもつながる3D機能とは?
「とりあえず、一番いいのを頼む」という人は「VAIO L」のハイエンドモデルはどうだろう? これ1台で強力なテレビ&レコーダー機能、タッチ操作、そして高品位な3D立体視までカバーできる。(2011/6/29)

2011年PC夏モデル:
「おまかせ・まる録」対応、カラバリ豊かな“カンタン”地デジボードPC──「VAIO J」
ソニーの「VAIO J」は、21.5型ワイドのディスプレイを備えるスタンダードな地デジ対応液晶一体型PC。今回の新モデルは、あざやかな新色+Snady Bridge化でデザイン性と基本性能を刷新した。(2011/6/7)

2011年PC夏モデル:
ソニーが「VAIO」夏モデルを発表――13.3型モバイル上位機、3D対応の液晶一体型、新デザインノートが登場
ソニーは「VAIO」の2011年夏モデルを6月11日より順次発売する。13.3型モバイルノート「VAIO S」の上位機をはじめ、3D立体視対応の液晶一体型や新デザインのノートなど、計7シリーズをモデルチェンジした。(2011/6/7)

2つのテレビ機能+新感覚のタッチ操作が楽しい:
新型「VAIO L」徹底検証――“テレパソ”の弱点を克服した24型ボードPC
PC、テレビ、レコーダーを1台で実現できる“テレパソ”は機能が豊富な半面、各機能が中途半端になりがちだ。ソニーの新型「VAIO L」は、この問題に正面から挑んできた。(2011/4/19)

ロードレビュー:
ソニー「BDZ-AT500」(1) エントリー機ですが何か?
進歩の著しいBlu-ray Discレコーダーでは、下位モデルも確実に性能が底上げされている。今回は、ソニーのW録画対応エントリー機「BDZ-AT500」をピックアップ。長期試用リポートをお送りしよう。(2011/4/18)

録画テレビの進化形、ソニー「KDL-40HX80R」で遊ぶ
ソニーから録画テレビ「HX80R」シリーズが発売された。HDDとBlu-ray Discを内蔵し、液晶パネルは4倍速。LEDバックライトに3Dレディーと、最新のトレンドを多く盛り込んだ新製品だ。(2010/11/30)

フルモデルチェンジ:
ソニー「BDZ-AX2000」の進化を検証する(後編)
ソニーの新しいハイエンドBlu-ray Discレコーダー「BDZ-AX2000」は、マルチタスク性を向上した注目機だ。今回は、ユーザーインタフェースや新MPEG-4 AVC/H.264エンコーダーによる長時間録画モードの画質を中心に見ていこう。(2010/10/1)

フルモデルチェンジ:
ソニー「BDZ-AX2000」の進化を検証する(前編)
“ソニー入魂”と称されるBlu-ray Discレコーダー2010年モデル「BDZ-AX2000」は、マルチタスクや2番組同時録画時の制限をクリアし、ソニーファンにとっては待望の製品に仕上がった。その進化を詳細に検証していこう。(2010/9/29)

全機種Blu-ray 3DとBDXL対応:
ソニーの“新世代”Blu-ray Discレコーダー詳報
ソニーの新しいBlu-ray Discレコーダーは、3DやBDXLといった新機能に加え、録画ユニットの区別をなくした新システムも大きな特長。「国内市場における3D対応レコーダーでナンバーワンポジションを目指す」というソニー入魂のBDレコーダー新製品を細かく見ていこう。(2010/8/27)

Core i搭載PC×フルHD液晶テレビ×BDレコーダー:
ソニーの“テレパソ”はどこまで進化したか?――「VAIO J」徹底検証
テレビ視聴・録画機能を備えたPC、いわゆる“テレパソ”は自室用などにセカンドテレビ兼PCが欲しいといったニーズに最適だ。特に「VAIO J」は強力な機能を備える。(2010/7/24)

地味ながらも有用な機能向上、ソニー「BDZ-RX105」を試す(後編)
前回に続き、ソニーの新しいBlu-ray Discレコーダー「BDZ-RX105」を検証していこう。今回は、新たに設けられた10倍録画モードの画質評価をにくわえ、録画予約に関する基本的な部分に着目して試用する。(2010/4/19)

地味ながらも有用な機能向上、ソニー「BDZ-RX105」を試す(前編)
ソニーのBlu-ray Discレコーダー「BDZ-RX105」は、同社の春モデルの中ではもっとも高機能な機種だ。長時間録画を中心に機能を強化し、他社テレビとの連携を強化するなどの新しいアプローチも導入されている。(2010/4/16)

写真も動画もこれ1台:
フラッグシップノートは“Z”だけじゃない――「VAIO F」実力診断
多彩なラインアップを誇るVAIOノートのフラッグシップモデルといえば、高級モバイルの「VAIO Z」が思い浮かぶが、据え置き型で頂点に立つ「VAIO F」も見どころ満載だ。(2010/4/6)

他社製テレビも操作可能:
ソニー、「おまかせリモコン」搭載の新しいBDレコーダー4機種を発表
ソニーは、Blu-ray Discレコーダーの新製品4機種を2月下旬から順次発売する。他社製テレビの操作が行える「おまかせリモコン」を新たに搭載。「おでかけ転送」機能もブラッシュアップした。(2010/2/8)

日々是遊戯:
あえて今、レコーダー付きプレイステーション「PSX」を振り返ってみる
発表されるやいなや、各所で話題を呼んでいる「torne(トルネ)」ですが、「録画できるプレイステーション」と言えば、PSXの存在も忘れてはいけません。(2010/1/15)

本田雅一のTV Style:
2009年の薄型テレビ、2010年の薄型テレビ(後編)
先週の2009年振り返りに続き、今週は2010年の薄型テレビ市場を予想してみよう。個人的に注目しているのは、録画機能付きテレビの進化についてだ。(2009/12/25)

Windows 7世代の最強テレパソか!?:
VAIO秋冬モデル“もう1つの目玉機種”――新生「VAIO L」を攻略する(後編)
強力な3波デジタルテレビ&HDレコーダー機能、独創的なコンテンツ再生ソフト、マルチタッチ機能まで備えた新生「VAIO L」。レビュー後半はその真価に迫る。(2009/12/17)

バイヤーズガイド:
最新Blu-ray Discレコーダー 録画をまかせてみたら?
最新BDレコーダーを集めて購入動機につながりそうなポイントを紹介するバイヤーズガイド。今回は、知らない番組との出会いを演出してくれる自動録画機能を中心に試した。(2009/11/5)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで! 」Vol.38:
「CREAS 2 plus」で進化したソニー「BDZ-EX200」でバロック・オペラ「ジュリオ・チューザレ」に親しむ
ソニーのBDレコーダー「BDZ-EX200」は、「CREAS 2 plus」という新しい高画質化回路を搭載したトップエンドモデルだ。発売は11月中旬とのことだが、最終試作段階の製品を入手できたので、そのインプレッションを中心にお伝えしたい。(2009/9/16)

アニメに強い「CREAS 2 plus」搭載、ソニーの新フラグシップ「BDZ-EX200」登場
ソニーが発表したBDレコーダーの新しいフラグシップモデル「BDZ-EX200」は、新しい高画質回路「CREAS 2 plus」や2系統のHDMI出力を搭載するなど、画質と音質に注力したモデルだ。(2009/8/26)

ソニー、新デザイン&「CREAS 2」搭載のBDレコーダーを発表
ソニーは、BDレコーダーの2009年秋モデルとして5機種を9月から発売する。進化した高画質回路「CREAS 2」や新しいMPEG-4 AVCエンコーダーを全モデルに採用。2番組同時録画時にも「おまかせチャプター」が両方で使える。(2009/8/26)

ねとらぼ:
大好きな○○がディスプレイいっぱいに ソニーのスクリーンセーバーがすごい
記者の目の前を大勢のイケメンが駆け抜けた! 「イケメン」など好きなキーワードを入力すると、関連する画像やテキストに動きを付けて表示するソニーのスクリーンセーバーが話題だ。(2009/6/4)

「おまかせ・まる録」の“心地よさ”を体感できるスクリーンセーバー
予約録画機能「おまかせ・まる録」を体験できるスクリーンセーバーをソニーが提供開始。(2009/5/25)

「おでかけ」だけじゃない、ソニーのBDレコーダー「BDZ-A750」を検証する(後編)
後編では、「アクトビラ」やPCによるリモート予約など、新しい要素を検証していこう。ソニーのレコーダーでは初搭載のアクトビラは、ハイビジョン解像度の「アクトビラ ビデオ・フル」にも対応し、セルスルーであれば「おでかけ転送」が行える点がユニーク。(2009/4/24)

アクトビラも“おでかけ”、ソニーがBDレコーダー新製品
ソニーは、Blu-ray Discレコーダーの新製品「BDZ-A950/A750」の2機種を4月下旬に発売する。「アクトビラ ビデオ・フル」対応などネットワーク機能を中心に新機能を追加。ダウンロードサービスのコンテンツも“おでかけ”できる。(2009/3/26)

大画面の広色域フルHD液晶を装備:
極上AVノート「VAIO type A ビデオエディション」を味わう
年末年始の特番も、旅行先で撮影したHD映像の編集もこれ1台でカバー。今年1年頑張ったご褒美にソニーのAVノート「VAIO type A ビデオエディション」はいかが?(2008/12/26)

BD/DVDレコーダー特集:
“何を重視するか”で決まるAVC録画世代のレコーダー選び
今年のBD/DVDレコーダーは、各社がMPEG-4/AVCへの対応を済ませ、長時間録画という点ではあまり差がつかない状況となった。では、何を基準に製品を選んだら良いのだろうか。(2008/12/20)

BD/DVDレコーダー特集:
独自の進化を果たした東芝「RD-X8」(前編)
東芝からハイビジョンレコーダーの2008年冬モデル3製品が登場する。全製品に高精細技術「XDE」を搭載、ネットワーク接続による「スカパー!HD」録画に対応するなど、独自の進化を果たした。(2008/11/5)

BD/DVDレコーダー特集:
BDへの“こだわり”が詰まったソニー「BDZ-X95」(後編)
前回に続き、ソニーのBlu-ray Discレコーダー新製品「BDZ-X95」の詳細なレビューをお届けしよう。今回は編集機能から録画画質、ネットワーク機能などを取り上げる。(2008/10/28)

BD/DVDレコーダー特集:
BDへの“こだわり”が詰まったソニー「BDZ-X95」(前編)
ソニーの2008年冬モデルは、新映像エンジン「CREAS」などBlu-ray Discに対するこだわりが詰めこまれている。まずは独特のユーザーインタフェースや定評のある番組検索、自動録画機能など、日常の操作を快適にする部分から検証していこう。(2008/10/24)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」Vol.25:
ていねいに作り込まれたBDレコーダー、ソニー「BDZ-X100」で観る「最高の人生の見つけ方」
前回のパナソニック「DMR-BW930」に続き、最大のライバル機と目されているソニー「BDZ-X100」のインプレッション・リポートをお届けしよう。どちらを買おうか迷っている方の参考に少しでもなれば幸いだ。(2008/10/15)

本田雅一のTV Style:
ソニーとパナソニック、BDレコーダーの操作性を比較する
今回はまたBDレコーダーに話を戻そう。今回はレコーダーの本分である“番組を録画する”ことを中心に、ソニーとパナソニックの製品を比較してみよう。(2008/9/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。