ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「CREAS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「CREAS」に関する情報が集まったページです。

スマホ視聴を快適に――ソニーが「BDZ-ET2200」などBDレコーダー4機種を発表
ソニーはBlu-ray Discレコーダーの新製品4機種を11月に発売する。新たに全機種にWi-Fiを搭載したほか、スマートフォンやタブレットで視聴する際の利便性を向上させた。(2014/10/29)

ハイレゾ再生も:
起動時間をさらに短縮、ソニーからBDプレーヤー新製品「BDP-S6200/S1200」が登場
ソニーは、Blu-ray Discプレーヤーの新製品として、「BDP-S6200」および「BDP-S1200」の2機種を発表した。起動時間の短縮やハイレゾ再生の対応ファイル拡充など機能面を向上させた。(2014/6/25)

フルHDで番組持ち出し&ストリーミング、ソニーのBDレコーダー新ラインアップ
ソニーがBDレコーダー5機種を発表した。新たにフルHD解像度の“番組持ち出し”やストリーミング再生(DLNA/DTCP-IP)を可能にして、高機能なスマートフォンを生かせるようになった。(2013/10/23)

ワイヤレスにモバイル連携、進化したソニーのHMD「HMZ-T3/T3W」登場
ソニーは、有機ELパネルを搭載するヘッドマウントディスプレイの新製品「HMZ-T3」および「HMZ-T3W」を発表した。(2013/9/3)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
今年もやります! 2012年版、麻倉怜士の「デジタルトップ10」(後編)
年に一度の総決算――AV評論家・麻倉怜士氏が1年間を振り返り、とくに印象に残ったものや優れたデバイスをランキング形式で紹介する「デジタルトップ10」。後半は第6位からカウントダウン!(2012/12/28)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
“4K Inter BEE”から最新BDレコーダーの優れた機能まで、4K最新事情
今回の「麻倉怜士のデジタル閻魔帳」は、4Kを巡る3つの新しい動きについて、AV評論家・麻倉怜士氏に解説してもらおう。JVCの新しいプロジェクター、そしてソニーとパナソニックのBlu-ray Discレコーダーに採用された4Kアップコンバートの意外な機能とは?(2012/11/29)

ソニー、“新映画画質”のフラグシップBDレコーダー「BDZ-EX3000」
ソニーが発表したBlu-ray Discレコーダー新製品「BDZ-EX3000」は、進化した映像エンジン「CREAS Pro」を搭載し、4Kアップコンバート出力にも対応するフラグシップモデルだ。(2012/9/18)

ホワイトも出た:
録画した番組を“目次でジャンプ”、ソニーがBDレコーダー7機種を発表
ソニーはBDレコーダーの新製品を10月中旬に発売する。テレビ番組のメタデータを活用して“頭出し”などを可能にする機能が追加された。(2012/9/18)

山本浩司の「アレを観るなら是非コレで!」:
ソニー「BDZ-AX2700T」で3D映画をチューニング
3番組同時のAVC録画など録画機として大きく進化したソニー「BDZ-AX2700T」だが、実はBD再生機として魅力も大きい。今回はプレステージモデルならではの充実した画質調整とその効果をチェックした。(2012/1/25)

“ただし書き”の少ない3番組録画、ソニー「BDZ-AX2700T」を試す
ソニー「BDZ-AX2700T」は、この秋に登場したソニーBDレコーダーの最上級モデル。先代「BDZ-AX2000」に対し、3番組の同時録画や外付けUSB HDDのサポートなど機能的に大きく進化したほか、画像処理エンジン「CREAS Pro」など、多岐にわたるアップデートが施されている。(2011/11/28)

もう録り逃さない:
ソニー、3番組同時のAVC録画やUSB外付けHDDをサポートしたBDレコーダー新製品
ソニーのBlu-ray Discレコーダー2011年秋モデルは、3番組同時の長時間録画やUSB外付けHDDをサポート。スカパー!HDチューナー内蔵モデルも用意した。(2011/8/23)

AVCHD ver.2.0対応:
3Dにも超解像、ソニーがBDレコーダーのエントリーモデル2機種を発表
ソニーは、Blu-ray Discレコーダーのエントリーモデルとして、Wチューナー搭載の「BDZ-AT750W」およびシングルチューナーの「BDZ-AT350S」を8月上旬に発売する。「CREAS 4」や「インテリジェントエンコーダー3」の搭載で画質をブラッシュアップ。(2011/7/14)

ロードレビュー:
ソニー「BDZ-AT500」(1) エントリー機ですが何か?
進歩の著しいBlu-ray Discレコーダーでは、下位モデルも確実に性能が底上げされている。今回は、ソニーのW録画対応エントリー機「BDZ-AT500」をピックアップ。長期試用リポートをお送りしよう。(2011/4/18)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで」Vol.51:
ソニー入魂「BDZ-AX2000」に見るBlu-ray Discレコーダーの進化
この秋にソニーが投入するBlu-ray Discレコーダーのハイエンド機「BDZ-AX2000」の最終試作機を手元でじっくり使う機会があったので、ハンドリング・リポートをお届けしよう。まず驚いたのは、従来のソニー機で不満だった機能性が抜群に向上していたことだ。(2010/9/15)

全機種Blu-ray 3DとBDXL対応:
ソニーの“新世代”Blu-ray Discレコーダー詳報
ソニーの新しいBlu-ray Discレコーダーは、3DやBDXLといった新機能に加え、録画ユニットの区別をなくした新システムも大きな特長。「国内市場における3D対応レコーダーでナンバーワンポジションを目指す」というソニー入魂のBDレコーダー新製品を細かく見ていこう。(2010/8/27)

地味ながらも有用な機能向上、ソニー「BDZ-RX105」を試す(後編)
前回に続き、ソニーの新しいBlu-ray Discレコーダー「BDZ-RX105」を検証していこう。今回は、新たに設けられた10倍録画モードの画質評価をにくわえ、録画予約に関する基本的な部分に着目して試用する。(2010/4/19)

地味ながらも有用な機能向上、ソニー「BDZ-RX105」を試す(前編)
ソニーのBlu-ray Discレコーダー「BDZ-RX105」は、同社の春モデルの中ではもっとも高機能な機種だ。長時間録画を中心に機能を強化し、他社テレビとの連携を強化するなどの新しいアプローチも導入されている。(2010/4/16)

他社製テレビも操作可能:
ソニー、「おまかせリモコン」搭載の新しいBDレコーダー4機種を発表
ソニーは、Blu-ray Discレコーダーの新製品4機種を2月下旬から順次発売する。他社製テレビの操作が行える「おまかせリモコン」を新たに搭載。「おでかけ転送」機能もブラッシュアップした。(2010/2/8)

価格比較:
BDレコーダー、今秋の傾向と選択(高級モデル編)
前回の普及モデル編に続き、今回は各社のラインアップから上位モデルをピックアップ。上位機モデルならではの機能をチェックしてみよう。(2009/11/26)

薄型テレビとBDレコ、顧客満足度1位はソニー
顧客満足度に関する調査・コンサルティングを手がけるJ.D.パワー アジアパシフィックが、薄型テレビとBlu-ray Discレコーダーの顧客満足度調査結果を発表した。(2009/11/5)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
BDレコーダー最新モデルにみる3つのトレンド
各社から秋冬商戦をにらんだBDレコーダーが登場した。BDの普及した今だからこそ見えてくる「3つのトレンド」とは? ソニーとパナソニック、トップモデルの比較もあわせて行った。(2009/9/25)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで! 」Vol.38:
「CREAS 2 plus」で進化したソニー「BDZ-EX200」でバロック・オペラ「ジュリオ・チューザレ」に親しむ
ソニーのBDレコーダー「BDZ-EX200」は、「CREAS 2 plus」という新しい高画質化回路を搭載したトップエンドモデルだ。発売は11月中旬とのことだが、最終試作段階の製品を入手できたので、そのインプレッションを中心にお伝えしたい。(2009/9/16)

HD録画機器も拡充:
スカパー!のハイビジョン放送、70チャンネルに拡大
昨年10月に15チャンネルでスタートした「スカパー!HD」は、10月1日より58チャンネル、2010年春には70チャンネル以上に拡大する。(2009/9/11)

アニメ録画にも強いBDレコーダー新製品、ソニーが発売
ソニーが発売するBlu-ray Discレコーダーの新製品は、長時間録画時の画質を高める新エンコーダーを搭載したほか、「スカパー!HD」のハイビジョン録画にも対応。(2009/8/27)

アニメに強い「CREAS 2 plus」搭載、ソニーの新フラグシップ「BDZ-EX200」登場
ソニーが発表したBDレコーダーの新しいフラグシップモデル「BDZ-EX200」は、新しい高画質回路「CREAS 2 plus」や2系統のHDMI出力を搭載するなど、画質と音質に注力したモデルだ。(2009/8/26)

ソニー、新デザイン&「CREAS 2」搭載のBDレコーダーを発表
ソニーは、BDレコーダーの2009年秋モデルとして5機種を9月から発売する。進化した高画質回路「CREAS 2」や新しいMPEG-4 AVCエンコーダーを全モデルに採用。2番組同時録画時にも「おまかせチャプター」が両方で使える。(2009/8/26)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
Blu-ray Discの現在地、進歩するプレーヤー
これまではレコーダーとパッケージの充実のみが先行していた感もあるBlu-ray Discだが、各社よりプレーヤーが多く投入されているほか、東芝が参入を検討するなど、新たな動きが見える。麻倉氏がBDの“現在地”と、充実するBDプレーヤーについて解説する。(2009/7/3)

階調補完計画:
ソニー、BD“ヱヴァ新劇場版”を独自技術でなめらかに
ソニーピーシーエルは、ソニーが開発した映像用階調補完技術“Super Bit Mapping for Video”(SBMV)を採用したBlu-ray Discのエンコード環境を構築した。制作ソフト第1弾は、5月27日発売の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」。(2009/5/12)

「おでかけ」だけじゃない、ソニーのBDレコーダー「BDZ-A750」を検証する(後編)
後編では、「アクトビラ」やPCによるリモート予約など、新しい要素を検証していこう。ソニーのレコーダーでは初搭載のアクトビラは、ハイビジョン解像度の「アクトビラ ビデオ・フル」にも対応し、セルスルーであれば「おでかけ転送」が行える点がユニーク。(2009/4/24)

「おでかけ」だけじゃない、ソニーのBDレコーダー「BDZ-A750」を検証する(前編)
ソニーが2009年の春モデルとして投入するBDレコーダー「BDZ-A750」は、「おでかけ転送」の強化をはじめ、「アクトビラ」対応など多くの新機能を追加している。強化ポイントを中心にレビューしていこう。(2009/4/22)

アクトビラも“おでかけ”、ソニーがBDレコーダー新製品
ソニーは、Blu-ray Discレコーダーの新製品「BDZ-A950/A750」の2機種を4月下旬に発売する。「アクトビラ ビデオ・フル」対応などネットワーク機能を中心に新機能を追加。ダウンロードサービスのコンテンツも“おでかけ”できる。(2009/3/26)

A&Vフェスタ2009:
AV機器は“中身”で勝負?
昨年から会場をパシフィコ横浜の国際会議場へと移し、リスニングルーム中心の“体験型イベント”に衣替えしたA&Vフェスタ。今回は展示ブースを中心に紹介していこう。(2009/2/21)

ソニーに聞く、BDレコーダーの「2011年画質」とは?
年末商戦期に「2011年画質」というインパクトの強いキーワードを打ち出したソニー。新しい高画質処理回路「CREAS」(クリアス)を搭載し、他社製のテレビに接続しても画質が改善されるとうたう。同社の開発陣に詳細を聞いた。(2009/1/5)

BD/DVDレコーダー特集:
“何を重視するか”で決まるAVC録画世代のレコーダー選び
今年のBD/DVDレコーダーは、各社がMPEG-4/AVCへの対応を済ませ、長時間録画という点ではあまり差がつかない状況となった。では、何を基準に製品を選んだら良いのだろうか。(2008/12/20)

本田雅一のTV Style:
満足度を高める“BDレコーダー選び”のポイント
先週に続き、2008年の年末商戦における製品選びに関して、いくつかの視点で情報をまとめておこう。今回はBDレコーダーがテーマだ。(2008/12/19)

本田雅一のTV Style:
ようやく選べる? ハイエンドBDプレーヤー
高機能なBlu-ray Discプレーヤーを待っていた人たちにとって、この年末から来年春ごろには見逃せない新製品がいくつも登場する時期になりそうだ。今回は、ソニー「BDP-S5000ES」とパイオニア「BDP-LX91」を紹介しよう。(2008/11/17)

BD/DVDレコーダー特集:
BDへの“こだわり”が詰まったソニー「BDZ-X95」(前編)
ソニーの2008年冬モデルは、新映像エンジン「CREAS」などBlu-ray Discに対するこだわりが詰めこまれている。まずは独特のユーザーインタフェースや定評のある番組検索、自動録画機能など、日常の操作を快適にする部分から検証していこう。(2008/10/24)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」Vol.25:
ていねいに作り込まれたBDレコーダー、ソニー「BDZ-X100」で観る「最高の人生の見つけ方」
前回のパナソニック「DMR-BW930」に続き、最大のライバル機と目されているソニー「BDZ-X100」のインプレッション・リポートをお届けしよう。どちらを買おうか迷っている方の参考に少しでもなれば幸いだ。(2008/10/15)

本田雅一のTV Style:
ソニーとパナソニック、BDレコーダーの操作性を比較する
今回はまたBDレコーダーに話を戻そう。今回はレコーダーの本分である“番組を録画する”ことを中心に、ソニーとパナソニックの製品を比較してみよう。(2008/9/29)

CEATEC JAPAN 2008:
まもなく開幕、「CEATEC JAPAN 2008」の見どころ紹介
9月30日から千葉・幕張メッセで日本最大のIT・エレクトロニクス総合展示会「CEATEC JAPAN 2008」が開催される。前日に行われた記者会見と各社の情報から、今年の見どころを探ってみよう。(2008/9/29)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
ソニーの「大爆発」
秋冬商戦をにらんだ新製品発表が相次ぐ中、「BRAVIA史上最高」「2011年画質」などソニーの注力には目を見張るものがある。同社に関する著作も多い“鬼のソニーウオッチャー”麻倉氏の目にはどう映るのか。(2008/9/19)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」Vol.23:
ソニーのBDプレーヤー「BDP-S5000ES」で観る「マイ・ブルーベリー・ナイツ」〜アメリカの風景
この秋、ソニーは6機種のBDレコーダーと2機種のBDプレーヤーを日本市場にデビューさせる。このうちプレーヤーの高級機が「BDP-S5000ES」。実際に試用してみると、再生機能だけに意を尽くしたプレーヤーならではの「品格」がある。(2008/9/17)

「長時間より高画質」に対応──ソニー、新回路搭載BDレコーダー発売
ハイビジョン録画時に最も使われている録画モードは?──ソニーが発売するBDレコーダーは、ハイビジョン映像を14ビット相当に高階調化する新回路を搭載。高画質を好むユーザー向けに訴求し、市場シェア拡大を目指す。(2008/9/4)

ソニー、“2011年画質”のBlu-rayレコーダー6機種を発表
ソニーがBDレコーダー6機種とBDプレーヤー2機種を発表した。レコーダーは全モデルに新しい高画質回路「CREAS」(クリアス)を搭載。あらゆるハイビジョンテレビで画質を向上させるという。(2008/9/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。