ニュース
» 2009年09月10日 14時38分 UPDATE

ヤマハのホームシアター新製品、正体は「YSP」?

ヤマハが一週間前に掲載したティーザーサイトを更新した。待望のフルスペックマシンが9月16日に登場するという。

[ITmedia]
photo YSPの上位モデルと思われる製品写真が加わった

 ヤマハは9月10日、一週間前に掲載したティーザーサイトを更新した。

 相変わらず1枚の画像のみだが、黒ずくめの男性の背後にYSPシリーズ(ヤマハのデジタル・サウンド・プロセッサー製品)と思われる横長のスピーカーが登場。「ついに、衝撃の音が、出る。」「待望のフルスペックマシン、いよいよ登場。」というキャッチコピーにくわえ、「2009.9.16」とリリース日まで明らかにしている。

 仮にYSPなら、前回の「薄型テレビと相性がいい」という言葉もうなずける。また、「待望の」「フルスペック」といった文言から、現在のフラグシップモデル「YSP-4000」の後継機と予想するのが自然だろう。

 YSP-4000のデビューはちょうど2年前の2007年8月。リアル5.1チャンネルの音質や設置性は高く評価されているが、Blu-ray DiscのHDオーディオに対応していないなど、現状に見合わない部分もある。また、流通の現場で8月頃からYSP-4000の生産終了が伝えられ、後継機の登場がウワサされている。

 ヤマハのいう“フルスペック”がどこまでを定義するのかは分からないが、少なくともHDオーディオのサポートは必須だろう。欲をいえば、YSP-4000で先鞭を付けた薄型テレビとのリンク機能の拡充、HDMI入力の増加、さらなる音質の向上といった部分にも期待したいところ。とりあえず、薄型テレビの音に満足していない人は、9月16日に注目しよう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう