ニュース
» 2010年05月31日 11時52分 UPDATE

三菱、75インチの3Dレーザーテレビを夏に発売

三菱電機は、夏に75インチの3D対応レーザーテレビを投入するほか、年末商戦に向けて3D対応の液晶テレビも発売する。5月31日の新製品発表会で明らかにした。

[ITmedia]

 三菱電機は5月31日、液晶テレビ新製品発表会の席上、3Dテレビへの取り組みを明らかにした(→三菱電機、液晶テレビ「REAL」のオールインワンモデル「BHR」に4モデル)。夏に75インチの3D対応レーザーテレビを投入するほか、年末商戦に向けて3D対応の液晶テレビも発売するという。

photophotophoto

 同社の「レーザーテレビ」は、RGBの半導体レーザーを光源とするDLPリアプロジェクションテレビ。独自のカラーマネジメント技術を組み合わせ、液晶テレビの約1.8倍という広い色域を実現する。またDLPの高速応答性により、クロストークを抑えて安定した3D映像を実現できる「3Dとの相性のいい技術」だ。

 三菱電機は、2007年から北米市場でレーザーテレビを販売しており、第2世代の3Dレディーモデル「L75-A91」を発売したばかり。L75-A91では、新しい駆動方式を採用し、暗いシーンでは光源を光らないようにして、締まった黒と省エネを両立させた。

photophoto 北米で販売されている75V型のレーザーテレビ「L75-A91」(左)と3D対応液晶テレビの試作機(右)。レーザー光源ではないが、82V型の3D対応DLPリアプロジェクションテレビも展示していた(左)

 夏に登場する国内向けは、電源やデジタルチューナーを日本仕様とするほか、別体チューナーの採用、3D機能の内蔵なども検討中。一方、秋口に発売する予定の3D対応液晶テレビは、4倍速駆動の液晶パネルを使用する予定だ。サイズは未定ながら、発表会場には55V型の試作機が展示されていた。なお、同社によると、3DテレビもBlu-ray DiscドライブとHDDを内蔵したオールインワンタイプにする計画だという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.