ニュース
» 2010年07月05日 20時49分 UPDATE

3Dハイビジョンで沖縄の「美ら海」を ソニービルで開催

東京銀座のソニービルでは7月19日より、沖縄美ら海水族館の監修のもと、イベント「43rd Sony Aquarium」を開催する。3D映像でジンベエザメやマンタを見られるほか、14トンの大型水槽も用意される。

[ITmedia]

 東京・銀座のソニービルでは7月19日より、沖縄美ら海水族館の監修のもと、全館でイベント「43rd Sony Aquarium」を開催する。

photo 昨年の様子

 屋外イベントスペース「ソニースクエア」には14トンの大型水槽、館内1Fのエントランスホールにも水槽が設けられ、本物の魚が泳ぐ姿を楽しめるほか、8Fの「OPUS」では、200インチの大画面で、沖縄美ら海水族館の生き物たちを3D映像で鑑賞できる。また、1〜4Fのショールームスペースでは3Dブラビアで沖縄の海やマングローブの林、さんご礁といった自然を見ることができる。

photophoto

 開催期間内には沖縄美ら海水族館の飼育員による「沖縄美ら海水族館出張授業」や期間限定の水族館ショップ、スタンプラリーといったイベントも行われる。開催期間は7月19日より8月31日まで。入場料は無料。展示時間は11時〜19時だが、屋外水槽は23時まで見ることができる。

関連キーワード

水族館 | 沖縄 | イベント | ソニービル | 3D BRAVIA


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう