ニュース
» 2010年10月12日 15時05分 UPDATE

ケンウッド、3D映像伝送/ARCに対応した5万円台の5.1ch AVアンプ「RV-7000」

ケンウッドは、3D映像伝送とARCに対応した5.1ch AVアンプ「RV-7000」を10月中旬に発売する。

[富永ジュン,ITmedia]
Photo 3D映像伝送とARCに対応した5.1ch AVアンプ「RV-7000」

 ケンウッドは、3D映像伝送とARCに対応した5.1ch AVアンプ「RV-7000」を10月中旬に発売する。価格は5万5650円。

 RV-7000は、HDMI 1.4a端子を入力4系統、出力1系統備え、ディスクリート構成パワーアンプを5チャンネルすべてに採用したAVアンプ。入力された音声信号を音声フォーマットそのままに忠実に出力できるストレート・デコードや、視聴環境や好みに合わせた音場を再現できるリッスンモードを搭載し、ディスク入れ替え時・ソース切り替え時に最適なサラウンドモードを自動で選択する機能も用意されている。

 32bitフローティングポイントDSPを採用することでドルビープロロジックIIx、ドルビープロロジックIIz、ドルビーTrueHDに対応し、さらにDTSマスターオーディオやドルビーデジタルプラス、DTS-HDハイレゾリューションオーディオ、MPEG-2 AACなどもサポートする。

 本体サイズは430(幅)×159(高さ)×384(奥行き)ミリ、重量は9.0キログラム。定格消費電力は200W、待機時消費電力は0.5W以下。

関連キーワード

AVアンプ | 3D | 3D映像 | 5.1ch | ケンウッド | Dolby


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.