ニュース
» 2011年04月14日 22時42分 UPDATE

HDMIは2系統:オンキヨー、ネットワーク機能を充実させたミドルクラスAVセンター「TX-NA709」

オンキヨーは、ネットワーク機能を充実させた7.1ch対応AVセンター「TX-NA709」を発売する。

[ITmedia]

 オンキヨーは4月14日、ネットワーク機能とHDMI出力を増強した7.1ch対応AVセンター「TX-NA709」を発表した。価格は13万6500円。5月14日に発売する予定だ。

ts_onkyo.jpg 「TX-NA709」

 実用最大出力は全チャンネル200ワット。ミドルクラスながら特許技術回路の「VLSC」や3段インバーテッドダーリントン回路、グランド電位安定化技術など、これまで同社が培ってきた音質技術が投入されている。

 ネットワークオーディオ機能も充実。ホームネットワークに接続されているPCやNAS内の音声データの再生が可能だ(96kHz/24ビット音源/DLNA/Windows7対応)。インターネットを通じて「radiko.」を楽しむこともできるほか、iPod touch/iPhoneをリモコンとして使える無料アプリ「Onkyo Remote」や別売りの無線LANアダプター「UWF-1」にも対応する。

 HDMI出力を増強しているのもポイントで、HDMI入力×8、出力×2(同時出力可能)備えており、テレビとスクリーンに同時に出力が可能。ARC(オーディオリターンチャンネル)や3Dパススルーにも対応した。また、HDMIで接続したテレビの画面で、音声出力先の変更やTVのリモコンでホームシアターの音量調節などができる「RI HD」機能を搭載しており、パナソニック製のビエラリンク対応テレビや、東芝製レグザリンク対応テレビなどと連携して運用できる。さらに、アナログ信号を最大で3840×2160ピクセルでHDMI出力可能な4K対応「ビデオアップコンバージョン」を搭載した。

 HDMI以外の映像入力端子は、D4×2、コンポ―ネント×2、S端子×4、コンポジット×5、D-sub 15ピン×1で、出力はD4×1、コンポーネント×1、S×2、コンポジット×2。音声入力はデジタル×5、アナログ×6、PHONO×1、7.1ch×1。出力はアナログ×1、サブウーファー×2。

 本体サイズは435(幅)×174(高さ)×379(奥行き)ミリ、重量は12.2キロ。プリプログラム対応リモコンが付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう