ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「radiko」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「radiko」に関する情報が集まったページです。

音声合成AIで“声の広告”制作 ナレーターいらずで効率化 エイベックス子会社が提供
コエステが、音声合成AIを活用して音声広告を制作するサービスを始めた。広告制作コストを減らせるメリットがあるという。(2021/1/14)

発売前の新曲はラジコでチェック ラジオの可能性は
ラジオは最近の巣ごもり生活、在宅勤務の広がりで再評価されている。これまではリスナーの人口が把握し切れていなかったが、詳細な調査も始まり、リスナーの聴き方や広告効果の測定などもできるようになってきている。(2020/12/4)

広告外収入も高い比率:
「1局2波」 ラジオ淘汰の時代のFM802の挑戦
お薦めの曲を繰り返し流す「ヘビーローテーション」を日本に定着させ、関西では若者から圧倒的な支持を得るFM802が、外国語放送のFM COCOLO(ココロ)の事業を譲り受けてから8年がたった。ラジオ局による「1局2波」体制は国内初で、802は若者向けの番組編成に特化、ココロは40歳代以上にすみ分けて、リスナーを増やすことに成功している。(2020/12/2)

「AQUOS sense5G」がドコモから2021年春に登場 オンラインショップ限定色も用意
シャープのスタンダード5GスマートフォンがNTTドコモからも登場。ボディーカラーは、通常の4色に加えてオンラインショップ限定の3色の計7色を用意する。(2020/11/5)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
車の中でAlexaが使える「Echo Auto」はカーナビの代わりになる?【活用編】
Amazonが車載用に投入した「Echo Auto」だが、実際の使い勝手はどうなのだろうか。利用ケース別に試してみた。(2020/10/14)

AM局のFM移行 本当に不利益はないのか
総務省は今秋をめどに、AMラジオ局のFM移行・併用が可能か判断するための実証実験について、具体的な内容を公表する。実験では、一部地域でAMの電波を止めてFMに移行。問題がなければ、その地域ではそのままAMが停波できる見通しだ。(2020/10/8)

ラジオもネットも「ながら聴き」が活況 コロナで高まる存在感
ラジオ配信サービスradikoが、ラジオ復権の切り札と期待されている。ラジオ業界は同社の成長を歓迎しながらも、「新型コロナが収束すれば元に戻るのではないか」と懸念しており、コンテンツ力強化が鍵になりそうだ。(2020/10/7)

コロナで高まる存在感:
ラジオもネットも「ながら聴き」が活況、なぜ?
ラジオ復権の切り札と期待される取り組みに番組をインターネット配信するradiko(ラジコ)がある。設立から10年。民放全99局が参加し、月間利用者数は約900万人で推移するまでに成長した。(2020/10/6)

ネットを舞台に:
月収100万円の新ビジネス ラジオスタイルの可能性
ラジオの魅力の一つに、語り手と聴き手の間に生まれる親密さがある。そんなラジオの特色を生かして新たなビジネスを生み出そうという取り組みが、ネットを舞台に始まっている(2020/10/1)

GAFA本格参入 ポッドキャスト市場で問われるラジオの底力
インターネット技術の革新と、スマートフォンやパソコン、スマートスピーカーの普及によって、今、さまざまな音声コンテンツが世の中にあふれ出している。そこで、ラジオ局も従来の電波を使った放送のほかに、インターネットを介して番組を広める取り組みに力を入れ始めた。音声コンテンツ競争が始まった現代、コンテンツを作り続けてきたラジオ局の底力が試されている。(2020/9/29)

設備更新に莫大コスト:
収入激減! ラジオAM放送 維持か移行か
ラジオ局が苦戦している。テレビやネットメディアの台頭で広告収入が激減、老朽化した設備の維持費も経営を圧迫している。(2020/9/28)

クルマでAlexaが使える「Amazon Echo Auto」が日本上陸 9月30日に税込み4980円で発売
自動車の車内でAlexaを使えるデバイスが、日本でも発売される。利用には、AlexaアプリをインストールしてあるAndroidスマートフォンまたはiPhoneが必要となる。(2020/9/25)

これからの広告の定石を語る(後編):
好意度と購入意向を10倍以上にした「局所的熱狂」をどう生み出すか
成功する広告は他と何が違うのか。マーケターが押さえておくべき新しい広告戦略の定石と注目のマーケティング手法について、最新事例とともにマーケティング戦略の専門家が解説する。(2020/9/17)

東京都が高齢者のインフル予防接種無償化〜コロナと重なる秋以降への対策
しっかりとした手洗いなどの対策も大事。(2020/9/5)

実際の失業者は“100万人以上”になる理由〜厚労省がコロナ関連の解雇4万8000人と発表
実際の影響はもっと大きい?(2020/8/29)

電気自動車:
「ホンダe」はシビック並みの足回りにアコードのシート、V6・3l級トルクのモーターを採用
ホンダは2020年8月27日、電気自動車(EV)の新モデル「Honda e(ホンダ イー)」を同年10月30日に発売すると発表した。小型EV向けに新たに専用設計したプラットフォームを採用している。(2020/8/28)

ラジコ、設立10年でついに全民放ラジオ局配信へ 巣ごもり需要でリスナーは月間900万人
インターネットラジオのラジコが「エフエム徳島」の配信を9月1日に開始する。これにより、日本全国の民放ラジオ全99局が「radiko」に参加することになった。(2020/8/25)

実は親和性の高いトランプ氏とGAFA〜リベラルとは程遠いシリコンバレーの実情
シリコンバレーで何が起きているのか、佐々木俊尚氏が解説。(2020/8/22)

アメリカやユーロに比べて日本の経済がいい理由
国際収支統計について解説します。(2020/8/18)

「大失業時代が来てしまうのか!」コロナ禍で続く雇用不安の中でも注目すべき企業の数字
緊急事態宣言中に業績を上げていた企業も。(2020/8/16)

誰が財政を健全化するために “消費増税が必要”だと言っているのか?
「消費税を一時なくすべき」という意見もある一方で、増税を進める声も上がっています。(2020/8/8)

FMVのAIエージェント「ふくまろ」がバージョンアップ ロック画面でも一部の音声操作が可能に
富士通クライアントコンピューティングのAIアシスタント「ふくまろ」がバージョン3.0になった。Microsoft Azureを採用することで音声認識の精度と応答速度を改善した他、画面ロック中に一部の操作を可能とした。(2020/7/31)

プロジェクター付きシーリングライト「popIn Aladdin」にテレビと音声操作を追加するオプションが登場
プロジェクター付きシーリングライト「popIn Aladdin」のオプションとしてワイヤレステレビチューナーとスマートリモコンが登場。(2020/7/30)

東京駅「ドン!!っと肉」(1150円)〜WEB予約サービススタート! 東海道新幹線・東京駅の駅弁!!
イタリア産のブランド豚「ドルチェポルコ」を使った豚生姜焼きとハンバーグがメインのたっぷり肉駅弁。江戸甘味噌を使った特製ソースで風味豊か!(2020/7/29)

箱根登山鉄道〜23日、9カ月ぶりに再開
7月23日に晴れて全線営業運転が再開された「箱根登山鉄道」。災害復旧の困難と重なった新型コロナの影響……現地取材を交えて解説します。(2020/7/27)

5年間売れなかった「ピップエレキバン」が突如売れた理由
大ヒット商品も、最初からうまくいったわけではなかった。(2020/7/26)

ユニクロ研究家が語る 世界一のコスパの秘密と、見落としがちな“スゴい”商品
バイヤーがおすすめするユニクロのおすすめアイテムとは?(2020/7/24)

アフターコロナで伸びる市場、沈む市場〜森永卓郎が予想
Go Toキャンペーンの効果は出る?(2020/7/19)

吉村知事と安倍総理が会談〜「Go To」はやめるべきか
世論も大きく割れています。(2020/7/16)

テレワーク時代のスマート家電:
スマートスピーカー「Clova WAVE」でテレワークをスムーズにこなす方法
6月に緊急事態宣言が解除され、“新たな日常”が始まった。その一方で、我が家には未解決の問題が継続したままだ。そこでスマート家電、今回はスマートスピーカーで課題解決に取り組んだいきさつをお届けしよう。(2020/7/14)

今日のリサーチ:
「メディアの伝えることの信頼性が気になった」65.1%――博報堂DYメディアパートナーズ調査
「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」の結果から見えてきた3つのこととは。(2020/7/7)

auとUQ mobileの「Galaxy A41」が7月8日発売 税込みで約4万円
KDDIがau向けに、UQコミュニケーションズがUQ mobile向けにサムスン電子のスマートフォン「Galaxy A41」を7月8日に発売する。オンラインショップでの価格(税込み)はauが3万9660円、UQ mobileが3万9600円。(2020/7/2)

東京五輪を「2022年」に延期〜森永卓郎が“経済復興対策”を提案
「消費税を1年間『0』にするべき」といった提案も。(2020/6/29)

菅田将暉、「出費27万円」最悪のトイレ事件に疲弊……リスナーに“詰まり”の恐ろしさを説く
予想以上の大工事だったようで……。(2020/6/22)

Google Play非対応のHuaweiスマホはどこまで実用的? AppGalleryの現状を調べた
Huaweiの新モデルに興味はあるものの、Googleのアプリが使えなくて大丈夫なのか? と心配する人は多いでしょう。筆者は、3月28日から「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」を使っています。AppGalleryの使い勝手はどうなのか? どんなアプリを入手できるのか? ユーザー目線でリアルな現状をお知らせします。(2020/6/19)

新型コロナが後押しするブロック経済体制への移行
新型コロナが落ち着いた国同士の行き来が……。(2020/6/19)

アフターコロナでは、東京一極集中の歴史が終わる〜森永卓郎が提言
上半期のヒット番付はほとんどが自粛がらみ。(2020/6/18)

約8割が「幸せだった」? 巣ごもり生活
不自由な生活でしたが……。(2020/6/13)

そもそも「都市型のコンパクトオリンピック」が売りだったはず〜東京五輪の大会運営簡素化へ
なぜかどんどんと予算が膨れて、肥大化していた。(2020/6/12)

名目賃金が4カ月ぶり減〜2次補正で野党が本気で言うべきこと
経済全体の数字はもっと悪い。(2020/6/10)

東京都が「夜の街」にきめ細かな対応ができない理由
このままでは業界がアングラ化してしまう。(2020/6/8)

キャッシュレス決済〜QRコード決済への移行が求められるワケ
手数料の問題は大きい。(2020/6/4)

「“詐欺”と同じではないか」75歳から受給すると“大損”!?年金改革法案を森永卓郎が解説
75歳から受給すると84%も増える、というのだけれど……。(2020/6/1)

2次補正予算案〜未だ「補填するお金」にしかならない実態
1カ月遅い。(2020/5/29)

新型コロナ経済対策〜消費減税がいちばん効果的である理由
経済回復を考えたら、お金を使った人が恩恵を受ける政策の方が需要喚起の効果は高い。(2020/5/26)

緊急事態宣言、全面解除へ〜経済回復まで5〜6年かかる
東日本大震災の後、GDPが元に戻るまで6年かかっている。(2020/5/25)

UQ mobileの夏モデル発表 「AQUOS sense3 basic」「OPPO Reno3 A」「Galaxy A41」の3機種
UQコミュニケーションズが5月25日、MVNOサービス「UQ mobile」の夏商戦向けスマートフォン新機種を6月中旬以降に発売する。ラインアップはシャープ製の「AQUOS sense3 basic」、OPPO製の「OPPO Reno3 A」、サムスン電子製の「Galaxy A41」。いずれもミッドレンジのスマートフォンだ。(2020/5/25)

外出自粛で聴取者は増えた? 「ラジスマ」の手応えはどう? radiko青木社長に聞く
試験サービスの開始から10年経過したIPサイマルラジオ「radiko(ラジコ)」。災害時はもちろん、最近の「外出自粛」の際によく使われているという。サービスの近況を、運営会社であるradikoの青木貴博社長に聞いた。(2020/5/19)

「街角景気指数」過去最低を更新〜急を要する事業者の家賃補償とアルバイトの休業補償
事業をやっている人には「3つ問題がある」。(2020/5/14)

死者は自粛をやめた方が最終的に少ないという意見も〜コロナ下の経済対策の難しさ
専門家会議に呼ばれる経済学者の人選もポイントに。(2020/5/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。