ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「豪雨」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「豪雨」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

第8回 JAPAN BUILD TOKYO:
設置するだけで1年間はマンホール水位を監視、日立システムズの「CYDEEN」
日立システムズが提供するCYDEENは、もともと公共工事の事務処理を効率化する目的で開発したソリューション。その後は、ライフサイクルを総合的に支援するソリューションとして成長し、現在は公共/民間の区別なく、現場での作業効率や品質を向上させる基盤として多方面で利用されている。(2024/2/22)

森山未來が『化け猫』に! 日仏合作アニメ「化け猫あんずちゃん」2024年7月公開決定
「森山の造形はほぼ跡形もなくなるんだな」(2024/2/22)

企業が備えるBCP:
サントリー「天然水」 ブランド名統一の裏に、地震の教訓
サントリーは、BCP対策の一環として20年11月、それまで地域ごとに異なる商品名をつけていた天然水を「サントリー天然水」という名称に統一した。なぜ、自然災害に備えて商品名を統一する必要があったのか。(2024/2/19)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
昆布が連れてくる温暖化の現実味
実感することで、人々の行動は変わっていくはず。(2024/1/24)

運行本数1.5倍「駅」3倍 BRTで再生の日田彦山線
平成29年7月の九州北部豪雨で不通となっていたJR九州の日田彦山線の一部区間が今年8月、バス高速輸送システム(BRT)に生まれ変わった。(2024/1/11)

11時間かけて被災地に水1500リットル輸送 “自家用”消防車を持つ民間ボランティアチームの活躍に称賛の声
名古屋から11時間かけて能登町へ。(2024/1/10)

紗栄子、5カ所の避難所へ支援物資届ける「トラック6台、乗用車2台分」 10年以上の慈善活動に反響「経験に基づく的確な判断」
被災地からの要請を受け支援物資を届けた紗栄子さん。(2024/1/6)

岡村靖幸と斉藤和義がユニット「岡村和義」結成 2024年5月から全国8都市を回るツアー実施へ
斉藤靖幸ではなかった。(2023/12/25)

通信環境:
清水建設が高層ビル建設現場の高さ100m以上で「Starlink」の高速通信を実現
清水建設とKDDIは、超高層ビル建設現場の高層フロアで高速通信の実証実験を実施した。実証では、KDDIが提供する衛星通信サービス「Starlink Business」を用い、高さ100メートル以上の施工フロアで、安定的な通信環境を構築した。(2023/12/19)

宮武和多哉の「乗りもの」から読み解く:
総額648億円 JR東の赤字路線、原因は「収入が少ない」だけじゃない
(2023/12/20)

赤字ローカル線は「バス転換」より「自家用車転換」 JR出身の専門家が提言
ローカル線の廃止といえば「バス転換」が主流だが、バスよりも自家用車に「転換」するべきだと提言する研究者がいる。その先には自動運転による課題解決も視野に入る。(2023/12/18)

家庭用から大型モデルまで複数の蓄電池を活用:
PR:ファーウェイの蓄電池×太陽光PPAで実現する「地域脱炭素」 そのプロジェクトの内容とは?
太陽光発電と蓄電池を最大限に活用することを軸とした“地域脱炭素”を目指す熊本県球磨村のプロジェクトが脚光を浴びている。その中心的な役割を担っている球磨村森電力 代表取締役の中嶋崇史氏に、具体的な取り組みの内容や狙いを聞いた。(2023/12/15)

ATC Japan 2023:
PLATEAUとアルテアのCFD解析で都市の気温上昇をシミュレーション、気候変動予測の先端研究
ここ数年、日本でも連続した台風の到来や集中豪雨、気温上昇など、気候変動の影響が目立ってきている。東京大学大学院 工学系研究科の特任研究員 博士の山崎潤也氏は、国土交通省が進めるeD都市モデルのオープンデータ「PLATEAU」を活用して、将来の気温予測に取り組んでいる。(2023/12/14)

野良子猫が「お邪魔します〜」とやってきて…… 家猫のような寝落ち姿に「こんなに心を許してるなんて!」
心許せる場所ができてよかったね。(2023/12/12)

製造業IoT:
アイコムが5Gゲートウェイを発売、中小製造業工場への5G環境導入に最適
無線機大手のアイコムが、携帯電話キャリアのLTE/5G通信に対応するゲートウェイ「IP50G」を開発。Wi-Fi 6準拠の無線LAN機能や有線LANポートの他、USB、RS-485などのインタフェースを備え、中小製造業が大掛かりな工事を行うことなく工場に5G環境を導入するのに最適とする。(2023/12/7)

高速バスの「風雲児」が起死回生策 進撃続く「赤字日本一」3セク鉄道
全国の地方鉄道が沿線の人口減少や少子高齢化の進展で厳しい状況に陥っている中、京都府北部を走るローカル線「京都丹後鉄道」(丹鉄)が逆境をはねのけるように“進撃”を続けている。(2023/11/30)

スマートメンテナンス:
冠水時に通行止めを自動表示するLEDサイネージ、宮城県利府町道で運用開始
アークノハラと日本ライナーは、LED標識が冠水時に自動で通行注意や通行止めを表示する「冠水通知型LED表示機システム」の運用を宮城県利府町道で開始した。(2023/10/25)

知らないと損!?業界最前線:
新聞紙で炊くタイガーの炊飯器、開発のきっかけは「もったいない」だった 廃棄内釜を災害対策に
タイガー魔法瓶からちょっと変わった炊飯器「魔法のかまどごはん」が登場する。熱源は電気ではなく「炎」。同社100周年と関東大震災から100年の2023年に、防災グッズとして提案。キャンプ需要や学校教育なども想定する。開発の経緯や目指す世界について、製品のプロジェクトリーダーに話を聞いた。(2023/10/14)

ビルの階段が滝になった……! 水道設備業者が遭遇した壮絶な“水のトラブル”に「もう笑うしかない」
その後笑えない修繕費がかかったそうです……。(2023/9/29)

「防御力」に「復元力」を〜なぜなにサイバーレジリエンス:
3つの事業継続リスクで待ったなし、サイバーレジリエンスが今必要なワケ
事業継続リスクに対するITの責任が大きくなっている今、注目を集めているのがサイバーレジリエンスです。ではこれは一体どのような考え方なのでしょうか。まずは企業を取り巻く事業継続リスクを解説します。(2023/9/28)

9月の台風発生日は「過去最少」に? 現在発生は「1個だけ」も……10月以降油断できず
このまま史上最少となるのでしょうか。(2023/9/26)

第5回 建設・測量生産性向上展:
500万画素センサーに30倍光学ズームを装備 夜間も使える遠隔監視カメラ「ロボイーグルアイ」
建設現場では、夜間や休工日の防犯が課題となっている。ドーム型カメラは、人だけを検出して管理者のスマホにプッシュ通信する機能や現場のカメラを通じて威嚇音声を発する機能を備え、無人となった現場の防犯に役立つ。(2023/9/25)

母猫とはぐれた3匹の赤ちゃん猫を保護、先住猫と会わせたら…… やさしくて過保護な光景に心があたたまる
あっという間に本当の家族のような光景が……!(2023/9/23)

仏コルマールの水路に環境保護団体がグリーンの蛍光塗料を撒き散らす 「ハウルの動く城」「ご注文はうさぎですか?」モデルの街
【UPDATE】9月21日、記事をアップデートしました。(2023/9/19)

「地元ルール」はDXできるか:
増える「交通の空白地帯」どう解決する? JR津軽線の“断線”救ったベンチャーに聞く
青森県、秋田県を集中的に襲った豪雨災害の影響で、青森県津軽半島を走るJR津軽線の一部区間が断線する被害が起きた。そんな状況を救うべく貢献した企業の一つが、電脳交通というスタートアップだ。地方のタクシー会社の厳しい現実やDXの可能性について、同社取締役COOの北島昇氏に聞く。(2023/9/19)

太陽光:
増加する太陽光発電の事故件数、台風シーズンに行うべき対策と注意点
近年増加の傾向にある太陽光発電設備の被災事故。台風シーズンを迎えるなか、設備の安全対策や、万が一のトラブルの際にはどのような対応を行うべきなのか。ポイントをまとめた。(2023/9/13)

栃木を襲った雷雲を東京上空から撮影 「ラピュタの龍の巣」「ラスボスいそう」と話題
世紀末感すごい……。(2023/9/7)

7万人以上が泥砂漠に閉じ込められた「バーニング・マン」 参加していた米タレントが駆け付けたファンに救出される
もうそのファンには足を向けて寝られない。(2023/9/5)

今日のリサーチ:
関東大震災から100年、家庭での防災対策費用は1人当たり年2051円――インテージ調査
9月1日「防災の日」を前に5000人に実施したインテージの自主調査の結果です。(2023/9/1)

防災ノウハウ:
ゼンリンの「防災の日」に伴う自然災害リスクに関する意識調査「河川氾濫に高い関心、ハザードマップ活用は約4割」
ゼンリンは、9月の防災週間を前に、自然災害リスクに関する意識調査を実施した。調査結果では、自然災害リスクの関心度には地域差がみられ、「河川氾濫」に関心が高いことも分かった。(2023/8/30)

熱中症対策:
WBGTを基準とした“熱中症対策”、宅配ボックス施工現場で労働環境を改善
日本宅配システムは、建設現場での熱中症による事故やケガを未然に防ぐ2023年版の「熱中症特別対策」を策定した。(2023/8/21)

維持管理:
ウェザーニューズとオムロンが小型気象IoTセンサーを共同開発 局所的な現場の天候をリアルタイム観測で“減災”へ
ウェザーニューズとオムロンは、狭小な現場でも設置しやすい小型の気象IoTセンサー「ソラテナPro」を共同で開発した。高性能のIoTセンサーで現地の気象をリアルタイムで可視化し、建設現場の安全対策などに役立てられる。(2023/8/18)

スマートメンテナンス:
河川内橋梁工事で水位を選ばず施工可能なマルチユースガーダー工法
熊谷組、横河ブリッジ、オリエンタル白石は、河川区域内の橋梁工事において、従来の仮桟橋に代えて河川水位に応じた昇降可能な架設桁を用いて下部工および上部工を構築する工法「マルチユースガーダー工法」を開発した。工事時期を選ばず、後期の短縮やコスト削減も可能とする。(2023/8/18)

災害時にスマホで情報収集と安否確認をする方法 災害用伝言板からLINE、Googleまで
いつ発生するか分からない自然災害。発生時には正確な情報収集や家族、知人との安否確認が重要になってくる。今回はスマホで安否確認ができるサービスをまとめた。(2023/8/18)

“ポータブル電源”活用でお手軽UPSを実現(第1回):
雷シーズンも怖くない PCやNASの家庭向け停電対策に「ポータブル電源」の“パススルー充電機能”を活用する
夏の停電対策として、ポータブル電源のパススルー充電機能を使った方法を全2回で解説する。(2023/8/9)

災害時にコインランドリーで洗濯、ガス、電気、水を無償提供 「災害対策ランドリー」はこうして始まった
どのような災害対策用設備があるかは、店舗入り口のステッカーに表示。(2023/8/10)

明日から使えるITトリビア:
TwitterがXになったし、アプリアイコンだけでA〜Zはそろう? 大人の自由研究やってみた
イーロン・マスク氏によってTwitterアプリの名称がXへと変わった。そんな中、記者の中で「『X』アプリができたし、アプリアイコンでアルファベット26種全てそろったのでは?」という疑問が浮かんだ。大人の自由研究として実際に調べてみた。(2023/8/3)

第5回 建設・測量生産性向上展:
軽量/高性能なレーザースキャナーシステムと国産ドローンで、測量シーンをアップデートするアミューズワンセルフ
アミューズワンセルフは「第5回 建設・測量生産性向上展」で、さまざまなシーンで活用可能な3つの高性能レーザースキャナーシステムと、2機の新型国産ドローンをPRした。(2023/8/2)

傘やレインコートなどの撥水機能を復活させるにはどうすればいい? → コツは「熱」にあった “意外なライフハック”が便利そう
諦めるのはまだ早い。(2023/7/31)

地震、台風……高まる災害リスク 防災DXで自治体が抱く不安とは?
災害時に被害を最小限に抑えるための初動対応について、対策が不十分だと考える自治体が3割に上ることが、防災テックベンチャー、Specteeの調査で明らかになった。各自治体は、どのような不安材料を抱えているのだろうか。(2023/7/26)

「Yahoo!天気」に線状降水帯をチェックできる機能
「Yahoo!天気」の「雨雲レーダー」機能に、線状降水帯の発生状況が分かる機能が追加された。(2023/7/25)

激しい雷雨を怖がる柴犬きょうだい、翌日も…… 災害時に愛犬ファーストな行動をとる飼い主に「本当に気を付けて」と応援の声
怖かったね……!(2023/7/20)

大雨で一斉休校→廃棄危機の給食パンを格安販売 福岡市のフードロス対策に称賛…… 実施の裏側を聞いた
素早い対応。(2023/7/15)

紗栄子、豪雨被災の九州北部に支援発表 10年以上の慈善活動に「尊敬します」「行動力が素晴らしい」
頭が下がります。(2023/7/13)

スマートメンテナンス:
ドコモグループ3社がAIで推移を予測する河川監視ソリューションのトライアル提供開始
ドコモグループ3社は、AIを活用した河川やため池の水位監視ソリューションで、トライアル版の提供を全国の法人企業や自治体向けに開始した。(2023/7/12)

熱中症リスク予報、「ウェザーニュース」アプリが無償化 6時間先まで
ウェザーニューズは11日、天気予報アプリ「ウェザーニュース」で提供している「熱中症レーダー」で6時間先までの予報を無償提供すると発表した。(2023/7/12)

降水確率について学ぶ 定義や計算方法を豆知識と合わせて解説します
(2023/7/11)

福岡県筑豊地方・筑後地方、大分県西部に「大雨特別警報」発表
(2023/7/10)

【動画解説】災害時に熱中症に気を付けたいポイントは? 防災リュックに暑さ対策グッズをプラスしよう!
(2023/7/10)

【動画あり】大雨災害が発生したらどう行動する? 平成29年7月九州北部豪雨を振り返って
(2023/7/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。