ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「カナダ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「カナダ」に関する情報が集まったページです。

Cybersecurity Dive:
コロニアルパイプラインの再来か? AlphVがカナダの石油パイプライン運営企業への攻撃を主張
AlphVは、カナダの石油パイプライン運営企業Trans-Northern Pipelinesにサイバー攻撃を仕掛けたと主張している。このサイバー攻撃によって通信を含む内部システムに影響があったことを確認した。(2024/3/3)

バンクーバーに出店:
「丸亀製麺」カナダ1号店がオープン 全店で売り上げトップは?
トリドールHDは、讃岐うどん専門店「丸亀製麺」のカナダ1号店をバンクーバーにオープンする。(2024/3/2)

北斗晶、カナダ在住・凛の31歳誕生日を祝福 初孫の姿も 次男の誕生日は「海外にいるし間違えちゃいそうになりました」
「時差投稿が増えます」と宣言していた北斗さん。(2024/3/1)

飼い主の靴下を引っ張る子犬、イタズラかと思いきや…… 立派に成長した姿に「なんて素晴らしい子犬」と称賛の声【カナダ】
ワンコの成長は早い。(2024/3/1)

「HubSpot」や「Salesforce」とも連携:
B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサイト情報データベース「StoreLeads」の取り扱いを開始した。(2024/2/23)

北斗晶の義娘・凛、カナダ帰国で愛娘に異変 “ばあばの声”に反応する姿に「なんだか切なくなりました」
ばあばも寂しそう。(2024/2/17)

北斗晶の義娘・凛、3カ月ぶりにカナダ帰国 “ばあば”は孫との別れに大号泣「代償があまりにも」「辛いね〜」
「こちらは夜中3時半……。みんなで時差ボケ中です」(2024/2/16)

海外医療技術トレンド(104):
カナダが目指す持続可能な生成AIイノベーションの枠組みづくり
本連載第46回でカナダのケベック州のAIハブ都市であるモントリオールを取り上げ、第94回ではカナダ当局の生成AI法規制動向を取り上げた。今回は、カナダにおける生成AIイノベーションを巡るデータセキュリティ、プライバシー、サステナビリティなどのガバナンス動向に焦点を当てる。(2024/2/16)

北斗晶、初孫との別れに号泣「行っちゃった」 長男一家のカナダ帰国にファン「自分の事のように思えて涙が出ます」
2023年11月に息子家族が日本に帰国していました。(2024/2/15)

ごみ出し担当のワンコ、今日も張り切って走っていると…… 驚きのハプニングに飼い主も思わず笑っちゃう【カナダ】
こんな日もあるさ。(2024/2/13)

マツダ、新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-70」初公開 今春北米に投入
マツダノースアメリカンオペレーションズが新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-70」を初公開した。今春に米国・カナダで発売予定。(2024/2/2)

外から帰ってきたデカワンコ、自分でドアを開け…… ちゃんと閉めて飼い主に報告する姿に「なんてすばらしい賢いわんちゃん」【カナダ】
キチンと閉められます!(2024/2/9)

国土は広いが人材は少ない:
「規模を追うべきか否か」 半導体政策で悩むカナダ
大規模な半導体工場の投資に沸く米国に対し、隣国のカナダは半導体サプライチェーンの強化策に悩んでいる。広大な国土を持つカナダだが、人口は少なく、工場での人材確保という点では懸念もある。カナダの業界関係者は「カナダは、スモールスケールの利点を生かすべきだ」と主張する。(2024/1/31)

イタズラしたワンコに「誇らしい?」と聞くと……? まさかの“自信満々な返答”に「誇りがあるww」「かわいすぎ」【カナダ】
誇りを持ってやっていますから!(2024/1/30)

湖の底を撮影中に正面から魚が接近、大きく口を開けてそのまま……! 丸のみされた気分になる衝撃の光景【カナダ】
水中を撮影していたときのこと。(2024/1/30)

ICT:
戸田建設など4社がレーザー投影墨出しの「Mechasys」へ出資 量産モデル展開を支援
戸田建設や東急建設など4社は、建設業/製造業向けのレーザーレイアウトシステムを開発するカナダのMechasys(メカシス)へ出資した。Mechasysのシステムが墨出し作業の課題解決につながるとして、日本国内での普及を促す考えだ。(2024/1/26)

つるの剛士、カナダ留学中19歳長男とのLINE公開 “質問”受けるも……爆速レスする姿勢に「即答」「返信早い」
返信はやっ。(2024/1/24)

シェークスピアを朗読してもらったシカ、じっくり聞いていると思いきや…… 案の定なオチに「すてきな関係だね」【カナダ】
やっぱり花より団子だね!(2024/1/23)

3匹のパヤパヤ子猫ちゃん、気になるものを目で追ううちに……? 高いシンクロ率に驚きの声【カナダ】
カワイイが3匹も!(2024/1/20)

ゲーム中にかがんだ男性、お尻のほうから何やら音が……!? まさかのハプニングに爆笑が止まらない【カナダ】
思いっきり!(2024/1/11)

Innovative Tech:
ジグソーパズルを解くのに“数学的に完璧”な机の大きさは? カナダの研究チームが解明
カナダのトロント大学とNational Research Council Canadaに所属する研究者らは、ジグソーパズルを解くのに最適なテーブルのサイズを数学的に解明した研究報を発表した。(2024/1/10)

くすぐりが大好きなデカワンコ 飼い主による“エアくすぐり”で、触ってないのに動いちゃう【カナダ】
かわいい反応。(2024/1/8)

カナダ留学中の光浦靖子、得意の手芸でまた力作 2024年初投稿に「大作だぁ」「こんなのもできちゃうんですね」
細かい部分の作り込みがすごい!(2024/1/5)

なんとしてでも水を飲み尽くしたいデカワンコの“執念” ずっと見てしまうコミカルな姿に「美しいww」「うわーww」【カナダ】
どんな気持ち?(2023/12/24)

2回目の留学先として「行きたい」と考える人が多い国 「英国」「カナダ」を抑えた1位は?
2回目の留学先として人気の国はどこか。海外留学サービス「スマ留」を運営するリアブロードが調査を実施した。(2023/12/23)

本物の馬が描く絵画、実際の制作風景に驚きの声 「新時代のピカソ」「馬にも絵が描けるなんて」【カナダ】
飾っておきたい。(2023/12/21)

日本の若手も参加した「Team Asia」に聞く:
「セキュリティにおける国際協調」を言葉だけでなく実践――地域対抗形式のCTF「ICC」とは
国際的なCTF(Capture The Flag)大会、「International Cybersecurity Challenge」(ICC)が米国サンディエゴで開催された。米国、カナダ、欧州、アフリカ、南米、オセアニアなど各地域の代表チームが参加し、日本の若手セキュリティエンジニアも「Team Asia」の一員として活躍。そのTeam Asiaのメンバーとオーガナイザー、コーチ陣に話を伺った。(2023/12/21)

製造マネジメントニュース:
アニオン交換型の水電解装置用の膜を取り扱うカナダのスタートアップに出資
旭化成は、アニオン交換型の水電解装置用の膜を取り扱う、カナダのスタートアップ企業Ionomr Innovationsに出資参画することを発表した。ノウハウを提供するなど研究開発分野での連携を深め、膜の性能強化も支援する。(2023/12/18)

元司書みさきの同人誌レビューノート:
画面の向こうの推しに会いに行く ラッコに会うため海外を旅した人の旅行記が愛にあふれすぎていた
同人誌『アメリカ・カナダ ラコラコラッコツアー2023』をご紹介します。(2023/12/17)

泥まみれで遊ぶワンコが飼い主に近づいて……「ノー!!!」 悲劇に見舞われた飼い主と笑顔のワンコにほっこり【カナダ】
ここまで全力で遊べたらワンコもうれしいだろうな。(2023/12/9)

遠方宇宙に予想超えるブラックホール ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡で発見
米国と欧州、カナダの高感度望遠鏡「ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡」を用い、120〜130億光年先の宇宙で巨大ブラックホールを10個発見したと、東京大などが発表した。(2023/12/4)

愛猫に「バイバイ」と手をふると……驚きの光景が! 「行ってらっしゃい」と振り返してくれる猫ちゃんにびっくり【カナダ】
バイバイにゃ〜。(2023/12/3)

早稲田大学世界デジタル政府ランキング2023:
世界デジタル政府ランキング、1位は3年連続デンマーク、日本は前回の10位から11位へとトップ10圏外に
今年で18回目の「早稲田大学世界デジタル政府ランキング2023」1位は3年連続デンマーク、2位カナダ、3位英国。(2023/12/1)

カナダで目撃“4つに裂けたくちばしのカモメ” まさかの正体を突き止めたエッセイマンガに「パニック映画の序章かよ」「めちゃくちゃ笑った」の声
「地球滅亡」が頭をよぎるフォルム。(2023/12/4)

この頃、セキュリティ界隈で:
「AirTag」に車の盗難防止効果を期待、米警察が現地住民に無料配布 カナダではBMWを取り戻した例も
米首都ワシントンやニューヨーク市の警察が、車の盗難防止対策としてAppleの紛失防止タグ「AirTag」を住民に無料で配布している。米国では車の盗難が急増し、警察や自治体が対応を模索していた。(2023/11/24)

北斗晶、生後3か月孫がカナダから“初来日” ウェルカムパーティーで豪華もてなしも……「当分はいてくれるけど」「帰っちゃう日が怖すぎる」
息子夫婦が移住先のカナダから帰国中。(2023/11/16)

カナダ留学中の光浦靖子、日本での“共演仲間”と顔合わせ泣き笑い 再会ショットで心中吐露「ロスだよ」
めちゃめちゃ安心感ある。(2023/11/12)

Googleマップに“存在しない登山道” 登山者が立ち往生でカナダのレスキュー出動
救助隊は「都市の地図」を頼りに自然の中を進むのは不適切だとしています。(2023/11/11)

Innovative Tech:
AIが「言語生成AIとの対話」で賢くなり続ける自動成長モデル 米Meta含む研究者らが開発
米Metaやカナダのマギル大学などに所属する研究者らは、環境と直接対話せずに大規模言語モデル(LLM)からのフィードバックを用いてAIエージェントを強化学習で訓練する手法を提案した研究報告を発表した。(2023/11/8)

飼い主に隠れてこっそり…… 室内カメラが捉えた犬と猫の姿に癒やされる人続出【カナダ】
幸せな光景。(2023/11/9)

カナダ留学中の光浦靖子、得意の手芸でまたしても力作を生み出す 「クオリティ高すぎ」「もープロですね」
サンタさんがいい表情!(2023/11/5)

ワンコからおやつを守るため、女の子が考えた方法は…… 目からウロコのライフハック「これはいいアイデア!」【カナダ】
じーっ。(2023/11/1)

子猫が寝ているパパの顔に「よっこいしょっと」 完全にイス扱いされるパパと子猫の関係性にジワジワくる【カナダ】
キリっとした表情が最高。(2023/10/28)

買収額8億3000万米ドル:
InfineonのGaN Systems買収が完了、GaN事業を大幅強化
Infineon Technologiesが、GaN(窒化ガリウム)パワーデバイスを手掛けるカナダのGaN Systemsの買収を完了した。今回の買収完了によって、Infineonは、350以上のGaNパワーデバイス関連IPおよび、450人以上のR&D部隊を有することになった。(2023/10/25)

「パパ姿がサマになってますね!」 凛、抱っこひもデビューした夫の姿に反響 北斗晶らの贈り物で“ドレスアップ”した子へ「あーかわいい」
凛さんが在住しているカナダ・バンクーバーは最低気温が9度。(2023/10/18)

【閲覧注意】カモメがヒトデを丸のみしようとして…… 未確認生物のような姿が目撃される【カナダ】
びっくりした。(2023/10/16)

カナダ代表DF、中村敬斗へのファウルは「非常に乱暴」「日本ファンの怒りを買った」海外メディアが報道 SNS大荒れ
「親善試合でやることか?」「シャツを引っ張るだけでいい」などの批判が。(2023/10/14)

材料技術:
カナダの負極材メーカーと連携強化、EV材料の北米サプライチェーン構築へ
パナソニック エナジーは、EV向けリチウムイオン電池の負極材料となる黒鉛に関して、カナダの負極材メーカーNouveau Monde Graphiteと技術的、商業的な連携を強化する。(2023/10/10)

鳥に完全に心を持っていかれたにゃんこ、夢中になりすぎて……? アニメのようなずっこけ方に爆笑の声【カナダ】
やってしまいました……!(2023/10/8)

棚からおやつをゲットした猫、飼い主のところまでやってきて…… 「あけてよ」とおねだりする姿がかわいい【カナダ】
ちょっとえらそうなところがかわいい。(2023/10/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。