ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「カナダ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「カナダ」に関する情報が集まったページです。

柵を越えたいカナダの猫、よじ登ってジタバタ…… 四苦八苦する様子に思わず笑ってしまう
ジタバタ。(2022/1/19)

犬「外で遊ぼう!」 −18度のカナダで、人間の袖を引っ張るゴールデンレトリバーが無邪気でクスッとしてしまう
びよ〜ん。(2022/1/17)

猫が大好きなワンコ、激しくくっつきすぎて…… 迷惑そうにされるもめげない姿がカナダで撮影される
グルーミングで熱烈に大好きを表現しています。(2022/1/11)

つるの剛士、帰国していた長男&次女がカナダへ 1年半ぶりの“賑やかな年越し”振り返る「改めて家族はいいな」
楽しい年末年始を過ごしたつるのさん。(2022/1/10)

車を押す兄「きゃはははははは!」乗る妹「(何が面白いの……?)」 “車ごっこ”をする1歳双子の温度差に笑ってしまう【カナダ】
何が面白かったんだろうか。(2022/1/1)

日本での生産も:
植物由来ワクチン「来年に7600万回分」 田辺三菱製薬社長
田辺三菱製薬の上野裕明社長が21日、産経新聞のインタビューに応じ、カナダの子会社メディカゴが開発中の植物由来の新型コロナウイルスワクチンについて、「早ければ来年中に最大で年間7600万回分の生産を目指す」との考えを明らかにした。(2021/12/22)

Meta、メタバースサービス「Horizon Worlds」の一般提供をアメリカとカナダで開始
米Metaは12月9日、メタバースサービス「Horizon Worlds」の一般提供を開始した。対象はアメリカとカナダに住む18歳以上の個人。(2021/12/10)

つるの剛士、カナダ留学中の長男&次女が帰国断念 新型コロナの影響で家族全員そろわず 「楽しみにしてたんだけど」
1年半ぶりに帰国予定だったとのこと。(2021/12/2)

MIYAVI、カナダ公演で4歳男児に神対応 ステージでの記念撮影に添えて激励メッセージ「君たちが世界をロックするんだ」
大きくなったら最高の思い出になるだろうな。(2021/10/26)

YouTube Music、無料版にもバックグラウンド再生機能 まずはカナダで
米Google傘下のYouTubeは、同社提供の音楽再生アプリ「YouTube Music」にバックグラウンド再生機能を無料で提供すると発表。(2021/10/5)

HuaweiのCFOを釈放 カナダ裁判所 司法取引成立
米ニューヨークの連邦地裁は24日、米司法省と中国通信機器大手、Huawei副会長兼最高財務責任者(CFO)孟晩舟(もう・ばんしゅう)被告の司法取引成立を認めた。同省の要請でカナダ当局が拘束し詐欺などの罪で起訴された孟被告は、2022年末まで合意の条件を守れば起訴猶予となる。カナダから米国へ身柄を引き渡す要求は取り下げられ、カナダの裁判所は孟氏の釈放を決定した。(2021/9/27)

光浦靖子、初めての“カナダ留学レポ”に反響 ナイアガラの滝観光ショットに「お元気そうでよかった」
元気そうでなにより!(2021/9/16)

宇宙から地球へ 高速通信の切り札
破綻から復活した衛星通信会社OneWeb 世界の有力企業が出資する“納得の理由”
衛星を使い、高速な通信サービスを開発するOneWebは韓国のITベンダーから3億ドルを調達する他、カナダの通信事業者と覚書を結んだ。経営破綻から立ち直ったOneWebが目指すのは何か。最近の動きを追った。(2021/9/15)

「iMessage」に脆弱性、スパイウェア「Pegasus」の感染から発覚 AppleがiOSやmac OSなどに対策アップデート配信
カナダのセキュリティ機関「The Citizen Lab」がスパイウェア「Pegasus」に感染したデバイスを調べたところ、Appleのメッセージアプリ「iMessage」に脆弱性を確認した。Appleは対策として、iOS/iPad OS/mac OSなどでアップデートを配信した。(2021/9/14)

製造マネジメントニュース:
次世代CT装置開発を目指す、キヤノンが半導体検出器モジュールメーカーを買収
キヤノンは2021年9月9日、テルル化亜鉛カドミウム(CZT)半導体検出器モジュールの製造、開発に強みを持つカナダのレドレン・テクノロジーズの株式を取得し、完全子会社化すると発表した。(2021/9/10)

「いっけな〜い金メダルが!」 カナダ代表選手、メダリストのみに許されたジョーク動画を投下してしまう
ミッチェル選手「日本人は本当にすばらしかった。何より私のジョークに笑ってくれた(ここ重要)」(2021/8/27)

つるの剛士、長男と次女のカナダでの再会を位置追跡アプリで見守り感動 兄妹2ショットに「2人とも元気そうでなにより」
「愛してる」のメッセージも。(2021/8/26)

自然エネルギー:
「世界最大級の干満差」で潮流発電、カナダの事業に中電・川崎汽船が出資
中部電力と川崎汽船がカナダのノバスコシア州で計画されている潮流発電事業に参画。アイルランドの再生可能エネルギー開発企業であるDP Energyと共同開発契約を締結した。(2021/8/10)

「完全自動運転」に注目しがちだが:
MagnaのVeoneer買収でADAS技術の勢力図は変わるのか
カナダの自動車部品メーカーであるMagna International(以下、Magna)が2021年7月、Veoneerを買収することで両社が最終的な合意に至ったと発表した。これにより、人間をより安全なドライバーにするための技術を活用していくという傾向が、さらに顕著に明示されたといえる。今回の買収の背景にあるとみられる根拠について、取り上げていきたい。(2021/8/16)

Huawei幹部の引き渡し カナダで審理再開
カナダで拘束され、米国で詐欺などの罪で起訴された中国通信機器大手Huawei副会長兼最高財務責任者(CFO)の孟晩舟被告の米国への身柄引き渡しを決める審理が、カナダ西部バンクーバーの裁判所で再開した。弁護側は「米国が証拠を捏造(ねつぞう)している」などとして、引き続き無罪を主張した。(2021/8/6)

カナダのAIチップ新興企業:
Untether AI、Intel Capitalら主導の投資ラウンドで1億2500万ドル調達
データセンター向けAIチップを手掛けるカナダの新興企業Untether AI が、Tracker Capital ManagementとIntel Capitalが共同で主導した投資ラウンドにおいて、1億2500万米ドルの資金を調達した。(2021/8/4)

日本で5000円引きの「Google Pixel Buds」、北米では在庫切れ
日本では昨年10月に発売された「Google Pixel Buds」が現在5000円引きだ。米国とカナダのGoogle Storeでは在庫切れになっており、製品ページもなくなっている。廉価版の「Pixel Buds A-Series」は日本ではまだ発売されていない。(2021/7/20)

カナダで“街1番のクレイジーな店”に行ってみた体験漫画が本当にクレイジー 怪しさ満点の店に「行ってみたい」「近くにほしい」の声
行ってみたくなる!(2021/7/4)

光浦靖子、“カナダ留学”へ出発 たんぽぽ白鳥「カッコイイっす」と50歳の新挑戦にエール
白鳥さん「しょっちゅう一緒だったから寂しいです」(2021/7/3)

コロナ禍が関係:
使い捨てプラの次は何か? 「紙製パッケージ」に冷たい視線を注ぐ背景
「Pack4Good」というプロジェクトをご存じだろうか。カナダを拠点に活動している非営利環境保護団体「Canopy(キャノピー)」が立ち上げたプロジェクトで……。(2021/6/27)

Twitterのサブスク「Twitter Blue」がオーストラリアとカナダで開始 ツイート取り消し機能など
ブックマークしたツイートを整理する「Bookmark Folders」などの機能が使えます。(2021/6/4)

Twitter初のサブスクサービス「Twitter Blue」始動 まずは豪と加で
Twitterが初のサブスクリプションサービス「Twitter Blue」を正式に発表した。まずはオーストラリアとカナダで同日からロールアウトする。ツイート取り消しやカテゴリ別ブックマークの他、専用カスタマーサポートも受けられる。(2021/6/4)

食料流通に混乱 JBS Foodsへのサイバー攻撃に見るナショナルリスク
米国をはじめ、オーストラリアやカナダなどで牛肉の生産などを手掛ける国際企業であるJBS Foodsがサイバー攻撃を受け、工場の操業を一時停止するなど影響が出た。FBIは一連の攻撃がランサムウェアによるものだと特定している。(2021/6/3)

Go AbekawaのGo Global!〜Philippe_Godbout編(前):
カナダのバスケ少年、ボーイング初のリモート製造に携わる
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はPhilippe Godbout(フィリップ・ゴドブ)氏にお話を伺う。豊かな自然とスポーツに囲まれすくすく育ったカナダの少年は、やがて「エンジニアリング」に魅了されていく。(2021/4/19)

つるの剛士、カナダ留学の次女があっさり旅立ち「パパも寂しくないし!!」 父の本音も「食卓がどんどん寂しくなるなあ」
「食卓がどんどん寂しくなるなあ」とつるのさん。(2021/4/8)

「思いっきり学んできなさい」つるの剛士、海外へ旅立つ次女にエール お年頃な娘の反応に強がる一面も
カナダへ留学中の長男に続いて2人目。(2021/3/20)

IoTで再注目される無線規格:
UWBトランシーバーICの新興企業が約14億円を調達
カナダのモントリオールに拠点を置く、UWB(Ultra Wide Band)用トランシーバーICの新興企業Spark Microsystemsは、カナダのクリーンテクノロジー投資企業であるCycle Capitalが主催したエクイティ投資ラウンドにおいて、1750万カナダドル(約14億5400万円)の資金を調達したと発表した。(2021/2/24)

「お金に人生をコントロールされている」日本は国際比較で最多 フィデリティ調査
フィデリティ投信はお金の面での幸福度を評価する国際調査結果を発表した。それによると、日本人の7割超が「経済的な安定が幸せ」だと回答し、これは国際比較で最高値だった。英国、ドイツ、カナダ、中国では、過半数が「幸せは経済状況に左右されない」と答えている。(2021/2/19)

4月から北米で展開:
三菱自、新型「アウトランダー」初公開 主力モデルを大幅刷新
三菱自動車は、クロスオーバーSUVの新型「アウトランダー」を発表した。4月から米国、カナダ、プエルトリコで販売する。主力モデルをフルモデルチェンジし、力強いデザイン、走行性能、室内空間の上質感を向上させた。(2021/2/17)

AMDやIntelを渡り歩いた:
“天才設計者”Jim Keller氏がAI新興企業のCTOに
著名なチップ設計者アーキテクトのJim Keller氏が、カナダのAI(人工知能)チップ新興企業Tenstorrentに社長兼CTO(最高技術責任者)として入社した。Tenstorrentの取締役会にも加わる予定だ。Keller氏は、過去にAMD、Intel、Tesla、Appleなどに勤務したことがあり、長いキャリアの中で多くの実績を残している。(2021/1/13)

著名CPUエンジニアのジム・ケラー氏、カナダの新興AI企業TenstorrentのCTOに就任
AMD、Apple、Tesla、Intelで幹部を歴任したCPUエンジニアのジム・ケラー氏が、機械学習向けプロセッサを手掛けるカナダTenstorrentにCTO(最高技術責任者)として迎えられた。(2021/1/7)

任天堂、カナダのゲームソフト開発会社を子会社化 「ルイージマンション」など開発
任天堂が、家庭用ゲームソフトを開発するカナダのNext Level Gamesの全株式を取得し、完全子会社化すると発表。ソフトの開発スピードやクオリティーの向上を目指すとしている。(2021/1/5)

TechTarget発 世界のITニュース
ServiceNow、AIスタートアップElement AIを買収 「Now Platform」を強化
ServiceNowがカナダに拠点を置くAIスタートアップElement AIを買収する。ServiceNowは買収を通じて、PaaS「Now Platform」の機能強化を図る。(2020/12/25)

製造マネジメント インタビュー:
トヨタも採用するSCMツールのキナクシス、国内2カ所にデータセンターを開設し攻勢
カナダのキナクシスが提供する、SCM/S&OP(セールス&オペレーションプランニング)ツール「RapidResponse」が、トヨタ自動車や日産自動車をはじめ国内企業への採用を広げている。2018年には国内2カ所にデータセンターを開設するなどしており、さらに事業展開を拡大していく構えだ。(2020/12/24)

海外撮影の山下智久、カナダからの帰国を報告 チャレンジ続ける姿勢に「イルミより輝いてる」と称賛集まる
今回の撮影は「忘れる事のできない貴重な経験」になったとも。(2020/12/21)

「元タカラジェンヌかな?」柔道家の出口クリスタ選手が「強くて綺麗」と話題に→「普段はこんな顔してます」と変顔で応じる
長野出身で現在はカナダ代表。(2020/12/15)

ITでCOVID-19に対処した医療機関【後編】
1日300人以上のコロナ検査をさばく病院が実践した“ITやりくり術”とは?
1日当たり300人以上のCOVID-19検査を実施するカナダの医療機関Southlake Regional Health Centreは、検査を受けた人に結果を迅速に届けるべく、新規システム導入ではなく既存システムの活用を選んだ。その方法とは。(2020/11/25)

車両デザイン:
日産はインフィニティも新型車攻勢、新型「QX55」に可変圧縮比エンジン
日産自動車は2020年11月18日、インフィニティブランドのクーペSUV「QX55」を世界初公開した。2021年春から米国とカナダで販売を開始し、中東、ロシア、アジアの一部などの地域でも展開する。日本導入は未定。(2020/11/19)

「こんなに大きく」「体格もガッシリ」 北斗晶、長男22歳バースデーでの家族ショットにファン成長実感
カナダへの帰国を延期している長男。(2020/11/7)

宮原知子、スケートカナダ大会中止も「健康第一」と気持ち切り替え 「両親を含め、医療に従事する方々には本当に感謝」
12月の全日本選手権へ照準。(2020/10/16)

Apple、英国とカナダでヘルスケアレコードが利用可能になったと発表
iPhoneに記録している処方薬や検査結果が英国とカナダの病院で使えるようになった。米国ではすでに実用化されている。(2020/10/8)

組み込み開発 インタビュー:
パナソニックの携帯電話技術は息絶えず、sXGPとローカル5Gで生きる
パナソニックの携帯電話関連事業は既に“過去のもの”というイメージが強い。しかし、基地局関連技術については、2014年9月の事業売却以降も、テクノロジー本部で研究開発が続けられてきた。同本部の開発担当者に、カナダの通信機器向けICベンダーであるオクタジックとの共同開発を含めた、基地局関連技術の今後の展開について聞いた。(2020/9/29)

製造業IoT:
パナソニックが超低遅延を実現する5G無線基地局を開発へ、カナダ企業と協業
パナソニックとカナダのオクタジック(Octasic)は、5Gとその高度化技術であるBeyond 5Gの共同開発で合意したと発表。パナソニックはこれまでも、プライベートLTEなどに用いられているsXGP向けにオクタジックの技術を活用してきたが、その共同開発の範囲を5Gに拡張することで、需要の高まるローカル5Gなどにも適用できるようになる。(2020/9/18)

フワフワな子猫ちゃんがお出迎え カナダの古書店が童話の世界みたいで癒やされる
長居したくなりそうなお店です。(2020/9/7)

シリーズ史上初 新作「仮面ライダーセイバー」3輪トライクをライダーマシンに起用
カナダ生まれのハイパワー3輪です。(2020/9/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。