ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「住宅」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「住宅」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

産業動向:
中古マンション購入検討者にコロナ禍で人気の最寄り駅ランキング、1位は北千住駅
オウチーノは、住宅・不動産専門のWebサイト「オウチーノ」におけるアクセス数などを調査し、「中古マンション購入検討者」に人気の最寄り駅をランキング化した。結果、広い物件を探しやすい郊外エリアにある駅の上位ランクインが目立ち、新型コロナの長期化に伴い、テレワークを推進する企業が増えた影響が明らかになった。(2021/5/13)

プロジェクト:
再エネを活用する新街区「船橋グランオアシス」完成
大和ハウス工業の大規模複合開発プロジェクト「船橋グランオアシス」が、2021年3月31日に完成。総戸数861戸の分譲マンション・賃貸住宅・戸建分譲住宅および商業施設から成る街区である。街区内の住居や施設で再生可能エネルギーを活用していく。(2021/5/10)

withコロナ:
ニューノーマルに対応したバーチャルモデルハウスを公開、三菱地所ホーム
三菱地所ホームは、コロナ禍によって変化した暮らし方と住まいへのニーズに応えるバーチャルモデルハウス「風通しの良い家」を2021年4月27日に同社のホームページ上で公開した。風通しの良い家は、働き方改革で注目されるフリーアドレスの考え方を取り入れた戸建て住宅で、ゾーニングの工夫により、快適に仕事や家事が行いやすい居室空間だ。(2021/5/6)

ノウハウを蓄積:
沖縄で木造住宅が増加傾向 「割安感ある」コロナ禍が後押し
りゅうぎん総合研究所は4月30日、調査リポート「一戸あたり工事費予定額からみる今後の住宅市場」を発表した。(2021/5/3)

産業動向:
4人家族が求める住宅の設備や仕様を調査、一人一部屋を望む人が73.1%
アットホームは、0〜19歳の子供2人と配偶者1人と暮らす30〜50代の既婚男女420人を対象に、4人家族が幸せに生活するために最低限必要な「家の広さ」「間取り」「最寄り駅までの徒歩分数」といった住まいの条件や「あったら幸せだと思う設備・仕様」について、インターネット上で調査を行った。結果、住宅の仕様で、一人一部屋を求める人が全体の73.1%を占めることが判明した。(2021/4/28)

デザイナーチームも立ち上げ:
大和ハウス、「最高級戸建住宅」を発売 コロナ禍で高額消費に走る富裕層のニーズに対応
大和ハウス工業は最高級ブランドとなる戸建住宅商品「Wood Residence MARE−希−(マレ)」を発売する。コロナ禍で変化した富裕層のニーズに対応するのが狙い。(2021/4/27)

海外プロジェクト:
住友林業ら日系3社が136億円を投じ、シアトル近郊で集合住宅を開発
住友林業、関電不動産開発、サンケイビルの日系企業3社は、シアトル近郊で集合住宅の開発プロジェクトに共同参画することを表明した。(2021/4/27)

不動産市況:
コロナ禍における注文住宅の購買行動を調査、Webでの情報収集時間が増えた人が41.9%
全研本社は、コロナ禍で注文住宅の購入を検討している105人を対象に、コロナ禍における注文住宅の購買行動の変化をインターネット上で調査した。結果、コロナ禍によるワークスタイルの変化で、注文住宅の購入を検討する人はインターネットを用いて情報収集する時間が増えた一方、ポータルサイトなどで表示されり候補企業が多すぎて絞り込めていないことが判明した。(2021/4/27)

業務文書の処理時間や処理コストを大幅に低減:
Google、クラウドで動作するAIベースのドキュメント処理プラットフォーム「Document AI」を正式リリース
GoogleはAIと機械学習を利用した統合型ドキュメント処理コンソール「Document AI」プラットフォームと、これに基づく住宅ローンドキュメント処理の高速化ソリューション、大規模な調達関連データ収集処理の自動化ソリューションの一般提供をGoogle Cloudで開始した。(2021/4/23)

auじぶん銀行、住宅ローンを同性パートナーと申し込み可能に
auじぶん銀行が、住宅ローンを組むときの連帯保証人として、同性のパートナーを指定できるようにすると発表。法的な婚姻関係のないLGBTカップルなどでも住宅ローンを利用できるようにする。(2021/4/19)

軽くて持ち運べる!:
税込み1万6500円で手に入るお一人様スペース「Think Lab HOME」を試す
何かと手狭な住環境が多い日本の住宅シーンに、降ってわいた在宅ワーク。手軽に個室空間を手に入れられる「Think Lab HOME」を導入してみた。(2021/4/19)

auじぶん銀行、住宅ローンで「同性パートナーとの申し込み」を可能に
多様性を尊重したサービス提供の取り組みの一環として。(2021/4/19)

製品動向:
欧州で高評価の真空断熱ガラスを国内初採用したエクセルシャノンの「樹脂サッシ窓」
エクセルシャノンは、パナソニック製の真空断熱ガラス「Glavenir」を窓ガラスに採用した高性能樹脂サッシ「シャノンウインドSPG」を結露防止が必要な病院や老健施設、ホテル、高性能住宅などの新築施設をターゲットに完全受注生産で2021年6月に販売する。(2021/4/16)

不動産市況:
アットホームが不動産会社に求めることを調査、重説と契約は「対面を望む」が半数以上
アットホームは、物件の購入検討もしくは賃貸を検討している18〜50歳の男女412人に、今後希望する住まいの探し方や不動産会社に求めることについての意識調査を行った。その結果、住宅の購入検討者と賃貸物件を探している対象者ともに、重要事項説明と契約は対面で行いたい人が全体の半数以上を占めることが明らかになった。(2021/4/16)

プロジェクト:
大阪府で延べ4.5万m2の高齢者向け住宅が着工、三井不動産レジデンシャル
三井不動産レジデンシャルが大阪府豊中市で開発を進めていた高齢者向け住宅「(仮称)パークウェルステイト豊中計画」が2020年12月末に着工した。完工後は、三井不動産レジデンシャルウェルネスが建物を賃貸し、有料老人ホームとして運営する予定だ。(2021/4/15)

非正規雇用をめぐる現状【後編】:
基本給、住宅手当、賞与……その処遇格差は合理的? 「同一労働同一賃金の裁判例」から学ぶ判断基準
賃金を構成する基本給、家族手当、住宅手当、賞与、退職金について、最高裁の判断が示された事例を紹介します。(2021/4/21)

調査レポート:
東日本大震災で防災意識を見直すも、災害時に役立つ住宅設備を導入しない人が68%
ホクシンハウスは、戸建て住宅購入の経験者1082人を対象に、インターネット上で、戸建て住宅の災害対策に関する調査を行った。結果、東日本大震災以降に、防災意識を見直した対象者のうち68.1%は、災害が起きた時に役立つ住宅設備を導入していないことが明らかになった。(2021/4/12)

NEWS
PwC Japan、AIとVR技術を利用した不動産仲介システムを提供
中古住宅の買い手が見つからない「空き家問題」の解決に向け、PwC Japanグループはバーチャル空間で中古住宅のリフォームを試行できるツールを搭載したシステムを提供。不動産売買マッチングの精度向上を目指す。(2021/4/9)

CAD:
間取りスケッチから3Dイメージを作成、スマホに届けるサービス開始
スーパーワークスは、住宅購入検討者向けに、手描きの間取り図から3Dイメージを作成するサービス「ネットモケイfree」を提供開始した。空間イメージの把握・共有が容易になりトラブル回避に貢献する。(2021/4/7)

CGのような現実 香川の住宅街で撮られた夜桜が見とれてしまう美しさ
ゆっくりと歩きたい。(2021/4/6)

不動産市況:
規格住宅と注文住宅の魅力を調査、入居後は「断熱性」と「気密性」を重視する人が42%
ホクシンハウスは、規格住宅の購入者529人と注文住宅の契約者473人を対象に、インターネット上で規格住宅と注文住宅のニーズについてリサーチした。調査結果によると、住宅購入の検討段階では広さと間取りを重視し、入居後には断熱性と気密性にこだわる人が多いことが判明した。(2021/4/6)

不動産市況:
3大都市圏の商業地と住宅地の地価はともに下落傾向、三友システムアプレイザル
三友システムアプレイザルは、提携する不動産鑑定士162人に、東京圏や名古屋圏、大阪圏の商業地と住宅地の地価動向に関するインターネットアンケートを2021年2月1〜26日に行い、商業地と住宅地の地価がともに下落傾向にあることが明らかになった。(2021/4/5)

楽天銀行、LGBT向け住宅ローンで三好不動産と提携
楽天銀行は4月2日、福岡県を中心に不動産事業を展開する三好不動産と提携し、LGBT向けに「楽天銀行LGBT住宅ローン」の提供を開始した。(2021/4/2)

物流業界の今:
PR:ドライバー不足・長時間労働を解決せよ! 「AI配車システム」×「ゼンリン住宅地図」で進化する配送業務
(2021/4/1)

社員の住宅に光回線を導入、ソニーが企業向けサービス テレワーク需要見込む
ソニーネットワークコミュニケーションズが、社員の住宅に光回線を導入する企業向けサービスを開始。月額通信費は社員1人あたり月額5217円(税込)で、別途初期費用が発生する。(2021/3/31)

再生可能エネルギー:
太陽光パネルと蓄電池を個人宅にタダで設置、沖縄電力の再エネ目玉事業「かりーるーふ」
沖縄電力グループは、個人宅の屋根に無料で太陽光パネルを設置し、家主に電力を格安で販売するPPA事業「かりーるーふ」を展開している。かりーるーふは、個人宅の屋根を借りて太陽光パネルを設置し、電力を販売するPPA事業。設備面のサポートはパナソニックが行う。太陽光パネルの初期費用や保守費用は無料で、屋根を貸した住宅には、パネルとともに設置される蓄電池によって災害時にも電力が供給される。これまでに50枠の募集枠に対し、2倍以上の申し込みがあり、人気を裏付けている。(2021/3/30)

調査レポート:
コロナ流行前から戸建て住宅購入を検討していた人が全体の70%、三井不動産らが調査
三井不動産レジデンシャルは、同社が販売するマンションもしくは戸建て住宅を契約した20代〜70代以上までの475人を対象に、インターネットアンケートを活用して、「新型コロナウイルス感染拡大による住宅検討・購入に関する調査」を行い、コロナ禍が住宅購入のきっかけになった層より、以前から住居取得を検討していた人のほうが多いことを明らかにした。(2021/3/30)

CAD:
オンライン商談に対応した住宅プレゼンソフト「ARCHITREND Modelio」、最新版を4月発売
福井コンピュータアーキテクトは、住宅プレゼンソフト「ARCHITREND Modelio」の最新バージョンをCGレンダリングオプションと併せて、2021年4月21日に同時発売する。(2021/3/25)

火災保険、契約最10年から5年へ短縮 自然災害頻発で値上げも
 一般住宅向け火災保険の契約期間が現行の最長10年から同5年に短縮される見通しとなったことが23日、分かった。年内に正式決定し、令和4年度後半にも損害保険大手各社が適用する方針。近年は台風や大雨などの自然災害が多発し保険の将来的な収支予測が難しくなっているためで、契約期間を短縮することで保険料の見直しを素早く行えるようにする。保険会社の保険金支払額も増えており、保険料の再値上げも合わせて行う予定だ。(2021/3/23)

誰かが会いに来てくれるだけで…… ひきこもりが震災ボランティアで知った「大事なこと」を描いた漫画に反響
仮設住宅に住むおばあさんが望んでいたことは……。(2021/3/19)

「中古マンション購入検討者」の人気駅ランキング調査 首都圏の人気トップ3は
住宅・不動産専門サイトを運営するオウチーノは、2020年4月から12月までの期間における、中古マンション購入検討者の人気駅ランキングを発表した。その結果は?(2021/3/18)

WELL認証:
竹中工務店の「深江竹友寮」がWELL認証シルバーを取得、集合住宅では国内初
竹中工務店の新入社員向け独身寮「深江竹友寮」が、WELL認証のシルバーランクを取得した。竹中工務店によると、これまで国内での取得実績は、オフィス用途がほとんどで、集合住宅でのWELL認証のシルバー取得は国内初の事例だという。(2021/3/18)

縦横どちらの設置にも対応、シャープが住宅用太陽光パネルの新製品
シャープは住宅用単結晶太陽電池モジュールの新製品2機種を2021年4月15日から販売する。横置きと縦置きのどちらの設置方法にも対応して住宅屋根に導入しやすくした他、ハーフサイズの太陽電池セルの採用や、電極配置設計の見直しなどにより発電効率を高めた。(2021/3/17)

電子ブックレット(BUILT):
ミライザ大阪城の改修事例など「住宅・ビル・施設 Week 2019」の注目講演まとめ
ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。無料のBUILT読者会員に登録することで、ダウンロードすることができます。今回のブックレットは、 建設業界向けの建材、設備、ICTソリューションを網羅した総合展「住宅・ビル・施設 Week 2019」の会期中に、注目を集めた講演のまとめです。(2021/3/19)

災害時の助け合い調査 「共助力が高い街ランキング」1位は?
1都4県で一番共助力が高かったのが、住宅街が広がり地域イベントが活発な千葉県千葉市「西登戸」。詳細は?(2021/3/11)

第5回 住宅・ビル・施設Week:
抗菌の素材から開発、ヤマダ電機グループの住宅メーカーがwithコロナの住まいを提案
ヤマダホームズは、ヤマダホールディングスの一員として、災害に強い設備を備え、健康に留意したスマートハウスの実現を目指している。コロナ禍にあっても、抗菌・抗ウイルスの素材や部材の開発、24時間の換気システム、ウイルスを居住スペースに持ち込まない導線設計など、各種の対策を用意している。(2021/3/11)

第5回 住宅・ビル・施設 Week:
「日常の延長線上にある防災」積水ハウスが示す、自然災害の時代を生き抜くヒント
現在、住宅の堅牢性に関する技術は、台風や地震などで簡単には倒壊しないレベルに到達している。しかし、災害の発生そのものを止めることはできない。防災・減災で重要なのは、日常の生活の中で常に災害を意識して準備を怠らないことだ。(2021/3/9)

オウチーノ調べ:
コロナ禍で住みたい街に変化 首都圏の人気駅 3位「流山おおたかの森」、2位「浦和」、1位は?
住宅・不動産専門サイト「オウチーノ」を運営するオウチーノ(東京都港区)は3月5日、2020年4〜12月と前年同期間の「オウチーノ」へのアクセス数を集計。両期間に閲覧数が多かった首都圏の駅を公表した。(2021/3/6)

大容量16.6kWhの家庭用蓄電池、ニチコンが最上位モデルを2021年春に販売へ
ニチコンが家庭用蓄電池の新製品2機種を発表。全負荷および200V対応かつ大容量が特徴のモデルで、太陽光発電の自家消費といったエネルギーの効率利用や、非常時を想定した住宅用電力のバックアップに最適だという。同年4月から販売を開始する。(2021/3/4)

関西電力、生活サービス特化のECモール開設 顧客囲い込み
関西電力が、電気やガスの契約者を対象に住宅リフォームや保険、クリーニングなどの生活サービスを仲介するインターネットショッピングモールを開設した。電気やガス以外のサービスを充実させ、契約者の囲い込みにつなげる狙い。(2021/3/3)

不動産テック:
「街の不動産会社」の脱アナログ支援、不動産開発向けSaaSを無償提供
オープンハウス・アーキテクトは、「街の不動産会社」の脱アナログを目指し、不動産開発事業の業務負担をデジタル化で軽減することを目的としたクラウド型のウェブサービス(SaaS)の提供を開始した。同社の主要顧客で、首都圏の年間建売住宅の約5割を占める小規模な街の不動産会社を対象に無料で提供していく。(2021/3/1)

蓄電・発電機器:
集合住宅に置ける家庭用蓄電池、太陽光や系統連係も可能な小型モデル登場
住友電工は2021年2月26日、小型モデルの家庭用蓄電池システム「POWER DEPO ?」の販売を開始すると発表した。太陽光発電や系統との連系が可能なモデルのリチウムイオン電池で、小型かつ軽量の特性を生かし、マンションなどの集合住宅にも置けるのが特徴だという。(2021/3/1)

国も対策に乗り出す:
事故物件を専門に扱う「成仏不動産」 社長が驚いた「安くなくても買う人」の存在
過去に死亡事故などが発生した住宅(いわゆる「事故物件」)を専門に掲載する「成仏不動産」というWebサイトがある。なぜこのようなサービスを立ち上げたのか?(2021/2/27)

ZEH:
賃貸住宅のZEHで“実績No.1”達成、入居者と施主がともに喜ぶ積水ハウスの「シャーメゾンZEH」
2050年までの脱炭素社会の実現に向け、国内のさまざまな企業で具体的なアクションが求められているなか、ハウスメーカーの積水ハウスは環境に配慮した「住」のアプローチで、いち早くZEH対応の戸建て住宅を多数開発し、今では累計棟数で業界のトップランナーとなった。ここ数年は、賃貸住宅のZEH化にも乗り出し、2017〜2019年の契約戸数で業界最多を達成したという。(2021/2/26)

調査レポート:
2020年12月の新築戸建て住宅の動向を調査、首都圏では横浜と川崎を除き平均価格が上昇
アットホームとアットホームラボは、新築戸建て住宅の価格動向を調査し、首都圏の新築戸建て住宅の平均価格が、2020年12月において、横浜市と川崎市以外のエリアで前年同月と比較して上昇したことを明らかにした。(2021/2/26)

第5回 住宅・ビル・施設 Week:
換気と高断熱を両立、意匠性にも貢献する三協アルミの「DI窓」
三協アルミの「DI窓」は、従来の換気口に頼らず住宅の換気を実現する製品。窓としての高い断熱性能を備え、従来型の換気口に存在した意匠面での課題も解決する。(2021/2/22)

製造業IoT:
LPWAで得た停電予測情報を自動で発電計画に生かす、パナの第7世代エネファーム
パナソニックは2021年2月17日、家庭用燃料電池コージェネレーションシステム「エネファーム」の戸建て住宅向け新製品を同年4月1日から発売すると発表した。同社のエネファーム製品としては初めて搭載したLPWA(省電力広域ネットワーク)通信機能を経由して、停電リスク情報を自動的に取得して発電計画に生かす。(2021/2/19)

名古屋が躍進:
2021年「住みたい街ランキング」関西版と中部版 圧倒的な強さを見せつけたのは?
不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営するLIFULLが住みたい街ランキングを発表した。関西版と中部版の結果は?(2021/2/13)

全国平均3.9倍:
「生活困窮でも入れない」 沖縄の県営住宅、倍率6.8倍で全国より「高い水準」
2015〜19年度の県営住宅への入居倍率は、どうなっているのか。沖縄県に取材したところ、入居が優遇される世帯でも約4〜7倍で高止まり、希望しても入居できない人が多くいることが分かった。(2021/2/11)

コロナ禍の影響も:
首都圏の「借りて住みたい街」「買って住みたい街」ランキング 2020年の結果は?
2020年における首都圏の「借りて住みたい街」「買って住みたい街」ランキングをLIFULLが発表した。不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」に掲載された物件の問い合わせ数から算出した。コロナ禍の影響は?(2021/2/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。