ニュース
» 2011年07月07日 13時14分 UPDATE

予約スタート:ハーマン、AirPlay対応のiPodオーディオ「JBL ON AIR WIRELESS」

ハーマンインターナショナルは、ドックスピーカーシステムの新製品「JBL ON AIR WIRELESS」を発表した。米AppleのAirPlayに対応。iTunesやiOSデバイス内の楽曲をストリーミング再生できる。

[ITmedia]

 ハーマンインターナショナルは7月7日、AirPlayに対応したドックスピーカーシステム「JBL ON AIR WIRELESS」を発表した。同日からApple Storeで先行予約を開始。一般販売は8月上旬を予定している。価格はオープンプライスで、店頭では3万9800円になる見込みだ。

ts_ontime01.jpg アーチ状のデザインが特徴的な「JBL ON AIR WIRELESS」

 アーチ状のデザインが特徴的なiPodスピーカー。米Appleのワイヤレスストリーミング技術“AirPlay”をサポートしており、無線LAN環境があれば、iTunesやiOSデバイス内の楽曲をストリーミング再生できる。無線LANはIEEE 802.11b/gをサポートした。

 本体前面にはカラーディスプレイを搭載。Wi-Fiの設定などがここから行えるほか、AirPlay使用時には楽曲のジャケット写真やタイトルなどのテキストデータも表示される。

ts_ontime03.jpgts_ontime02.jpg 本体前面にカラー液晶ディスプレイを搭載。楽曲再生中はタイトルジャケ写が表示される。アラームやネットワーク設定も液晶画面で行う

 ドック接続はiPod/iPhoneの充電をサポート。対応するモデルは、iPhone4/3GS、iPod touch、iPod nano第2世代以降、iPod classic、iPod(第5世代)となっている。

 内蔵アンプの出力は6.5ワット+6.5ワットで、独自のアルミコーンを採用した45ミリフルレンジスピーカーユニットを左右側面に配置することで自然な音の広がりを実現したという。また高域を担当する25ミリツィーターを上面に備えている。

 このほか、スヌーズ機能付きのアラームクロックや10局のプリセットが可能なFMラジオも搭載。アラーム音はiPod/iPhoneやFMラジオ、電子音から選択できる。スリープタイマー機能も用意している。

 ドックコネクターのほかに3.5ミリのステレオミニジャックを用意。市販のケーブルでポータブルプレーヤーやPCを接続できる。

 本体サイズは、280(幅)×238(高さ)×198(奥行き)ミリ。重量は本体のみで約1.7キログラム。製品パッケージには、ACアダプター、リモコン、iPhone/iPod兼用のユニバーサルドックアダプター、FMアンテナが同梱(どうこん)される。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう