ニュース
» 2011年12月06日 22時20分 UPDATE

とってもシンプル:東芝、3D対応の「DBP-T200」などBDプレーヤー2機種を発売

東芝は、Blu-ray 3D対応の「DBP-T200」など、シンプル構成のBDプレーヤー2機種を12月中旬に発売する。

[ITmedia]
ts_toshiba01.jpg 「DBP-T200」

 東芝は、Blu-ray 3D対応の「DBP-T200」などシンプル構成のBDプレーヤー2機種を12月15日に発売する。価格はオープン。店頭ではDBP-T200が2万3000円前後、3D機能を省いた「DBP-S100」は1万8000円前後になる見込みだ。

 DBP-T200は、BD/DVDソフトに加え、BD-R/REやBlu-ray 3D、さらにはAVCREC/AVCHDのDVDディスクも再生できるプレーヤー。1080/24p出力で映画独特のカタカタ感も再現できるほか、ドルビーTrue HD、DTS HD Master AudioといったHDオーディオのデコードも可能だ。BDソフトの特典映像などをダウンロードできる「BD-LIVE」や、ピクチャー・イン・ピクチャーで特典映像を子画面表示する「BONUSVIEW」もサポートしている。

 背面端子は、HDMI出力と同軸デジタル音声出力、LAN端子、USB端子のみ。アナログ出力を省略してシンプルな構成とした。

ts_toshibaura02.jpg 背面端子は、HDMI出力と同軸デジタル音声出力、LAN端子、USB端子のみ

 USB端子は、USBメモリーなどを接続してBD-LIVEのダウンロードコンテンツを保存したり、USBメモリー内に記録したMP3やJPEGといったファイルを再生することができる。またHDMI出力は、HDMI CECを利用した「レグザリンク」をサポート。対応するREGZAとHDMI接続した場合、テレビのリモコンでプレーヤーの基本操作が行える。

 外形寸法は、360(幅)×213(奥行き)×38.5(高さ)ミリ(突起部含む)。重量は2.1キログラム。リモコンが付属する。

ts_dbp03.jpgts_dbp04.jpg 「DBP-S100」

 一方の「DBP-S100」は、3D機能を省いた低価格モデルだ。BD/DVDに加え、BD-R/REやAVCREC/AVCHDのDVDディスク再生に対応する。「BD-LIVE」や「BONUSVIEW」もサポート。

 インタフェース類や本体サイズはDBP-T200と共通。重量は1.53キログラムとなっている。

関連キーワード

REGZA | 3D | Blu-ray | 東芝 | HDMI | AVCHD | AVCREC | Blu-ray 3D | BD-LIVE | Blu-rayプレーヤー


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.