ニュース
» 2012年01月11日 22時08分 UPDATE

2012 International CES:キーワードは“融合”、見どころの多いソニー (3/3)

[小山安博,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

 4Kへの取り組みも強化する。ソニーの4K対応デジタルシネマシステムは、すでに全世界1万館に導入されたほか、4K対応カメラも提供。家庭用としては、日本では既発売の4K対応プロジェクターを北米市場にも投入する。

ts_cessony028.jpgts_cessony029.jpg 4Kプロジェクターと実際に写真を表示したところ

 次世代テレビとして「Crystal LED Display」も展示した。RGBのLEDを表示画素に使用したフルHDの55型テレビで、コントラストの高さや動画応答速度の速さも特長。バックライトがないため薄型化も可能だという。展示機はプロトタイプの段階だったが、ソニーでは有機ELパネルと並行して開発を続け、製品化を目指す。

ts_cessony026.jpgts_cessony027.jpg Crystal LED Displayのプロトタイプ。明るく鮮やかで、黒が締まった映像を表示していた

 デジタルカメラやビデオカメラについては、今回、コンパクトデジカメの低価格モデル3機種がリリースされただけで、あまり大きな発表はなかった。カメラの新製品発表は、2月に横浜で行われる「CP+」や9月にドイツで行われる「Photokina」をターゲットにしているようだ。

ts_cessony030.jpgts_cessony031.jpgts_cessony032.jpg エントリー向けのサイバーショット「DSC-W610」「DSC-W620」「DSC-W650」

 このほか、「Bloggie」の新モデルとして、無線LANを内蔵した「Bloggie Live HD Camera」が発表された。「qik」のサービスを使い、Bloggie Liveで撮影している動画をリアルタイムに放映したり、動画をSNSに投稿することが可能だ。qikはリアルタイム放送中にメッセージの投稿ができるが、そのメッセージが撮影中の画面に重ねて表示される仕組みも備えている。

ts_cessony033.jpgts_cessony034.jpg Bloggie Live。従来通り縦型のデザイン

ts_cessony035.jpgts_cessony036.jpg 撮影した動画は、指定した動画共有サービスなどに転送できる。qikを利用すればライブ配信も可能

ts_cessony037.jpgts_cessony038.jpg 視聴者がqikで投稿したメッセージは、Bloggie Liveの画面上に表示される

ts_cessony039.jpgts_cessony040.jpg 防水性能を備えた「Bloggie Sport」

 デバイス、サービス、コンテンツのコンビネーションによって「楽しさを提供する」と強調する平井氏。さまざまなデバイスで同じコンテンツを利用できる“融合”が、ソニーの戦略であることを示している。

前のページへ 1|2|3       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.