ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google TV」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「JVCチューナーレステレビ」登場 ヤマダ、船井電機と共同で
ヤマダホールディングスは17日、船井電機、JVCケンウッドと共同したヤマダデンキ創業50周年記念モデル「JVCチューナーレステレビ JLシリーズ」を発表した。(2024/6/17)

ヤマダデンキで「JVCチューナーレスGoogle TV」発売 約3.3万円から
ヤマダホールディングスは、共同開発したヤマダデンキ創業50周年記念モデル「JVCチューナーレステレビ JLシリーズ」を発売。Google TVを搭載し、チューナーの取り付けなしでコンテンツを楽しめる。(2024/6/17)

既存アプリ、デバイスでもスマートホーム機能を組み合わせて新たな価値を提供可能に:
Google、Matter規格に対応するスマートホームアプリを開発できる「Home API」「Homeランタイム」を発表
Googleは、スマートホームアプリケーション開発やスマートホームとの統合を支援する「Home API」「Homeランタイム」を発表した。全ての開発者が「Google Home」向けの製品やアプリを開発、提供できるようになるとし、5つのポイントを解説した。(2024/6/8)

約3万円台半ばでペン付きのAndroidタブレット「Lenovo Tab M11」を試す コンテンツ消費には十分なスペック
レノボ・ジャパンのAndroidタブレット「Lenovo Tab M11」は、実売価格で3万円台前半〜半ばながらもスタイラスペンが付属する手頃な製品だ。その実像に迫ってみよう。(2024/5/28)

NVIDIAがクラウドゲーミングサービス「GeForce NOW」の直接提供を開始 無料プランや最大4K/120Hzで楽しめる“完全版”も用意
NVIDIAが、クラウドゲーミングサービス「GeForce NOW」の自社による直接提供を開始した。直接提供に当たり、最大で4K/120Hz描画に対応する「Ultimateプラン」も新たに登場する。(2024/4/4)

AndroidとPixelに3月の月例更新 Pixel 7/7 Proでも「かこって検索」が可能に
GoogleはAndroidおよびPixelの月例更新の配信を開始した。多数の「致命的」を含む脆弱性が修正される。Pixelではいくつかの新機能の追加や、バグ修正と改善も行われる。(2024/3/5)

オンラインストアで先行販売:
ゲオがGoogle TV搭載「4Kチューナーレス液晶TV」を発売 43型/50型の2サイズで約3.3万円から NetflixやAmazon Prime Videoも視聴可
ゲオが、ティーズネットワーク製「4K対応チューナーレステレビ」をゲオ(オンラインストア/店舗)限定で発売する。43型と50型の2サイズを取りそろえており、まずオンラインストアで先行販売する。(2024/2/29)

今どき! 買いどき! デジモノ道案内:
まるでMac miniのような小型で明るいプロジェクター「Dangbei Atom」を試して分かったこと
コンパクトで場所を取らず、明るいプロジェクターが登場している。まるでMac miniのようなボディーサイズの「Dangbei Atom」を試してみた。(2024/2/28)

Amazon特選タイムセール祭り:
バッファローのストレージ類が最大16%もお得! テレビの録画や思い出の写真の保存にピッタリ
「Amazon特選タイムセール祭り」において、PC周辺機器を展開するバッファローはHDDやSSD、NASなどストレージ製品を最大16%オフで出品している(2024/2/3)

Dangbei、Google TV搭載の超薄型スマートレーザープロジェクター「Dangbei Atom」を発売
Hangzhou Dangbei Network Technologyは、「Dangbei Atom(ダンベイ アトム)」を発売した。価格は13万4800円(税込み)だ。(2024/2/2)

ドンキとニトリが飛びついたチューナーレステレビ 「NHK避け」だけじゃないニーズを考える
チューナーレステレビが話題になって久しい。これまで家電と縁遠かったドンキやニトリが販売するようになり、目にする機会が増えた。話題になる際はNHKの受信料と一緒に語られることが多いものの、真のニーズは違うところにありそうだ。(2024/1/31)

CES 2024:
パナソニックのスマートテレビが「Fire TV」に――OSを「Fire OS」に切り替え 2024年から順次
パナソニックのスマートTVのOSが、Firefox OSからFire OSに切り替わることになった。2024年に発売するフラグシップ有機EL搭載TVを皮切りに、パナソニックのスマートTVに「Fire TV」の機能が統合されることになる。(2024/1/10)

「Google Play ムービー& TV」アプリ、来年1月17日に完全終了へ
Googleは、「Android TV」搭載テレビに残していた「Playムービー&TV」アプリを2024年1月17日に終了すると発表した。Google Playストアからも「映画&テレビ」タブが削除される。(2023/12/12)

今どき! 買いどき! デジモノ道案内!:
TVはないけどTVを見たい! いろんなデバイスをTVにできるアイ・オーの「REC-ON」を試してみよう
最近はTV放送を受信できる機器が1台もない世帯が増加傾向にあるというが、世の中の情報源としてTVを欠かすことは難しい。TVが全くないなら、スマホ/タブレット/PCやキャストデバイスなどでTVを視聴できる「ネットワーク配信対応チューナー」も良い選択肢だ。この記事では、そんなチューナーの1つとして、アイ・オー・データ機器の新型「REC-ON」を試す。(2023/11/24)

auが「Xiaomi 13T」とチューナーレスの「Xiaomi TV A Pro」を採用したワケ ファンイベントで語られた2社の戦略
Xiaomi Japanは11月18日に「au x Xiaomi モノづくり研究所」 を開催。Xiaomi新製品の特徴を振り返るとともに、ユーザーとXiaomi Japanが意見交換を行った他、クイズも開催された。その模様をお伝えする。(2023/11/22)

チューナーレスの「Xiaomi TV A Pro」、au限定で10月27日から順次発売
KDDIは、10月27日以降にチューナーレススマートテレビ「Xiaomi TV A Pro」を「au +1 collection」から順次発売。2024年1月8日まで購入者全員を対象に商品代金から最大1万6500円割引するキャンペーンを行う。(2023/10/23)

アイ・オーが録画機能付きTVチューナーに約8年ぶりの新モデル はやりの「チューナーレスTV」でも快適に利用可能
アイ・オー・データ機器が、録画機能付きTVチューナーを約8年ぶりにモデルチェンジする。外観は大きく変わっていないが、ハードウェア/ソフトウェア両面で改良を行ったことが特徴だ。合わせて、スマートTV向けの視聴アプリをリリースし、最近はやりの「チューナーレスTV」でも快適に利用できることを訴求する。(2023/10/18)

シャオミ製「チューナーレステレビ」、KDDIが独占販売 3万2780円から
中国Xiaomiは、チューナーレステレビ「Xiaomi TV A Pro」を国内で発表した。Google TVに対応しており、スマート機能が利用可能。10月中旬よりKDDI独占で販売する。(2023/9/28)

Xiaomi、チューナーレスのスマートテレビ「Xiaomi TV A Pro」をKDDIで独占販売
Xiaomiは、10月中旬以降にKDDI独占でチューナーレスのスマートテレビ「Xiaomi TV A Pro」を発売。Dolby Visionテクノロジーやデュアルステレオスピーカーを搭載し、Google TVも内蔵する。32〜65型の4サイズで展開。(2023/9/27)

iPadが実用的なHDMI入力の外部モニターになる iPadOS 17のUVCサポートで実現 実際に試してみた
iPadのディスプレイをより汎用的に使いたいと考える人にとって非常に夢のある大きなアップデートがやってきた。実際の使い勝手や表示の遅延など気になる部分も多い。記者の手元にもiPad Proと適したキャプチャーデバイスがあるので実際に試してみた。(2023/9/21)

「Pixel 7/7 Pro」など対象製品が最大25%オフ Googleストアで創立25周年キャンペーン
Googleは、8月8〜22日に創立25周年キャンペーンを開始。「Pixel 7/7 Pro」や「Pixel Buds Pro」など対象製品が最大25%オフなり、対象スマホ購入で次回以降の買い物に利用できるストアクレジットも付与する。(2023/8/8)

Google、AndroidとWear OSの新機能紹介 「ウォレット」に物理カードのコード登録も
GoogleがAndroidとWear OSに近々追加する予定の複数の新機能を紹介した。「Google ウォレット」にスーパーのポイントカードなど物理カードのバーコードを撮影して追加できるようになる。Wear OSの新タイルも複数紹介された。(2023/6/4)

Google、10年前に発売の初代Chromecastのサポートをひっそり終了
Googleが初代「Chromecast」のサポートをひっそり終了していた。2013年に35ドルで発売されたモデルにはアップデートが適用されなくなっている。Googleは「これにより、パフォーマンスが低下する可能性があります」とサポートページに記している。(2023/6/1)

「Pixel 7/7 Pro」や「Pixel 6a」がお得に Google ストアでGW キャンペーン開催
Google ストアは対象製品をお得に購入可能な「GW キャンペーン」を4月28日から5月7日まで開催。「Pixel 7」「Pixel 7 Pro」「Pixel 6a」などの機種がお得に買える。さらに、各対象機種の下取りも利用すると、実質負担額を大幅に減らせる。(2023/4/28)

TikTok、リビングルームに進出 テレビ向けアプリの提供を始める
「TikTok」を運営する中国ByteDanceは21日、Amazon Fire TVシリーズやAndroid TV搭載のテレビに向けて「TikTok TV」アプリの配信を始めたと発表した。(2023/2/21)

少なくとも1割引きで購入可:
「チューナーレスTV」と名乗らないのはなぜ? webOS搭載の「LGスマートモニター」の秘密に迫る
LGエレクトロニクスがwebOS搭載「スマートモニター」をMakuakeで発売した。製品的特徴を見ると、一時期話題となった「チューナーレスTV」と同じように見えるのだが、あくまでも「モニター(ディスプレイ)」であることにこだわっていることに特徴がある。(2022/12/22)

Google、AndroidとWear OSの複数の新機能を紹介
GoogleはAndroid端末とWear OS端末向けの複数の新機能を紹介した。クリスマス向けミックス絵文字や「読み上げモード」などだ。Wear OS版Keepでは画像が表示できるようになった。(2022/12/5)

Googleが「ブラックフライデー」でセール開始 Nest Hubは半額 Pixelも一部特価に
キャンペーンでは、「Chromecast with Google TV(4K)」が7600円から4980円、スマートディスプレイ「Google Nest Hub(第2世代)」は1万1000円から5480円、スマートスピーカー「Google Nest Mini」が6050円から3480円に値引きする。「Google Nest Cam」や「Google Nest Doorbell」なども対象だ。(2022/11/18)

YouTubeショート、テレビでの再生に最適化
YouTubeは、TikTokのようなショート動画「YouTubeショート」をテレビで見やすくしたと発表した。Android TVやGoogle TVのYouTubeアプリにショートのコーナーが新設される。縦長表示の左右の空間にはボタンや概要が表示される。(2022/11/8)

「Pixel 7 Pro」が実質2万7800円から Googleがブラックフライデーセールの開催を予告
Googleが「ブラックフライデーセール」について予告。11月18日から開催予定。既に対象製品を確認できるようになっている。(2022/11/8)

Google、4K非対応で4980円の「Chromecast with Google TV (HD)」発売
Googleは、解像度1080pの映像ストリーミング端末「Chromecast with Google TV (HD)」を発売した。2020年発売の4K対応モデルの廉価版という位置付けで、価格は4980円。解像度以外は4Kモデルと機能はほぼ同じだ。(2022/9/23)

「Chromecast with Google TV」に廉価モデル登場 フルHD/HDR対応で4980円
Googleが2020年11月に発売した「Chromecast with Google TV」に廉価モデルが登場する。最大の出力解像度をフルHDに抑えて価格を下げた一方で、HDR映像の出力など主要な機能は維持している。(2022/9/22)

「Chromecast with Google TV」に読み込み速度とアプリインストールの改善
Googleのキャストデバイス「Chromecast with Google TV」の読み込み速度とアプリインストールが「近日」改善される。CPUの最適化とキャッシュ管理の改善などで対処する。(2022/8/23)

ドンキは1万3000台売れた!:
完売続出のチューナーレステレビ 地上波が映らなくても大丈夫なワケ
地上波が映らないテレビが売れている。ディスカウントストア「ドン・キホーテ」を運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスが2021年12月に発売した「ネット動画専用スマートTV」は、累計で1万3000台以上を販売。6月13日から先行予約販売したエディオンのオリジナルチューナーレステレビは、先行予約販売開始当日中に、50台全て予約され完売となっている。“テレビ離れ”が叫ばれているなか、なぜこれほど地上波が映らないテレビが売れているのだろうか。(2022/6/24)

ネット配信やゲーム特化のチューナーレステレビ、エディオンから 43インチ4Kで4万9800円
エディオンは、同社のオリジナルブランド「e angle select」にて、チューナーレステレビを販売すると発表した。予定価格は4万9800円。中国TCLと共同開発した。(2022/6/13)

6月13日から:
エディオン、3万円のチューナーレステレビ発売 ネット動画やゲームに特化
エディオンは、同社オリジナルの43V型チューナーレステレビを6月13日に発売する。テレビ視聴に必要なチューナーを搭載せず、インターネット配信動画やゲームなどに特化した。クラウドファンディングサイト「Makuake」(マクアケ)」で先行予約を受け付け、発売前に購入者の意見を集め、今後の商品開発に反映するとしている。(2022/6/13)

日本でFire TVシリーズはどんな感じ? 米Amazon担当者に聞いた
Amazonの「Fire TVシリーズ」は、映像投影(キャスト)デバイスとして日本国内でも一定の地位を築いた。ヤマダホールディングスと提携してFire OSを搭載する「Fire TVスマートテレビ」も投入したが、今後日本においてFire TVシリーズはどのように展開されるのだろうか。米Amazonの担当者が語った。(2022/6/7)

iOS版「Google Play ムービー& TV」アプリも「Google TV」アプリに改称 スマホのリモコン化も可能に
GoogleはiOSアプリ「Google Play ムービー& TV」を「Google TV」に改称し、新機能を追加した。Androidアプリも更新し、スマートフォンをスマートテレビやChromecast接続テレビのリモコンとして使えるようになった。(2022/6/2)

5月16日まで:
PixelスマホやGoogle Nestなどがおトクに買える! Google Storeが「ゴールデンウィークセール」を開催
Google製デバイスのWeb直販サイト「Google Store」において「ゴールデンウィークセール」が開催されている。5月16日まで、、Pixelスマートフォンなどが通常価格よりも手頃に購入できる。(2022/4/22)

6月まではログイン不要:
「NHKプラス」がスマートテレビ対応を試行 Android TVやFire TVで“見逃し視聴”が可能に
NHKのオンライン動画配信サービス「NHKプラス(NHK+)」が、スマートテレビやセットトップボックス(STB)における見逃し視聴の試行を開始した。Android TVまたはFire OS(Fire TV)を搭載するスマートテレビやSTBにアプリをインストールすれば誰でも試行に参加できる。IDの取得は6月30日まで不要である。(2022/4/1)

Androidでの映画とテレビ番組購入、5月から「Google TV」アプリからのみに
これまで「Google Play」アプリの「映画&TV」タブからも購入できたコンテンツが、5月から「Google TV」からのみに一本化される。これまで購入したコンテンツは引き続きGoogle TVアプリで視聴可能だ。(2022/3/24)

YouTube、米国で数千のテレビ番組と映画を広告付きで無料視聴可能に
YouTubeは、米国で約4000点のテレビ番組を広告付きで無料配信する。約1500本の映画も広告付きで配信する。(2022/3/24)

Apple、「Google TV」や「Android TV」版「Apple TV」アプリでのサブスクや購入の機能を削除
AppleはGoogleのスマートTV向け「Apple TV」アプリでのサブスクリプション、購入、レンタル機能を削除した。Apple端末で購入済みのコンテンツは視聴できる。(2022/3/22)

【Amazonタイムセール祭り】ソニーの液晶テレビが最大1万5000円オフ! LGやレグザなどもお買い得に
テレビを買い替えたい人は要チェック。(2022/2/26)

石川温のスマホ業界新聞:
グーグルがAndroidと他デバイスの連携を強化――垂直統合のアップルにどう立ち向かうのか
Googleが、Android端末とChrome OS/Windowsを搭載するPCとの連携機能を複数発表した。Appleが自社デバイスで推し進めるハードウェア間の連携機能の強化に対応するための措置だと思われる。ただ、Appleとは異なり水平分業モデルに近いGoogleは、もっと他社と協力を進めないと対抗しきれないかもしれない。(2022/1/17)

CES 2022:
Google、AndroidとWindows、スマートホームなどの連携機能を多数発表
GoogleはCES 2022に合わせ、「everything works better together on Android」な新機能を多数発表した。いずれも向こう数カ月中から年内実現の予定。一部のWindows PCで「Fast Pair」が利用可能になる。(2022/1/6)

auとソフトバンク、「Pixel 6シリーズ」を10月28日に発売 独自プロセッサ「Google Tensor」搭載
auとソフトバンクが、10月28日に5Gスマートフォン「Pixel 6」を発売する。ソフトバンクでは同日、「Pixel 6 Pro」も国内キャリアとしては独占的に発売する。(2021/10/20)

Androidにこの秋追加予定の13の新機能 TVリモコンや「Camera Switches」など
Googleが今秋追加予定のAndroidの新機能を13個紹介した。既にPixelシリーズでは使えるものが多い。「Google TV」アプリが日本でも公開され、Android TV対応テレビをスマートフォンでつけられるようになる。(2021/9/24)

Google、Androidアプリ手数料を15%にする「Play Media Experience Program」
Googleが、資格と要件を満たす開発者のアプリストア手数料を15%に下げる新たなプログラムを発表した。動画、オーディオ、書籍関連アプリ開発者は「Play Media Experience Program」に参加を申し込める。(2021/6/28)

「Fire TVシリーズ」に新しい音声認識リモコンが登場 どんな感じ?
Amazonの「Fire TVシリーズ」で使える音声認識リモコンに「第3世代」が登場する。果たして便利に使えるのだろうか。実物を使ってチェックしてみた。(2021/4/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。