ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2022年01月06日 09時32分 公開

Google、AndroidとWindows、スマートホームなどの連携機能を多数発表CES 2022

GoogleはCES 2022に合わせ、「everything works better together on Android」な新機能を多数発表した。いずれも向こう数カ月中から年内実現の予定。一部のWindows PCで「Fast Pair」が利用可能になる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは1月5日(現地時間)、CES 2022の開催に合わせ、2022年に提供予定のAndroid、Chromebook、Nest関連の新機能を紹介した。「Androidですべてがうまく連携する」とうたっている。

 google 1

 いずれもすぐに利用できるわけではなく「向こう数カ月中」あるいは「年内」に提供の予定。これらが使えるようになると、米AppleのiPhone、Mac、AirPodsの連携のようなことがAndroid、Chromebook、Windows PC、スマートホーム製品、Bluetoothイヤフォン(以下、ヘッドフォンと総称してイヤフォン)で実現できそうだ。

Fast Pairの対応拡大

 「Fast Pair」は、Googleが2017年から提供している、Android端末とBluetoothアクセサリーのペアリングを高速化する機能だ。現在はAndroidスマートフォンと「Pixel Buds」などのイヤフォンやNest端末で利用できる。

 このFast Pairが、Chromebookとイヤフォン、ChromebookとAndroidスマートフォンでも機能するようになる。以下のGIF動画は、ChromeobookとAndroidスマートフォンのFast Pairだ。Androidスマートフォンと同じWi-Fiに接続したChromebookにスマートフォンのGoogleアカウント設定をFast Pairで転送している。この機能は年内に、今年発売のChromebookで利用可能になる。


 また、イヤフォンと「Google TV」あるいは「Android TV」搭載端末でも向こう数カ月中に、Androidスマートフォンの「Google Home」アプリとMatter対応スマートホーム製品でも向こう数カ月中にFast Pairが利用できるようになる。例えばスマートランプを接続すると、同じWi-Fiネットワーク内のAndroidスマートフォンのGoogle Homeアプリに通知が表示され、そこからランプの設定ができる。

 さらに、Acer、HP、Intelとの協力で、一部のWindows PCでもChromebookのようなFast Pairが可能になる。こちらは「年内」実現の見込みだ。

 google 2 Windows PCとAndroidスマートフォンのFast Pair

「Wear OS」スマートウォッチでChromebookとAndroid端末のロック解除

 昨年発表されたスマートウォッチOS「Wear OS 3」搭載のスマートウォッチで、ChromebookとAndroid端末のロック解除ができるようになる(向こう数カ月中)。本稿執筆現在、Wear OS 3搭載スマートウォッチとしては韓国Samsung Electronicsの「Galaxy Watch4」が販売されている。

 なお、AndroidスマートフォンでChromebookのロックを解除することは既にできている。

BMWの「デジタル・キー」を安全に人に貸せるように

 Googleは昨年12月、AndroidスマートフォンのBMWの「デジタル・キー」対応を発表した。このデジタル・キーを「UWB対応端末でならポケットからスマートフォンを出さずに利用できるようになり」、「信頼できる家族や友人に安全な方法でデジタル・キーを貸せるようになる」という。これは年内に実現の見込み。

Bluetoothイヤフォンの接続先を自動切り替え

 例えばスマートTVやタブレットにBluetoothイヤフォンを接続して映画を見ていて、スマートフォンに電話の着信があると、映画が一時停止になってイヤフォンの接続がスマートフォンに自動で切り替わり、通話を終えるとまた映画を見ていた端末に接続して一時停止が解除される、というような連携が向こう数カ月中に一部のイヤフォンで実現する。


 また、やはり一部のイヤフォンで向こう数カ月中に、空間オーディオ機能が搭載される。装着したユーザーの頭の動きに合わせてサウンドを調整し、臨場感を作る。

Chromecast内蔵BoseスピーカーにAndroid端末のコンテンツをキャスト可能に

 この機能は向こう数カ月中に利用可能になる見込み。

Phone Hub機能の強化

 「Phone Hub」は、Chromebookと同じGoogleアカウントでログインしているAndroidスマートフォンを連携させる機能。

 年内に、Androidスマートフォンのチャットアプリの会話が、別の部屋など遠くにあるChromebookに届くようになる。また、Phone HubにAndroidの「カメラロール」(撮影したがまだGoogleフォトにアップロードしていない写真や動画)が追加される。

Googleアシスタントで車の暖気やドアロック解除が可能に(まずはVolvoで)

 Googleアシスタントの「アクション」で、遠隔から車の暖機運転や解錠、バッテリー残量チェックなどが向こう数カ月中にまずはVolvoの自動車で可能になる。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.