ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2021年12月13日 09時47分 公開

Google、Windows版「Google Playゲーム」アプリを2022年に提供へ

Googleは、2022年中にAndroid版ゲームハブアプリ「Google Playゲーム」のWindows版をリリースすると発表した。Windows搭載PCでAndroidゲームをプレイできるようになる。PCとスマートフォンやタブレットとでシームレスに続きをプレイできる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは12月9日(現地時間)、米カリフォルニア州ロサンゼルスで開催のゲームイベント「Game Awards 2021」で、2022年に米MicrosoftのWindows搭載PC向けに「Google Play ゲーム」アプリをリリースすると発表した。このアプリをPCにインストールすると、Google Play ゲーム内のゲームをPCでもプレイできるようになる。スマートフォンなどでプレイしたゲームの続きをPCで再開することも可能だ。

 games Game Awardsでの発表

 Google Playゲームアプリは、Android版ゲームのハブのような存在で、多数のAndroidゲームをここで見つけてプレイできる他、「ゲーマープロフィール」を公開してゲームに特化したSNSのように使うこともできる。そのWindows版ということは、Androidゲーム専用アプリストアのように使えそうだ。

 games 2 Android版「Google Playゲーム」アプリ

 Games Awardsで公開された告知動画は数秒のもので「Google Playクリエイターより。2022年にあなたのお気に入りのモバイルゲームがPCにやってくる」と表示されるだけだ。イベント司会のジェフ・キーリー氏は「2022年からお気に入りのモバイルゲームをプレイする新しい方法ができる。 PCで、Google Playゲームを介してゲームをポケットからデスクトップに移し、中断したところからシームレスに再開できる。 PCでのGooglePlayゲームは2022年に間もなく登場する」とだけ語った。

 MicrosoftはWindows 11の発表の際、Microsoft StoreでAndroidアプリをダウンロード可能にすることも発表したが、Google Playゲームアプリはこれとは無関係だ。つまり、Windows 10でもGoogle Playゲームアプリをダウンロードして使える見込みだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.