ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2021年10月21日 07時38分 公開

「Windows 11でAndroidアプリ」、Insiderでテスト開始 仕組みも解説

Microsoftは「Windows 11」上でAndroidアプリを使うテストをWindows Insider向けに開始した。「Kindle」や「Lords Mobile」など約50本のアプリやゲームをテストできる。米リージョンのAmazonアカウントが必要。

[ITmedia]

 米Microsoftは10月20日(現地時間)、「Windows 11」上でAndroidアプリを使うテストをWindows Insider向けに開始したと発表した。参加するには、βチャンネルでの米国リージョン設定と、米国のAmazonアカウントが必要。

 まずは、Amazonの「Kindle」やIGGの「Lords Mobile」など、約50のアプリやゲームをダウンロードして利用できる。

 kindle KindleアプリをSurfaceで

 Windows 11でのAndroidアプリ利用は、Intelの「Intel Bridge Technology」によって、AmazonのFire端末向けAndroidアプリストア「Amazon AppStore」からダウンロードしたAndroidアプリをWindows上で利用できるようにするというもの。

 Amazon AppStoreには60万本以上のアプリがあるが、Windows 11に対応させるには開発者がMicrosoftのテストツールを使ってチェックする必要がある。

 Microsoftはこの機能を提供するためにWindows 11のサブシステムを構築した。このシステムには、AOSP(Android Open Source Project)のバージョン11をベースとするLinuxカーネルとAndroid OSを含む。サブシステムは、Linux用Windowsサブシステムのように仮想マシンHyper-Vで実行される。

 subsys Matchington Mansion(Android用のWindowsサブシステム)、Word(Win32)、Pinterest(PWA)、Gimp(Linux用のWindowsサブシステム)を並行して実行

 Microsoftは8月31日、Windows 11を10月5日にリリースすると発表した際、Androidアプリ利用のテストは「数カ月にわたる」と語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.