ニュース
» 2021年07月23日 10時33分 公開

Tizen統合のGoogle次期スマートウォッチOSの名称は「Wear OS 3」

Google I/Oで発表されたTizen統合の次期スマートウォッチOSの名称は「Wear OS 3」になった。一部の現行端末からもアップデート可能だが、配信は来年半ばから後半になる見込み。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米GoogleがGoogle I/O 2021で名称抜きで計画を発表した次期スマートウォッチOSの名称は「Wear OS 3」であることが、同社が7月22日(現地時間)に投稿したコミュニティサイトへの投稿で明らかになった。

 wear

 Wear OS 3は、Googleのスマートウォッチ向けOS「Wear OS by Google」と韓国Samsung Electronicsのスマートウォッチ向けOS「Tizen」を統合した新たなOS。バッテリー持続時間が大幅に改善され、アプリの読み込み時間が30%短縮され、アニメーションがなめらかになる見込みだ。

 wear 2 Wear OS 3の画面デザイン例

 既存のWear OS端末ユーザー向けの22日の投稿では、アップデート可能な製品やそのタイミングについて触れている。

 アップデートの展開は「2022年の半ばから後半にかけて」で、対象となるのは中国MobvoiのTicWatchシリーズとFossil Groupが2021年後半に発売する予定の次世代モデルのみ。

 また、アップデートするには工場出荷時状態にリセットする必要がある。

 なお、Samsungの現行Galaxy Watchが次期OSにアップデートできないことは告知済み。そうしたアップデートできない、あるいはできても(工場出荷時に戻してまで)アップデートを望まないユーザーのために、現行Wear OSでのセキュリティアップデートを最低2年間は維持する。

 SamsungはWear OS 3搭載の次期「Galaxy Watch」を「今夏後半にUnpackedイベントで披露する」と予告している(発売時期はまだ不明)。同社は8月11日に製品発表イベントを開催する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

過去記事カレンダー