ニュース
» 2012年01月26日 21時53分 UPDATE

エソテリック、Kシリーズの設計思想を踏襲したD/Aコンバーター「D-07X」を発売

エソテリックは、D/Aコンバーターの新製品「D-07X」を2月下旬に発売する。USB入力はアシンクロナス伝送をサポート。

[ITmedia]

 エソテリックは、D/Aコンバーターの新製品「D-07X」を2月下旬に発売する。希望小売価格は31万5000円。

Photo 「D-07X」

 上位機種であるKシリーズの設計思想を踏襲。32bit D/A変換回路を複数組み合わせたデュアル・モノ構成とし、RCAアナログ出力のバッファーアンプをパラレル構成にするなど、オーディオ性能をブラッシュアップした。DACデバイスには、旭化成エレクトロニクスの32bit DAC「AK4392」を採用。チャンネルごとに2回路を組み合わせたパラレル/ディファレンシャル出力とし、高いリニアリティーと低ノイズ化を実現しているという。

 アナログオーディオ出力段には、新日本無線のハイエンド・オーディオ用オペアンプ「MUSES」を採用。RCAオーディオ出力を選択した時には、バッファーアンプをパラレル構成に切り替える「パラレルバッファー出力構成」で動作させる。

 入力は、XLR端子×1、RCA端子×2、光デジタル×1、USB Type B端子×1で、デジタル入力は、最高192kHz/24bitのハイサンプリング・ソースに対応する。また、USB入力はオリジナルのPC用ドライバーを用いることで、アシンクロナス伝送をサポートする。出力端子はXLR端子×1、RCA端子×1およびヘッドフォン端子。

 本体はフロント、側板、天板、フロントコーナーに肉厚アルミ材を採用し、コーナーの角をとったラウンドフォルム。外形寸法は445(幅)×106.5(高さ)×356(奥行き)ミリ。重量は10.4キロだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.