ニュース
» 2012年05月17日 23時46分 UPDATE

富士通テン、ECLIPSEと連携するiPhoneアプリ「Driview」を無料配信

カーナビのディスプレイにiPhoneのカメラで撮影している映像とカーナビの設定情報を重ねて表示するアプリが登場。

[ITmedia]

 富士通テンは、iPhone向けアプリ「Driview」を5月16日より提供開始した。ダウンロードは無料。

Photo iPhone向けアプリ「Driview」の利用イメージ

 Driviewは、同社製カーナビゲーションシステム「ECLIPSE」の「AVN-ZX02i」と「AVN-Z02i」に対応したアプリだ。iPhoneとカーナビを別売のコード「KW-1207」および「IPC111」で接続すると、カーナビのディスプレイ内にiPhoneの本体カメラで撮影した実写映像とカーナビの設定情報を重ねた表示が可能となる。

Photo iPhoneの本体カメラで撮影した実写映像と、カーナビの設定情報を重ねて表示

 これにより、目的地や曲がる場所といったナビの案内のほか、現在地周辺の生の情報と目的地案内を同時に確認しながら、交通状況に合わせた運転判断ができるという。

Photo iPhoneのインカメラ活用イメージ

 同社のカーナビ連携アプリ「TwitDrive」では、つぶやき情報をカメラ映像上に表示。気になったつぶやきの場所は「どこCar」に登録すれば、車を降りてからそのまま目的地までの案内に利用できる。iPhoneのインカメラを活用すると、後部座席の様子を振り返らずに確認することも可能だ。また、アプリが撮影した映像はワンタッチで位置情報付きの動画や写真として保存できる。

 対応端末はiPhone 4/4Sで、動作環境はiOS5.0以降。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう