ニュース
» 2012年07月17日 20時54分 UPDATE

もう45回目だそうです:銀座ソニービルで「Sony Aquarium」開催――実物大ジンベイザメが泳ぐマルチシアターや大型水槽が登場

銀座ソニービルで、45回目となる「Sony Aquarium」がスタート。沖縄美ら海水族館が監修した大水槽や、実物大のジンベエザメが泳ぎ回るマルチシアターを設置した。

[ITmedia]

 ソニービルは、沖縄美ら海水族館の監修による「45th Sony Aquarium」を7月16日よりスタートした。

PhotoPhotoPhoto 45回目の開催を迎えた「45th Sony Aquarium」

 沖縄の「美ら海」に生息する美しい生き物を紹介するイベント。「ソニースクエア」に設置した14トンの大型水槽をはじめ、館内3カ所に設置した水槽で鮮やかな魚たちを実際に見ることができるほか、コミュニケーションゾーン「OPUS」では、実物大のジンベエザメが泳ぎ回る高画質・高精細の4K映像を幅13メートルのマルチシアターで上映する。

 このほか、ソニーショールームでは「美ら海生き物研究所」を期間限定で開設。ソニー製品を使い、海洋生物の生態を楽しみながら学習できるという。また、沖縄気分を楽しめる「やっぱりいいねおきなわフェア」も同時開催。沖縄の食材を使った限定メニューや、グッズの販売を行う。

 開催期間は9月9日までで、時間は11時から19時。入場や体験は無料となっている。なお、屋外とエントランスホールに設置した水槽は23時まで閲覧可能だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.