ニュース
» 2012年08月23日 21時59分 UPDATE

Bluetooth対応:JVCケンウッドの“Kシリーズ”にコンパクトHi-Fi システム「K-531」登場

JVCケンウッドより、“Kシリーズ”の新ラインアップとしてコンパクトHi-Fi システム「K-531」が登場。

[ITmedia]

 JVCケンウッドは、コンパクトHi-Fi システム「K-531」を9月上旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は4万5000円前後になる見込みだ。

Photo コンパクトHi-Fi システム「K-531」のシルバーとブラック

 CDドライブとアンプ、FM/AMチューナーを一体化したセンターユニットと小型2Wayスピーカーのセット。Bluetooth Ver.2.1+EDRに準拠し、iOSデバイスやAndroidスマートフォンなどのBluetooth対応機器とワイヤレス接続できる。ワイヤレス接続時の音質を改善する「ブルートゥース・サウンド・エンハンサー」も搭載した。

 40ワット+40ワットのデジタルアンプは左右独立に配置し、新開発のフルデジタルプロセッシング回路により、Bluetooth音源もアナログ変換することなく、最終段まで高精度な信号処理を行う。またデジタル化で失われた高域成分を補間し、原音に近いリアルなサウンドを再現するという「Supreme EX」機能も搭載。再生する音源の特性に合わせた「音楽CDモード」「音楽ファイルモード」という2つのモードを用意している。

 外部入力を手軽に録音できるUSB録音機能を備えており、録音ソースごとに自動でフォルダ分けをするため録音ファイルが非常に探しやすいという。

 iPod/iPhone用デジタル・コネクション・ドックでは、iPod/iPhoneの音楽をデジタルのままアンプ部に伝送して音質劣化を抑える。このほか、音響パワー補正技術「CONEQ」も採用。音を点ではなく400ポイントの「面」で捉えるため、音の偏りや視聴位置による印象の違いを低減する。

 スピーカーは、全周15ミリ厚のMDF材による四方留め構造。ソフトドーム型ツィーターおよびピュアホワイトコーンウーファーとの組み合わせで安定した低音再生を実現したという。

 メインユニットの外形寸法は、約200(幅)×95(高さ)×299(奥行き)ミリで、重量は約2.3キロ。スピーカー1本あたりのサイズは約140(幅)×237(高さ)×236(奥行き)ミリ、重量は約3.4キロ。カラーはシルバーとブラックの2種類。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.