ニュース
» 2012年09月03日 20時07分 UPDATE

アナグリフ式で出力:エバーグリーン、3D非対応のテレビでも立体視できる「2D/3D変換HDMIコンバーター」

赤と青の「アナグリフ式」映像で出力することで、3D非対応ディスプレイでも擬似的な3D映像を楽しめるコンバーターが登場。

[ITmedia]

 エバーグリーンは、“2D/3D変換 HDMIコンバーター”「DN-82510」を8月31日に発売した。同社直販サイト「上海問屋」の限定販売で、価格は6999円。

PhotoPhoto 、“2D/3D変換 HDMIコンバーター”「DN-82510」

 2D映像を3Dに変換するコンバーター。3D対応ディスプレイを接続した場合、2Dの映像を左右分割式(サイド・バイ・サイド)によって擬似的な3D映像として出力する。また3D非対応テレビを接続した場合は、赤と青の像に分かれた「アナグリフ式」で出力。付属の赤青メガネを通して立体的な映像を閲覧できるという。

 コンバーターの操作は専用のコントローラーを利用し、入力機器側・出力機器側の3Dの対応・非対応による切替のほか、3D効果の強弱も調整可能。なお、HDMIケーブルは付属していない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.