ニュース
» 2012年10月04日 14時58分 UPDATE

レトロ風味のデザイン:ソニー、ワンセグテレビ音声も聴ける携帯ラジオ「XDR-63TV」

ソニーは、FM/AM波に加えてワンセグテレビ音声の受信に対応したポケッタブルラジオ「XDR-63TV」を10月20日に発売する。

[ITmedia]

 ソニーは10月4日、ポケッタブルラジオの新製品として、FM/AM波に加えてワンセグテレビ音声の受信に対応した新製品「XDR-63TV」を発表した。ブラックとホワイトを10月20日に発売する。価格はオープンプライス。実売想定価格は1万8000円前後となっている。

ts_xdr01.jpgts_xdr02.jpg 「XDR-63TV」はブラックとホワイトの2色

 2011年7月のアナログ停波に伴い、ラジオでテレビ音声を聞くことができなくなったが、ソニーによると「50〜60代の男性を中心に、テレビ音声に対するニーズは非常に高い。中でも購入希望者にはポケットに入る携帯タイプが人気」という。そのため新製品ではワンセグテレビの音声受信に対応するとともに、55(幅)×101(高さ)×15(厚さ)ミリ、約91グラムのポケットサイズにした。

ts_xdr06.jpg 都道府県など受信地域を選ぶだけで放送局が自動登録されるプリセット機能

 過去の名機を参考にしたというシックなデザインで、上面に10キーを備えて本体をポケットから出さなくても選局できるようにした。また、前面の液晶パネルには放送局名を漢字混じりの日本語で表示可能で、操作時には液晶画面のバックライトが点灯する。都道府県など受信地域を選ぶだけで放送局が自動登録されるプリセット機能も備えている。

ts_xdr03.jpgts_xdr04.jpgts_xdr05.jpg 側面(左)。背面(中)。使用イメージ。片耳用モノラルイヤフォンが付属する(右)

 電源は、単四形乾電池2本。AMなら約39時間、FMでは約35時間、ワンセグテレビ音声を約15時間聞くことができる(いずれもイヤフォン使用時)。内蔵のスピーカー(80ミリワット出力)を使用した場合は、AMで約28時間、FMで約25時間、ワンセグテレビ音声で約13時間。アンテナケーブル、片耳用のモノラルイヤフォン、単四形乾電池が付属する。

 なお、今回の新製品は10月5日から東京・銀座のソニーショールーム、ソニーストア名古屋、ソニーストア大阪で順次展示を行う。

news064.jpg

→ソニーストアで「XDR-63TV」をチェックする
こだわりの質感、操作感。ワンセグTV音声受信ポケッタブルラジオ。価格は1万7800円(税込/予定)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.