ニュース
» 2012年10月15日 23時03分 UPDATE

ゼンハイザー、新フラグシップモデルやヘッドフォンアンプなど4製品を「秋のヘッドフォン祭」で披露

ゼンハイザージャパンは、新フラグシップモデルやヘッドフォンアンプなど4製品を発表。東京・港区で10月27日より開催される「秋のヘッドフォン祭2012」で日本初披露となる。

[ITmedia]

 ゼンハイザージャパンは10月15日、カナル型イヤフォンの新しいフラグシップモデルなど4製品を「秋のヘッドフォン祭2012」に出展すると発表した。

PhotoPhotoPhoto イヤフォン「IE 800」(写真=左)、ヘッドフォン「MOMENTUM」(写真=中央)、ヘッドフォンアンプ「HDVD 800」と「HDVA 600」(写真=右)

 「IE 800」は、「これまでの最高峰イヤフォンの音を上回る」というカナル型イヤフォンの新フラグシップモデルだ。一方の「MOMENTUM」は、ブラウンレザーを基調にしたシックなデザインの密閉型ヘッドフォン。MOMENTUMに関しては、再生周波数特性が16〜2万2000Hz、インピーダンスは18オーム、本体重量は約180グラムといった仕様も明らかにされている。

 同社初となるヘッドフォンアンプ2機種は、「HDVD 800」がデジタル、「HDVA 600」がアナログ対応。「HD 700、HD 650などをリファレンスとして開発しているため、これらのモデルと一緒に使っても素晴らしいコンビネーションが楽しめる」(同社)という。いずれも東京・港区で10月27日〜10月28日に開催される「秋のヘッドフォン祭2012」で披露する予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう