ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「日本初」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「日本初」に関する情報が集まったページです。

タイムアウト東京のオススメ:
日本初の寺常設キャンプ場、テンプル キャンプ大泰寺が6月オープン
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2021/6/1)

コインチェック、国内初となるパレットのIEO 仮想通貨プロジェクトの新たな資金調達方法
コインチェックは5月31日、国内初となるIEOを今夏に実施することを明らかにした。Hashpaletteが運営する、NFTを使ったコンテンツ流通に特化したブロックチェーン「パレット(Palette)」のトークンを上場させ、ユーザーに対して販売することで、資金調達を支援する。(2021/5/31)

蓄電・発電機器:
テスラの大型蓄電池「Megapack」が日本初上陸、高砂熱学の新施設で運用スタート
テスラの大型蓄電システム「Megapack(メガパック)」が日本初上陸。高砂熱学工業の「高砂熱学イノベーションセンター」(茨城県つくばみらい市)に導入され、太陽光・バイオマス発電と組み合わせて運用するという。(2021/5/31)

スマホ完結の「みんなの銀行」スタート 月額600円の有料プランも
国内初をうたうデジタルバンク「みんなの銀行」が、個人ユーザー対象とした口座開設を受付開始。アプリをダウンロードして必要項目を入力すれば、スマートフォンを通じて原則即時に口座開設できる。(2021/5/28)

日本初の「かに寿し」駅弁を生み出した会社の駅弁づくりに密着
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは「かに寿し」を生み出したアベ鳥取堂編(1)です。(2021/5/26)

流れてくると思わずハミングしちゃうやさしい音楽 日本初の「発メロ」はどの駅で始まった?
蒲田駅の「蒲田行進曲」、高田馬場駅の「鉄腕アトム」? 実は発メロ採用1番駅は関西です。(2021/5/24)

国内初:
パナソニック、押し歩きを補助する電動アシスト自転車発表
パナソニック サイクルテックは、押して歩く際にかかる負荷を軽減する電動アシスト自転車「ビビ・L・押し歩き」を発売する。国内初の機能を搭載していて……。(2021/5/24)

蓄電・発電機器:
日本初、500kWの「潮流発電システム」が国の審査に合格
九電みらいエナジーは2021年5月20日、環境省の委託事業として実証に取り組んでいる潮流発電システムが、経済産業省が実施する電気事業法に基づく使用前検査に合格したと発表した。(2021/5/24)

国内初「AI冷房」って何だ? 2021年度登場、JR東海の新型通勤電車「315系」 鉄道ファン目線でチェックしてみた
旧国鉄時代の車両はなくなりますが、ハイテク機能で快適そうです。(2021/5/21)

車載情報機器:
バイクもコネクテッド、ヤマハ発動機が「Y-Connect」を日本初導入
ヤマハ発動機は2021年5月20日、原付2種スクーター「NMAX ABS」の新モデルを6月28日に発売すると発表した。同社の日本国内モデルでは初めてスマートフォンアプリとの連携機能「YAMAHA Motorcycle Connect(Y-Connect)」に対応した。また、エンジン始動時の静粛性を向上するモータージェネレーターや、燃費改善に貢献するアイドリングストップシステム、濡れた路面でのなめらかな発進と走行を実現するトラクションコントロールシステムなどを採用した。消費税込みメーカー希望小売価格は36万8500円。(2021/5/21)

見えてくる日本行政のシステムへの向き合い方:
日本初の治療用アプリ開発陣が語る、「移り変わることが前提」な開発とは?
CureAppは2020年12月、開発した治療用アプリが日本で初めて保険収載され、同時に処方、販売を開始した。CureAppの開発陣に、治療用アプリの開発と、治療用アプリならではの事情について話を聞いた。(2021/5/18)

全面クラウドの勘定系システム、北國銀行で稼働スタート Microsoft Azure採用
北國銀行が稼働基盤にMicrosoft Azureを採用した、新たな勘定系システム「BankVision」の稼働を始めた。フルバンキングシステムのパブリッククラウド環境での稼働は日本初だという。(2021/5/6)

うさぎ号:
国内初! JALの客室乗務員がタクシーに乗って、出雲市をガイド
JALと出雲市は、JALの客室乗務員が出雲周遊観光タクシー「うさぎ号」のガイドとして出雲市内の観光業務に従事する事業を発表した。(2021/5/2)

日本初、顔認証で買える自販機「カオーネ」 マスク着用OK ダイドー
ダイドーの「カオーネ」は、顔認証とパスコードで自販機決済できるサービス。手ぶらで飲料の購入が可能だ。(2021/4/27)

SBI証券、国内初の一般投資家向けSTO実施 XRPを特典として付与
SBI証券は4月20日から、一般投資家向けのセキュリティトークン・オファリング(STO)を実施する。SBI証券自体が発行する社債をセキュリティトークンとしてデジタル化し発行、自社で一般に募集する。(2021/4/19)

製品動向:
欧州で高評価の真空断熱ガラスを国内初採用したエクセルシャノンの「樹脂サッシ窓」
エクセルシャノンは、パナソニック製の真空断熱ガラス「Glavenir」を窓ガラスに採用した高性能樹脂サッシ「シャノンウインドSPG」を結露防止が必要な病院や老健施設、ホテル、高性能住宅などの新築施設をターゲットに完全受注生産で2021年6月に販売する。(2021/4/16)

22年下期導入予定:
京王電鉄、5000系新造車両を導入 日本初の座席も
京王電鉄は4月14日、5000系新造車両を導入すると発表した。リクライニング機能付きのロング/クロスシート転換座席を搭載する。(2021/4/15)

産業用ロボット:
産業用ロボットの累積出荷台数が50万台を達成
安川電機の産業用ロボット「MOTOMAN」の累積出荷台数が、2021年2月に50万台を達成した。同社は、日本初の全電気式産業用ロボットに始まり、用途最適化、7軸、双腕、人の隣で作業できる人協働ロボットと、多様な産業用ロボットを製品化してきた。(2021/4/15)

審査過程で見えてきたBIMの本質とは:
PR:大和ハウス工業が国内初、BIMのISO認証を取得した舞台裏に迫る
大和ハウス工業は2021年2月11日、BIMで構築された資産のライフサイクル全体にわたって情報管理を行うための国際規格「ISO 19650」のうち、設計段階を対象にした「ISO 19650-1」及び「ISO 19650-2」に基づく「BIM BSI Kitemark」ついて、英国規格協会の日本法人BSIグループジャパン(BSIジャパン)によって国内で初めて認証を受けた。(2021/4/12)

栃木県農業大学校に「いちご学科」が爆誕 いちご王国で活躍する「いちご経営者」を育成する日本初の学科
いちご経営者に、俺はなる!(2021/4/8)

導入事例:
地上からタワークレーンを遠隔操作、竹中と鹿島が実工事に国内初適用
竹中工務店と鹿島建設は、建築現場に設置した簡易コックピットからタワークレーンを遠隔操作する新システム「TawaRemo」を実現場に国内で初めて導入した。(2021/4/7)

BIMで建設業界に革命を!10兆円企業を目指す大和ハウス工業のメソッドに学ぶ(16):
【最終回】日本のBIM先駆者が遺す「BIMの先にしか実現しないDXという未来」
2020年の3月23日にこの連載が始まって、1年が経つ。第1回で、「なぜ日本のBIMはダメなのか?」というテーマでスタートし、今回の連載で16回目となる。この1年の節目で、一旦筆を置かせていただくことにする。第1回で、「なぜ日本のBIMはだめなのか?」と書いたのは、単にダメなことを指摘するということではなく、逆に、BIMを正しく認識し、本来あるべき道に進んで欲しいと願ったからである。この連載を書いた2020年という1年間で、国土交通省の建築BIM推進会議との連携事業や日本初のISO 19650-1,2の認証などに取り組み、その中で私なりのBIMのあるべき姿を実践できた。最終回では、前回書き残した連携事業での維持管理領域での取り組みと、BIMの先にある“DX”という未来について書いておく。(2021/3/29)

蓄電・発電機器:
古民家にテスラ製の蓄電池、日本初の宿泊施設への導入事例に
Tesla Motors Japanは2021年3月26日、同社の家庭用蓄電池「Powerwall」を、群馬県神流町が所有する宿泊施設に導入したと発表した。Powerwallの日本宿泊施設への導入は、日本では初だという。(2021/3/29)

エディオン、Uber Eatsで家電のデリバリー 国内初
エディオンが、フードデリバリー「Uber Eats」を活用して、家電を配送する実証実験を始める。家電量販店が配送にUber Eatsを使うのは日本初という。(2021/3/25)

空港の自動チェックイン機、タッチパネルを非接触化 JALが国内初
JALは、空港内の自動チェックイン機にタッチレスセンサーを取り付け、操作画面に直接触れずに搭乗手続きができるようにする。国内初の試みという。(2021/3/23)

Netflix、日本初の制作拠点を設置 東宝スタジオと賃借契約
Netflixが4月より東宝スタジオの一部を賃借すると発表。同社が日本国内に長期的な制作拠点を設けるのは初の試み。(2021/3/18)

WELL認証:
竹中工務店の「深江竹友寮」がWELL認証シルバーを取得、集合住宅では国内初
竹中工務店の新入社員向け独身寮「深江竹友寮」が、WELL認証のシルバーランクを取得した。竹中工務店によると、これまで国内での取得実績は、オフィス用途がほとんどで、集合住宅でのWELL認証のシルバー取得は国内初の事例だという。(2021/3/18)

フレーバーや強メンソールに商機:
BATJ ラッキー・ストライク新銘柄を400円で発売 国内初のカプセル製品
ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン(BATJ)は3月15日、「ラッキー・ストライク」ブランドからカプセル製品3銘柄を発売すると発表。(2021/3/15)

ソニーのEV「VISION-S」、国内初の一般公開
ソニーは開発を進めているEV「VISION-S」試作車両を3月28日から国内で初めて一般公開する。VISION-Sは、ソニーがオーストリアの自働車開発企業と共同開発したもの。2020年のCES 2020で発表した。(2021/3/9)

CAD・GIS:
エプソンのCAD向け“プリンタ・スキャナー一体型”A0プラス機、0.88m2の省スペース設計
エプソンは、CAD・GIS向けにプリンタ・スキャナー一体型A0プラス対応の複合機と、ポスター印刷用途で国内初を謳うインクボトル方式のA1プラス対応機の2機種をリリースした。(2021/2/24)

MONOist 2021年展望:
2021年はロケット開発がさらに過熱、日本初の月面探査も実現する!?
2021年もさまざまな話題がある宇宙開発。今回は、「大型ロケット開発」「民間の小型ロケット」「商業化が進む月面探査」の3つをテーマに、2021年の動向を見ていきたい。(2021/2/24)

日本初:
JR東、駅のホームにシェアオフィス開業 完全個室でWeb会議に対応
JR東日本が、日本初のホーム上のシェアオフィスをオープンする。Web会議などに使える個室も備える。(2021/2/19)

CLT:
耐火集成木材「燃エンウッド CLT 耐力壁」を竹中工務店が開発、日本初の国交大臣認定
竹中工務店の耐火集成木材「燃エンウッド CLT 耐力壁」が、燃え止まり型の耐火構造耐力壁で日本初だという国土交通大臣認定を取得した。燃エンウッド同様に、壁の表面を耐火被覆などで覆わない“木の現し”が実現するだけでなく、認定取得により、地震力を負担する「耐震壁」に加え、建物の自重を支える「耐力壁」での適用が可能となった。(2021/2/17)

サービスロボット:
GSを拠点とするロボット配送の公道実証を開始、複数店舗の商品配送は「国内初」
ZMPは2021年2月8日〜26日にかけて、ENEOSホールディングスやエニキャリと共同で、飲食店など複数店舗の商品を宅配ロボット「DeliRo(デリロ)」で配送する実証実験を公道で実施中。ロボットを活用して複数店舗の商品を配送するのは「国内初」(ZMP)の試みという。(2021/2/16)

(たぶん)日本初、Clubhouseで決算説明会 東証1部・GMOペパボが開催 「社長がきのう突然……」
音声SNS「Clubhouse」で、東証1部上場企業・GMOペパボの決算説明会が開かれる。「社長がきのう突然、Clubhouseでやろうと言い出して……」と担当者は困惑気味だ。(2021/2/3)

東京都内3店舗から:
ローソン、Uber Eatsで医薬品のデリバリー開始 国内初
ローソンは2月4日から、「Uber Eats」で医薬品を届けるサービスを開始する。国内のUber Eatsで医薬品を取り扱うのは初めて。東京都内の3店舗から開始。49種類の医薬品を取り扱う。(2021/2/2)

ローソン、Uber Eatsで医薬品を配送 国内初
ローソンが、Uber Eatsを使った配送サービスの取り扱い商品に第2・3類医薬品を追加する。Uber Eatsが医薬品を取り扱うのは国内初という。(2021/2/2)

導入事例:
国内初、急曲線対応の遠隔操作モードを備えた「セグメント運搬車」を西松建設が導入
西松建設は、外輪の曲率半径12.5メートルまでのカーブ走行が可能なセグメント運搬車両を実現場に初適用した。(2021/2/2)

3Dプリンタニュース:
抗ウイルス/抗菌機能を備えた3Dプリンタ用フィラメントを開発
DICは、抗ウイルス/抗菌機能を有した3Dプリンタ向け熱可塑性プラスチック材料を開発したことを発表した。抗ウイルス性/抗菌性に作用するフィラメントの開発は「国内初」(同社)だという。(2021/1/27)

国内初“即席オートミール”発売 お湯注いで1分、「ニューノーマルな主食を提案」
旭松食品は、国内初というオートミールの即席カップ食品を発売する。「きのこクリーム」「まろやかチキン」「紀州うめ」の3種類。(2021/1/21)

日本初、開けると泡が自然発生する缶ビール「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」
アサヒビールは1月6日、缶ビールの新製品「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」を4月に発売すると発表した。フタを全開するときめ細かい泡が自然に発生し、ジョッキで飲む樽生ビールのような味わいが楽しめるという。(2021/1/6)

完全番号レスのクレカ「セゾンカードデジタル」が目指す、カードなしのクレジットカード
クレディセゾンが2020年末に提供を開始した「セゾンカードデジタル」。券面の表にも裏にも一切番号を記載しない「完全番号レス」カードだ。国内初となるこの仕組みはどうやって生まれたのか。担当者に直撃した。(2021/1/6)

日本初の「起業家精神」学ぶ学部【後編】:
伊藤羊一が学部長に就任 武蔵野大学「アントレプレナーシップ学部」は学生をどのように育てるのか
起業家精神を実践中心のカリキュラムで学び、実際に起業も経験する日本初の「アントレプレナーシップ学部」が、2021年4月、武蔵野大学の武蔵野キャンパスに開設される。(2020/12/26)

日本初の「起業家精神」学ぶ学部【前編】:
伊藤羊一が学部長に就任 武蔵野大学「アントレプレナーシップ学部」とは何を教える場所なのか
起業家精神を実践中心のカリキュラムで学び、大学3年次には実際に起業を経験する日本初の「アントレプレナーシップ学部」が、2021年4月、武蔵野大学の武蔵野キャンパス(東京・西東京市)に開設される。学部長に就任するのは、Yahoo!アカデミア学長として次世代リーダーを育成するほか、ベストセラー作家としても知られる伊藤羊一氏。「アントレプレナーシップ学部」が目指す教育とはどのようなものなのか。伊藤氏と、教員に就任するリバネス代表取締役副社長CTOの井上浄氏、ほぼ日元取締役CFOで現在はエール取締役を務める篠田真貴子に話を聞いた。(2020/12/25)

なんばと関空など:
クレカで電車に乗れる 南海電鉄の改札でVisaのタッチ決済の実証実験
ビザ・ワールドワイド・ジャパン、南海電気鉄道、三井住友カード、QUADRACの4社は、2021年春から南海電鉄の一部の駅で、Visaのタッチ決済とQRコードによる入出場の実証実験を行うと発表した。改札にVisaのタッチ決済機能を備えたクレジットカードなどをかざすことで、通過と運賃精算を行える。駅の改札で、Visaのタッチ決済による入出場を可能にするのは国内初。(2020/12/24)

日本初「食事用マスク」爆誕 マジックテープで開閉できる楽ちん仕様
食事中の「マスクどうしよう」問題を解決してくれそう。(2020/12/21)

ZEB:
隈研吾建築都市設計事務所が手掛ける初のZEB建築、伊丹市新庁舎と仮設作業所でZEB Ready取得
隈研吾建築都市設計事務所が基本設計を担当し、大成建設が実施設計から施工までを一括で担う伊丹市の新庁舎新築工事で、国内初となる本設建物の庁舎と仮設作業所の両方でZEB Ready認証を取得した。延べ床面積2万平方メートルを超える大規模建築の庁舎としては、西日本初のZEB Ready認証を受けたケースにもなるという。(2020/12/16)

ドコモの「高精度位置情報サービス」、最高時速290kmフォーミュラカーで誤差約10cmの測位に成功
NTTドコモの「docomo IoT高精度GNSS位置情報サービス」において、最高時速290kmで走行中のフォーミュラカーで誤差約10cmの測位に成功した。高速走行中のフォーミュラカーを利用した高精度測位実証は、国内初をうたっている。(2020/12/14)

モビリティサービス:
住宅街での「日本初」ロボット走行実験、パナが目指す配送サービスの在り方とは
パナソニックは2020年11月25日から同年12月24日にかけて、小型自動走行ロボットを用いた住宅街向け配送サービスの実現に向けた実証実験を「Fujisawa サスティナブル・スマートタウン」で実施中だ。自動走行ロボットによる走行実験を実際の住宅街内で行うのは「日本初」(パナソニック)。(2020/12/11)

bitFlyer、暗号資産テゾス取り扱い開始 国内初
暗号資産取引所のbitFlyerは12月8日、新たな暗号資産としてテゾス(XTZ)の取り扱いを開始した。国内の取引所では初。アルトコイン販売所で売買できる。(2020/12/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。