ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「日本初」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「日本初」に関する情報が集まったページです。

超高精細:
シャープが国内初 「ミニLED」搭載の液晶テレビ
シャープは26日、小型の発光ダイオード(LED)を高密度に敷き詰める「ミニLED」を搭載した液晶テレビ「AQUOS XLED(エックスレッド)」の5モデルを発表した。超高精細な8Kモデルの65〜85型と4Kモデルの65型を12月10日に発売。4Kモデルの55型は来年2月26日に発売する。(2021/10/26)

国内初、未上場株をオンラインで売買できる「ファンディーノマーケット」の狙い
日本クラウドキャピタルは10月26日、未上場の企業の株式を個人投資家が自由に売買できるサービス「ファンディーノマーケット」を12月8日に開設すると発表した。ベンチャー企業の株式をオンラインで売買できるサービスは国内で初めてとなる。(2021/10/26)

太陽光:
蓄電池を設置しても収支がプラスに、Looopが住宅太陽光発電の新サービス
新電力のLooopが住宅向け太陽光発電の新プランを発表。蓄電池を導入しても、光熱費の削減によって経済メリット得られる、国内初のプランだという。(2021/10/15)

太陽光:
日本初の“カーボンニュートラル”なゴルフ場、ヤンマーが滋賀県で実現
ヤンマーエネルギーシステムが、滋賀県栗東市のゴルフ場「琵琶湖カントリー倶楽部」において、カーボンニュートラル化の取り組みを実施。2021年度内に、日本初というCO2実質排出量ゼロのゴルフ場の実現を目指すという。(2021/10/11)

ハウスコム、家賃と初期費用を自由に設定できる「スマートレント」
 ハウスコムは10月5日より、初期費用と賃料を利用者が自由に設定できる新サービス「スマートレント」を開始すると発表した。引っ越し時の初期費用を抑えたいという入居者ニーズに応える、国内初のサービスとなる。(2021/10/8)

eKYCと併用:
PayPay銀行、口座開設にマイナンバーカード活用 個人情報の一部入力が不要に 日本初
PayPay銀行が個人口座開設時の本人確認方法として、マイナンバーカードを活用すると発表した。第三者によるなりすまし申請の防止や、スムーズな本人確認を実現することで、ユーザーの利便性を高めるのが狙い。(2021/10/7)

太陽光:
非FIT再エネ電源と需要家をつなぐ、国内初の「CPPAオークション」を開催
法人向けの電力オークション事業を展開しているホールエナジーが、再生可能エネルギーの電力を求める需要家と発電事業者をマッチングする、「コーポレートPPAオークション」を実施すると発表。再エネ発電事業者のafterFIT(東京都港区)と業務提携し、2021年内に第1回のオークションを開催する計画だ。(2021/10/5)

三井住友カード、日本初のVisaカードレスカード発行開始 LINE Pay提携カードも
三井住友カードは、国内初のVisaブランドのプラスチックカードが発行されないモバイル端末専用のクレジットカード「三井住友カード(CL)」の提供を始めると発表。(2021/10/4)

三井住友カード、脱プラスチックのクレカ“カードレス”を発行開始 LINEクレカも
三井住友カードは10月4日、プラスチックカードを発行しないモバイル専用のクレジットカード「三井住友カード(CL)」の発行を開始した。CLはカードレスの略。プラスチックカードなしのVisaクレジットカードは国内初。(2021/10/4)

自然エネルギー:
日本初の“再エネ100%”の分譲マンション登場、東急らが武蔵小杉に
東急と伊藤忠都市開発が、実質再生可能エネルギー100%の電力を利用する分譲タワーマンションを建設すると発表。分譲タワーマンションにおける実質再生可能エネルギー100%利用は、日本初だという。(2021/9/28)

習慣化アプリ「みんチャレ」で読書活動促進 横浜市西区と「みんなで読書チャレンジ in 西区」を開催
 習慣化アプリ「みんチャレ」を開発するエーテンラボ(東京都港区)は、10月1日から横浜市西区と共同で「みんなで読書チャレンジ in 西区」を開催すると発表した。読書活動促進に習慣化アプリを組み合わせた日本初の取り組みとなる。(2021/9/27)

自然エネルギー:
廃棄していた「茶かす」をバイオマス燃料に、国内初のボイラーシステムを導入
Daigasエナジーが茶かすを燃料とするバイオマスボイラーシステムを、和歌山ノーキョー食品工業(和歌山市)の海南工場に導入。茶かすを主たる燃料とし、オンサイトで自燃させて蒸気利用するバイオマスボイラーシステムの設置は国内初になるという。(2021/9/24)

米国株取り引きは日本株に続く柱になる 松井証券、和里田聰社長に聞く
日本初のネット専業証券である松井証券。カリスマ社長である松井道夫氏のあとを受けて2020年6月に社長に就任したのが、和里田聰(わりたあきら)社長だ。激動の証券業界において、松井証券の進む方向とは?(2021/10/6)

国内初、インサイダー取引の審査業務にAI活用 SBI証券が導入へ 審査時間を約90%短縮
SBI証券が、国内で初めてインサイダー取引の審査業務にAIを導入し、2022年度より運用を始めると発表した。審査時間を90%短縮し、審査業務の効率化を図る。共同実証したNECは、同社のクラウドサービスに、インサイダー取引に対応した新機能として22年度に提供する。(2021/9/15)

「褐炭」由来の水素でドローン飛行 Jパワーが実証試験
電源開発(Jパワー)が、オーストラリアで採掘した「褐炭」と呼ばれる安価で低品位の石炭から作った水素を利用し、ドローンの飛行試験を行った。褐炭由来の水素を使った燃料電池による試験の公開は、国内初という。(2021/9/9)

9月26日までの期間限定:
「必要ないモノは買わないで」 パタゴニアが国内初の古着専門店で掲げたメッセージの真意
パタゴニアは国内初となる古着専門店を渋谷にオープンした。9月26日までの期間限定だ。環境配慮企業として名高いパタゴニアが作り上げた古着専門店、どのような特徴があるのだろうか、覗いてみたところ……(2021/9/7)

第3回 建設・測量 生産性向上展:
キャタピラーが注力する長距離での建機の遠隔操作、アリゾナのマシンを展示会場で操縦
日本キャタピラーは、「第3回 建設・測量生産性向上展」で、現場をより安全に、そしてより生産性を向上させることを掲げ、マシンを含めた最新のICT施工に対応する製品群を展示した。ブースでは、日本初公開となる長距離での遠隔操作を可能とするオペレーターステーションの実演も行った。(2021/9/6)

「ローソン銀行 スタンプカード」提供開始 コンビニATMで国内初のサービス
 ローソン銀行は9月1日、店舗に設置のローソン銀行ATMを利用すると、Pontaポイントと交換可能なスタンプがたまる新サービス「ローソン銀行 スタンプカード」を開始すると発表した。(2021/9/2)

日本初の磁気録音テープ「ソニ・テープ」、未来技術遺産に
国立科学博物館は1日、ソニーが1950年に発売した磁気録音用テープ「Soni-Tape」(ソニ・テープ)シリーズなど24件を新たに未来技術遺産に登録した。(2021/9/1)

東武トップツアーズ、LINEを活用した「モバイル定期券」運用開始 日本初
 東武トップツアーズ(東京都墨田区)と栃木県小山市は8月31日、小山市コミュニティバス「おーバス」の全線共通定期券(noroca)を電子化し、「モバイル定期券」の運用を開始すると発表した。(2021/9/1)

入っている絵具は全部「赤」!  プロが選んだ同系色の絵具セット「だけえのぐ」登場
同系色での絵具のセット売りは日本初。(2021/8/31)

蓄電・発電機器:
商用ガスエンジンに水素を混焼、35%の比率で初めて安定運転に成功
東邦ガスと三菱重工エンジン&ターボチャージャは2021年8月26日、商用ガスエンジンによる都市ガスと水素の混焼実証で、定格出力において水素混焼率35%の試験運転に成功したと発表した。国内初の成果だという。(2021/8/27)

伊藤園、「エビアン」ラベルレスボトル発売 輸入ナチュラルミネラルウォーターでは国内初
伊藤園・伊藤忠ミネラルウォーターズは8月23日、エビアンのラベルレスボトルを発売した。(2021/8/24)

全天候型屋内施設:
日本初! 電動バイク専用インドアスポーツ施設がイオン海老名にオープン
バイクの日である8月19日、キズキレンタルサービスは、電動バイク専用のインドアスポーツ施設「e-TRAIL PARK」の1号店を神奈川県海老名市のイオン海老名SC内にオープンした。これは、環境に配慮した電動バイクを楽しむための全天候型屋内施設であり、日本初の試みとなる。(2021/8/21)

蓄電・発電機器:
容量6000kWhのテスラ製蓄電池を導入、北海道に新たな需給調整施設を建設
グローバルエンジニアリングが電力系統の需給調整事業に参入すると発表。北海道千歳市に日本初をうたう「系統用蓄電池発電所」を建設し、再生可能エネルギー電源と一体運用するバランシンググループ(BG)を構築することで電力系統の安定化に寄与する需給調整業務の受託を目指す。(2021/8/20)

フォスター電機、国内初の「SAP on Google Cloud」採用は「検討4カ月、移行2日」
フォスター電機は「SAP on Google Cloud」を基盤に基幹システムとして利用する「SAP ERP」をクラウドに移行した。運用の課題や今後のデータ活用基盤整備に向けた構想と、コロナ禍でのフルリモートクラウド移行の全容を聞いた。(2021/8/19)

日立ソリューションズ、オフィススペースマネジメントサービス「Condeco」の販売開始
 日立ソリューションズ(東京都品川区)は、コンデコグループ(ロンドン)と国内初の販売代理店契約を締結し、8月3日よりオフィススペースの最適な運用を管理できる「Condeco」(コンデコ)の販売を開始する。(2021/8/2)

国内初のコインチェックIEO、倍率は24倍 販売価格から6倍に値上がり
国内初となるコインチェックのIEOが完了し、7月29日に取引所Coinceckへの上場が終わった。今回、2億3000万枚のパレットトークンを、1枚4.05円で売り出した。総額9億3150万円の売出し価格に対し、期間中に申し込まれた金額は224億5500万円。実に24.11倍の抽選となった。申し込みがあった口座数は6万3853口座だった。(2021/7/30)

量子コンピュータ:
その名も「kawasaki」、国内初のゲート型商用量子コンピュータが稼働
東京大学とIBMは、日本初導入となるゲート型商用量子コンピュータ「IBM Quantum System One」が稼働を開始したと発表。設置場所は「新川崎・創造のもり かわさき新産業創造センター」で、東京大学が設立した量子イノベーションイニシアティブ協議会に参加する慶應義塾大学や、日本IBMを含めた企業11社を中心に活用を進めることになる。(2021/7/28)

7月26日に:
大塚製薬、「オロナミンC」ラベルレスボトル発売 小びんドリンクでは国内初
大塚製薬は7月26日に、オロナミンCドリンクのラベルレス製品を発売すると発表した。(2021/7/27)

ロボット開発ニュース:
熱電発電で走る「国内初」の自律ロボット、燃料はカセットボンベ
ダイニチ工業は、東京大学、産業技術総合研究所、KELKと共同で、カセットボンベを燃料とする「熱電発電システムを用いた自律ロボット」を開発した。熱電発電システムを用いて自律ロボットを駆動する技術は「国内初」(ダイニチ工業)。同システムの発電量は可搬型として国内最高レベルの70Wを達成したという。(2021/7/27)

みんなの銀行、ダウンロード16万件突破 口座数は7万に
ふくおかフィナンシャルグループ傘下のみんなの銀行、7月15日時点ではダウンロード数は16万に。国内初のデジタルバンクを目指し、2021年5月28日よりサービスを提供している。口座開設数は7万件となった。初年度の目標数は40万件。(2021/7/19)

日本初のフリマアプリ「FRIL」創業者、今度は「家計簿アプリ」で起業 「日本一になれなかった悔しさ」ばねに
日本発のフリマアプリ「FRIL」の創業者が、楽天を退社し、新たに「家計簿アプリ」で起業した。1月の「B/43」リリース後、初めての記者説明会で、事業概要と、再度起業した狙いを語った。(2021/7/16)

宇宙開発:
環境試験をクリア、ispaceの月面着陸ミッションはフライトモデルの組立段階へ
ispaceは2021年7月14日、実現すれば国内初となる民間企業による月面探査プログラム「HAKUTO-R」の進捗状況について報告した。月面着陸ミッションに向けたロケット打ち上げは2022年末を予定する。(2021/7/16)

ディーカレット、国内初オントロジー(ONT)取り扱い開始
ディーカレットは7月13日、新たな仮想通貨としてオントロジー(ONT)を7月中に取り扱い開始すると発表した。国内取引所で初の取り扱いとなる。(2021/7/13)

横須賀の空、牛丼が飛ぶ 国内初、ドローン配送実験
ドローンや自動走行ロボットなどの無人機が行き交い、人々の暮らしを支えるといった近未来型の都市像を描く同市が、実現に向けてまた一歩踏み出した。(2021/7/12)

横須賀の空、牛丼が飛ぶ 吉野家らがドローン配送実験
神奈川県横須賀市内で6月に行われたドローンを使った食べ物の配達実験では、作りたての牛丼が市内の高度約50mの上空を約5kmにわたって飛び、医療業務に奔走する病院スタッフのもとに、できたての状態で届けられた。ドローンで医療従事者に食べ物をオンデマンド(注文対応)配送する実験は国内初という。(2021/7/12)

スマートリテール:
ロボット導入から無人店舗化まで、リテールテックの比較用Webサービス開始
ピアズは2021年7月8日、リテールテックに関連した国内外のソリューションについて、選定から導入までをサポートするサービス「リテールテックプラットフォーム」をローンチすると発表した。リテールテックに特化したソリューションプラットフォームを事業として展開するのは「国内初の事例」(ピアズ)という。(2021/7/9)

プロジェクト:
Park-PFI事業による国営公園として初、海の中道海浜公園が開業へ
三菱地所、積水ハウス、公園財団、オープン・エーは、Park-PFI事業による日本初の国営公園として、海の中道海浜公園に「パーク・ツーリズム」をテーマにした滞在型レクリエーション拠点を、2022年3月より開業予定だ。(2021/7/9)

ドコモ、ドローン向けのLTEプランを発表 月額4万9800円で月間120GB 日本初
NTTドコモは、上空でLTE回線を利用できるドローン向けの料金プラン「LTE上空利用プラン」の提供を始めた。120GBで月額4万9800円(税込、以下同)。上空でモバイルネットワークを利用できる、ドローン向けの料金プランの提供は国内初。(2021/7/8)

目視外でも長距離飛行:
ドコモ、国内初“ドローン向け”通信プラン提供 月額4万9800円
ドコモが7月8日からドローン向けの新料金プランを発表した。同社によると、上空を航行するドローンが、モバイルネットワークを利用できるプランは国内初だという。(2021/7/8)

コインチェックのパレットトークンIEO、6分で9億円超の申し込み
コインチェックが7月1日に受付を開始した国内初のIEOにて、開始から6分で調達目標金額の9億3150万円を突破した。(2021/7/2)

コインチェック国内初のIEOを7月1日実施 Hashpaletteがトークン売出で9億円超調達
コインチェックは7月1日に、国内初となるIEOを実施し、Hashpaletteが発行するトークン9億3150万円分を一般に売り出す。資金調達だけでなく、トークンエコノミーの構築を支援することをうたっており、仮想通貨関連事業者にとって新たな機会がもたらされるかもしれない。(2021/7/1)

ワモンアザラシの赤ちゃんが“かわいすぎてキュン死する”と話題 「海遊館」での初繁殖・国内初人工哺育について話を聞いた
ひたすらにかわいい。(2021/7/1)

観光用の島:
石垣島の海に巨大な浮島! 国内初、JTBが「ポンツーン」を計画している
沖縄県石垣市の屋良部半島の大崎海域の沖合で、JTB沖縄がマリンレジャー事業の拠点として、巨大な人工浮島の設置を計画していることが分かった。(2021/6/28)

福岡銀行がFundsのクラファン経由で、“わざわざ”融資資金を集める理由
クラウドファンディングの世界に国内初の取り組みが現れた。6月22日、福岡銀行はクラウドファンディング事業を提供するFundsと組んで、「銀行の融資にクラウドファンディングを組み合わせ、非上場企業を中心にマーケティング付加価値を組み合わせた融資」を発表した。(2021/6/22)

タイムアウト東京のオススメ:
日本初の寺常設キャンプ場、テンプル キャンプ大泰寺が6月オープン
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2021/6/1)

コインチェック、国内初となるパレットのIEO 仮想通貨プロジェクトの新たな資金調達方法
コインチェックは5月31日、国内初となるIEOを今夏に実施することを明らかにした。Hashpaletteが運営する、NFTを使ったコンテンツ流通に特化したブロックチェーン「パレット(Palette)」のトークンを上場させ、ユーザーに対して販売することで、資金調達を支援する。(2021/5/31)

蓄電・発電機器:
テスラの大型蓄電池「Megapack」が日本初上陸、高砂熱学の新施設で運用スタート
テスラの大型蓄電システム「Megapack(メガパック)」が日本初上陸。高砂熱学工業の「高砂熱学イノベーションセンター」(茨城県つくばみらい市)に導入され、太陽光・バイオマス発電と組み合わせて運用するという。(2021/5/31)

スマホ完結の「みんなの銀行」スタート 月額600円の有料プランも
国内初をうたうデジタルバンク「みんなの銀行」が、個人ユーザー対象とした口座開設を受付開始。アプリをダウンロードして必要項目を入力すれば、スマートフォンを通じて原則即時に口座開設できる。(2021/5/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。