ニュース
» 2012年10月17日 23時23分 UPDATE

電源コードを無償交換:パナソニック、松下電器産業製および三洋電機製の液晶プロジェクター5機種をリコール

パナソニックは、2002年から2005年までに製造した松下電器産業(現パナソニック)製および三洋電機製の液晶プロジェクター5機種について、「リコール社告」を実施する。

[ITmedia]

 パナソニックは10月17日、2002年から2005年までに製造した松下電器産業(現パナソニック)製および三洋電機製の液晶プロジェクター5機について、事故防止のための「リコール社告」を実施すると発表した。あわせて電源コードの無償交換を行う。

ts_panapro01.jpg 品番確認個所

 対象となったのは、松下電器産業製の「TH-AE200」「TH-AE300」「TH-AE500」「TH-AE700」および、三洋電機製「LP-Z3」の5機種。電源コードのコネクター内部が絶縁劣化を起こし、発煙・発火に至る事故が発生したためのリコール社告となる。

 原因は、電源コードのコネクター内部の樹脂材料に含まれる難燃剤の成分が、温度・湿度等の複合条件によっては、空気中の水分と反応して導電性物質が生成され、コネクター内部の端子間の絶縁状態が劣化。この樹脂の炭化が、稀に発火を引き起こすという。

 同社では対象製品を使用中のユーザーに対し、電源プラグをコンセントから抜き、使用を中止するよう呼びかけるとともに、無料で代替電源コードへの交換および当該電源コードの回収を実施する。対象機種および台数は下記の通り。

製造会社 品番 製造期間 台数
松下電器産業 TH-AE200 2002/9〜2003/9 3083
TH-AE300 2002/10〜2003/8 2975
TH-AE500 2003/10〜2004/8 1万1340
TH-AE700 2004/9〜2005/8 1万2028
三洋電機 LP-Z3 2004/9〜2005/12 1万2194
合計 4万1620

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.