ニュース
» 2012年10月30日 16時34分 UPDATE

目的のシーンに素早くアクセス:録画リストでもダイジェスト表示、シャープが新“AQUOSブルーレイ”3機種

シャープは、“AQUOSブルーレイ”の新製品3機種を発表した。見たいシーンに素早くたどり着ける「見どころポップアップサーチ」などの新機能を搭載。AQUOSと組み合わせれば3番組同時録画も可能になる。

[ITmedia]

 シャープは10月30日、Blu-ray Discレコーダー“AQUOSブルーレイ”の新製品3機種を発表した。デザインを一新したほか、見たいシーンに素早くたどり着ける「見どころポップアップサーチ」などの新機能を搭載。11月21日にオープンプライスで販売する。

ts_aqbd03.jpg デザインを一新した新ラインアップ。上から「BD-W1200」「BD-W520」「BD-S520」

型番 BD-W1200 BD-W520 BD-S520
内蔵HDD 1Tバイト 500Gバイト 500Gバイト
チューナー 録画用×2、視聴用×1 録画用×1
実売想定価格 8万5000円前後 7万円前後 5万5000円前後
発売時期 11月21日

 「見どころポップアップサーチ」は、録画リストの表示画面や録画番組の再生中にリモコンの「(ポップアップ)メニュー」ボタンを押すと、自動的に約5分間隔(または約2分30分間隔)で番組の映像を切り出し、サムネイルのように並べるというもの。番組の流れを素早く把握したり、見たいシーンを選んでそこから再生をスタートするといった使い方ができる。また、見たいシーンだけの繰り返し再生や頭出し再生も可能だ。

ts_aqbd01.jpgts_aqbd02.jpg 録画番組一覧画面で選択した番組をダイジェスト表示(左)。番組再生中でも一覧可能(右)

スマートフォン連携を強化

 スマートフォン連携機能を強化したことも新製品の特長だ。例えば、スマートフォンを介してレコーダーの操作やキーワード入力を音声で行える「スマートフォン ボイスリモコン」。電子番組表で番組名を音声検索すると、文字入力の手間なく、すばやく関連番組を見つけられるという。また音声入力操作は、番組表や録画リストの表示、再生/停止操作といったレコーダーの基本操作に対応している。なお、ボイスリモコンを利用するには、スマートフォンにアプリ「レコーダーIPコントロール」(11月中旬提供)を導入する必要がある。

ts_voice01.jpgts_voice04.jpg 「レコーダーIPコントロール」の画面(左)と番組表で音声検索を行った結果(右)

 このほか、外出先からスマートフォンで録画予約が行える「リモート予約」(2013年1月末開始予定)や、録画済み番組をワイヤレスでスマートフォンにダビング(もしくはムーブ)して持ち出せる「Wi-Fiダビング」といった連携機能も用意した(BD-W1200/W520のみ)。Wi-Fiダビングは、スマートフォン側に専用アプリのインストールが必要。対応するスマートフォンの機種など詳細については、同社サポートページで公開する予定だ。

AQUOSと組み合わせれば3番組同時録画に

 春モデルに採用した「ちょっと戻っテレビ」も継続して採用した。ちょっと戻っテレビは、視聴中の番組をバックグラウンドで常時録画しておくことで、録画予約をしていなかったでも最長90分までさかのぼって視聴できるというもの。また、キーワードとジャンル(番組情報のサブジャンルまで対応)、新番組や再放送といった情報を組み合わせ、見たい番組を検索できる「見つかる番組検索」や、ニュースやスポーツといった好みのジャンルを設定しておくと、該当する番組を自動で更新録画する「最新上書き録画」も継承している。

 「ファミリンクプラス録画」は新しい。通常2番組同時録画のBD-W1200およびBD-W520は、液晶テレビ“AQUOS”(ファミリンク対応機)とHDMI接続した場合に限り、3番組の同時録画が可能になる。これは、AQUOSのチューナーを視聴に使うことで、内蔵3チューナーのうち、普段は“視聴用”(ちょっと戻っテレビ)に使用しているチューナーを通常録画に利用できるようになるため。ただし、AVCエンコーダーは2系統のため、3つめの録画はDRモードになる。

ts_aqbd05.jpg 「BD-W1200」の背面端子

 入出力端子や本体サイズは3モデル共通。HDMI出力1系統のほか、D3映像出力、アナログ映像入力、光デジタル音声出力などを備える。外形寸法は、430(幅)×235(奥行き)×58(高さ)ミリ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.