ニュース
» 2012年12月25日 22時33分 UPDATE

シャープ、ヘッド・アップ・ディスプレイ用の赤色半導体レーザーを開発

シャープがディスプレイ光源用640ナノメートルの赤色半導体レーザ「GH0641FA2C」を新開発。業界最高となる33%の変換効率と150mWの最大光出力を実現した。

[ITmedia]

 シャープは、車載ヘッド・アップ・ディスプレイや小型プロジェクターの光源用デバイスとして、640ナノメートル赤色半導体レーザー「GH0641FA2C」を発表した。2013年1月31日よりサンプル出荷を開始。サンプル価格は5000円で、量産時期は2013年3月29日になる見込みだ。

Photo ディスプレイ光源用640nm帯域の赤色半導体レーザ「GH0641FA2C」

 材料の組み合わせや構造を最適化したことで、電気を光に変換する効率を業界最高の33%に高めた。冷却部材の低消費電力化が図れるほか、150ミリワットの最大光出力により赤色を一段と鮮やかに高輝度で表示できるという。

関連キーワード

シャープ | 半導体 | プロジェクター


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう