ニュース
» 2013年01月17日 19時43分 UPDATE

「ラジオを聞く」は3人に2人、ビデオリサーチ調査

ビデオリサーチは、2012年12月に実施した「首都圏ラジオ調査」の結果を発表した。

[ITmedia]

 ビデオリサーチは1月17日、2012年12月に実施した「首都圏ラジオ調査」の結果を発表した。1週間でラジオに接した人は3人に2人、聴取時間は1日あたり平均2時間だった。

ts_vr01.jpgts_vr02.jpg 「2012年12月度首都圏ラジオ調査」(出典:ビデオリサーチ)

 調査によると、ラジオをどのくらい聞くか(1週間のラジオ接触率)という設問で64.2%が「聞いた」と回答。およそ3人に2人がラジオを聞いていた。またリスナーの平均聴取時間は1週間で14.0時間と、1日あたり平均2時間だった。

 また、ラジオをどこで聞くか(聴取場所別聴取分数のシェア)という設問では「自宅」と回答した人が50.0%と半数を占め、続いて「車の中」が30.4%、「車の中以外」が19.7%となった。自宅と外出先という区別では、ちょうど半々という結果になっている。

 首都圏ラジオ調査は、毎年6回偶数月に実施しており、今回は12月10日から12月16日にかけて行われた。対象は、首都圏に住む12歳から69歳の男女3000人(無作為抽出)。1週間分の調査票を一括郵送・回収する日記式郵送留置調査で、有効回収率は94.4%だった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.