ITmedia NEWS >
ニュース
» 2013年02月05日 23時17分 公開

名作・良作映画を厳選したVOD「キネマ旬報CHANNEL」スタート――初月無料キャンペーンも実施

アクトビラは、キネマ旬報DDが新たに手掛けるVODサービス「キネマ旬報CHANNEL」を独占配信。「月はどっちに出ている」「橋のない川」など名作・良作映画が月額945円で見放題となる。

[ITmedia]

 アクトビラは、VODサービス「キネマ旬報 CHANNEL」を2月5日より独占配信する。価格は、月額見放題が945円、PPVが420円。

 キネマ旬報社がVOD配信事業参入のために設立した「キネマ旬報DD」が手がけるサービス。名作・良作映画をはじめ、すでにビデオ・DVDが廃盤となった作品や、デジタルシネマ化により鑑賞機会が失われたフィルム作品などをストリーミングで配信する。

 2月の配信作品は、キネマ旬報ベスト・テン日本映画第1位となった「月はどっちに出ている」(監督:崔洋一)をはじめ、6位の「橋のない川」(監督:東陽一)、5位の「絵の中のぼくの村」(監督:東陽一)、4位の「台風クラブ」(監督:相米慎二)、「東京上空いらっしゃいませ」(監督:相米慎二)。

 今後は「全身小説家」(監督:原一男)、「さらば愛しき大地」「十九歳の地図」(監督:柳町光男)、「映画 日本国憲法」(監督:ジャン・ユンカーマン)、「沈黙を破る」(監督:土井敏邦)などを中心に、5月頃までに約20タイトルの配信を予定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia NEWS TV配信中!