ニュース
» 2013年02月07日 22時27分 UPDATE

電池長持ち、東芝エルイーが小型ラジオ&ホームラジオを発売

東芝エルイートレーディングから、電池寿命が最大120時間の小型ラジオ2種と、最大400時間のホームラジオが登場。

[ITmedia]

 東芝エルイートレーディングは、小型ラジオ「TY-KR3(AM/FMバンド)」「TY-KR1(AM専用バンド)」およびホームラジオ「TY-HR1(AM/FMバンド)」を2月15日より順次発売する。価格はすべてオープン。

PhotoPhotoPhoto 小型ラジオ「TY-KR3」(写真=右)「TY-KR1」(写真=中央)、およびホームラジオ「TY-HR1」(写真=左)

 小型ラジオ2機種は、内蔵スピーカー使用時で最大120時間、イヤフォン使用時で最大220時間駆動の電池寿命を実現した。電源は単三形乾電池2本。本体サイズは70(幅)×120(高さ)×30(奥行き)ミリで、重量は乾電池を除き約110〜123グラム。実売想定価格は、TY-KR3が1500円前後、TY-KR1が1000円前後となっている。

 ホームラジオの電源は、家庭用のAC電源または単一形乾電池1本。乾電池使用時の電池寿命は、最大400時間という(アルカリ乾電池使用時)。大きな音量でも音割れしにくい90ミリ径スピーカーを備えた。サイズは214(幅)×130(高さ)×60(奥行き)ミリで、重量は約640グラム。持ち運びに便利な「キャリングハンドル」「肩ベルト」も付属する。実売想定価格は3000円前後となっている。

関連キーワード

ラジオ | 東芝 | 乾電池 | 長寿命


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう