ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「長寿命」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「長寿命」に関する情報が集まったページです。

FAニュース:
高剛性、長寿命化した最小サイズローラータイプLMガイドの受注を開始
THKは、ミニチュアローラータイプLMガイド「HRG8」「HRG10」「HRG12」の受注を開始した。剛性を高め、長寿命化しているほか、最小サイズのため、コンパクト形状で省スペース化に貢献する。(2022/1/21)

狙いはグローバルロジスティクス:
Nestwaveが低電力GPSトラッカーを発表、薄く再利用も可能
Nestwaveは、バッテリー寿命が数年持続する、薄くて再利用可能なロジスティクストラッカー「ThinTrack」をSAMEA Innovationと共同開発している。同社が「CES 2022」(2022年1月5〜8日、米国ネバダ州ラスベガス)で発表したThinTrackは、Nestwaveのジオロケーション技術を使用して消費電力を削減し、バッテリー寿命を延ばしている。Nestwaveは、欧州連合(EU)の「Horizon 2020」プログラムの開発支援を受けている。(2022/1/7)

Mobile Monthly Top10:
2021年を振り返る(8月編):バッテリーの(物理的な)寿命を延ばす方法は?/ドコモの「home 5G」発進
1年間でよく読まれた記事を月単位で振り返る「Mobile Monthly Top10」。2021年8月は、スマホの熱対策に関する記事がよく読まれた他、バッテリーの物理的な寿命を延ばす方法に関する記事やドコモのhome 5Gに関する記事などが読まれました。(2021/12/29)

幼少期の味覚がポイント:
今のライフスタイルでいいのか 沖縄「長寿の島」が崩れつつある理由 働き盛り世代の深刻度
厚生労働省が発表した都道府県別の健康寿命で、沖縄は男女とも2016年から順位を下げた。平均寿命の順位も下がり続け「長寿の島」のイメージが崩れつつある。(2021/12/22)

アンカー、約6倍の長寿命バッテリーを搭載したポータブル電源を発売
アンカー・ジャパンは、ポータブル電源「Anker 521 Portable Power Station(PowerHouse 256Wh)」を発売。経年劣化が少ない「リン酸鉄リチウムイオン電池」を採用し、一般的なポータブル電源の約6倍の長寿命を実現したという。(2021/12/7)

施工:
大林組らがトンネル覆工コンクリートの急速補修技術を開発、作業時間を35%短縮
大林組は、コニシやケミカル工事とともに、覆工コンクリートの急速補修技術となるネットレスのはく落対策工法「ワンバインドスプレー」を開発した。今後、3社は、高速道路のリニューアル工事で、ワンバインドスプレーを積極的に活用して、交通規制期間の短縮や渋滞の緩和、トンネル覆工補修工事の高品質化を実現し、インフラ構造物の長寿命化に貢献する。(2021/12/3)

「話が長すぎる校長」の漫画がシュールを通り越してホラー スピーチ中に寿命を迎えたはずが……
何が目的なんだ。(2021/11/26)

太陽光パネルの大量廃棄時代に備え 岡山・新見ソーラー、再生率95%に高める装置開発
製品寿命が25〜30年といわれるパネルの大量廃棄に備えるとともに、資源の有効利用につなげる。(2021/11/25)

Google、「Pixel 6」シリーズの充電が遅いという苦情に公式説明
「Pixel 6」シリーズの充電速度が遅いという苦情を受け、Googleが充電方法について説明した。バッテリー寿命を延ばすため、バッテリーレベルが低い間は急速に充電し、フル充電に近づくと電力を徐々に減少させているとしている。(2021/11/19)

今こそ知りたい電池のあれこれ(8):
リチウムイオン電池を長持ちさせたいときに気を付けること
今回は電池の寿命や劣化に関するあれこれについて、電池評価に携わる立場からの所見をまとめていきたいと思います。なお、昨今のスマートフォンや電気自動車(EV)などに使用されている電池の多くは「リチウムイオン電池」であるため、本稿はその前提で話を進めていきます。(2021/11/18)

蓄電・発電機器:
ペロブスカイト太陽電池の実用化を後押し、20年の屋外耐久性の獲得に成功
兵庫県立大学と紀州技研工業らの研究グループが、次世代の太陽光パネルとして期待されるペロブスカイト太陽電池において、世界最長となる屋外環境20年相当の寿命を得ることに成功したと発表。同電池の実用化を大きく後押しする成果だという。(2021/11/17)

「ババアの年金パワーが火を吹くよ!」 85歳のおばあちゃんがガチオタクになった漫画 孫を驚かせた衝撃の進化
推しと出会って寿命延びた気がする。(2021/10/21)

日本ケミコン GXMシリーズ:
高温環境向けリード形アルミ電解コンデンサー
日本ケミコンは、通信インフラなどの高温環境で用いる電源向けに、リード形アルミ電解コンデンサー「GXM」シリーズを開発した。新開発の電極箔を採用したことで、同社従来品と比較して最大約1.7倍長寿命化し、静電容量も61%高容量化した。(2021/10/15)

【その視点はなかった】枕の寿命は2年、歯ブラシの寿命は1カ月……「すでに寿命が切れたモノたちを使い続ける私たちはネクロマンサーなのでは?」
すでに息絶えたモノどもを酷使し続ける僕たち。(2021/10/4)

組み込み開発ニュース:
バイポーラ構造で従来比2倍の電圧5Vを実現、コイン形全固体電池を開発
マクセルは、硫化物系固体電解質を使用したコイン形全固体電池を開発した。バイポーラ構造による高電圧、高出力と、広い温度範囲、長寿命、高い安全性を提供する。非常用電源やバックアップ、車載への利用を見込む。(2021/9/27)

闇の取引を求めてくる悪魔の漫画が悩ましい 1日分の寿命で「椅子のキャスターにケーブルが引き込まれない」能力
1日分分なら……いやしかし……。(2021/9/11)

電気自動車:
実車で走って分かった全固体電池の課題は「寿命の短さ」、EVよりもHEV向き?
トヨタ自動車は2021年9月7日、オンラインで説明会を開き、電動車の普及に向けた投資などの戦略を発表した。(2021/9/8)

バッファロー、電池寿命約3.7年を実現した省電力設計のBluetoothキーボード
バッファローは、Bluetooth 5.0接続に対応したベーシック設計のワイヤレスキーボード「BSKBB100BK」を発売する。(2021/8/24)

「ながら充電」や「100%のまま充電」はNG? スマホのバッテリー寿命を延ばす方法
スマートフォンを使う上で「バッテリーの寿命をどれだけ延ばせるか」は重要なポイントだ。充電のタイミングや方法によってはバッテリーを劣化させる恐れがある。少しでもバッテリーの寿命を長くするには、どんなことに注意すればいいのか。4キャリアに聞いた。(2021/8/19)

施工:
冷蔵倉庫を稼働しつつ行える耐震補強工法、旧耐震基準の冷蔵倉庫に適用可能
東亜建設工業は、独自の方法によって、冷蔵倉庫内の温度を-25度以上のマイナス温度帯に保ったままでも、常温環境下での施工と同等の耐震性能を確保できる耐震改修工事を行える「THJ耐震補強工法」を開発した。今後、東亜建設工業は、同社の「冷蔵倉庫の相談室」を窓口として、積極的に新工法の普及を図る。また、新工法により、旧耐震基準の冷蔵倉庫における建物寿命を延命し、スクラップアンドビルドによる環境負荷を削減する。(2021/8/10)

電動化:
正確な劣化・寿命を個体別に検出できるEV用パワー半導体向け試験サービス
OKIエンジニアリングは、電気自動車(EV)用パワー半導体向け「劣化・寿命連続モニタリング試験サービス」の提供を開始した。高温逆バイアス試験と同社独自開発の全自動ログシステムを組み合わせることで、高精度な寿命予測とワイドギャップパワー半導体への対応も可能とした。(2021/7/28)

日本TI HDC3020、HDC3020-Q1:
低消費電力、誤差±1.5%の相対湿度センサー
日本テキサス・インスツルメンツは、計測誤差±1.5%の相対湿度センサー「HDC3020」「HDC3020-Q1」を発表した。湿度起因の損傷を抑え、産業用や車載用バッテリー駆動システムの長寿命化に貢献する。(2021/7/13)

高根英幸 「クルマのミライ」:
ハイブリッドやEVのバッテリーはいつまでもつ? 寿命を決める温度管理
EVで気になるのは、やはりバッテリーの耐久性だ。寿命はバッテリーの特性によっても異なるが、実際の車両では温度管理などのマネジメントによるところが非常に大きい。(2021/7/5)

中堅技術者に贈る電子部品“徹底”活用講座(55):
電気二重層キャパシター(4) ―― 主な特性と使用上の注意点、寿命計算
今回はEDLCにおいて重要視される特性や注意事項、寿命計算の考え方について説明をしたいと思います。(2021/6/28)

HZO強誘電体を4nmまで薄膜化:
東京大ら、低電圧で長寿命の強誘電体メモリを開発
東京大学は富士通セミコンダクターメモリソリューションと共同で、1V以下という極めて低い動作電圧で、100兆回の書き換え回数を可能にした「ハフニア系強誘電体メモリ」を開発した。(2021/6/9)

ペット手帳:
1年以内にワンコを新しく迎えた数は過去最多 2020年の飼育実態調査、コロナによる影響がうかがえる結果に
平均寿命は14.48歳。(2021/5/30)

コンパクトモデル「Xperia Ace II」がドコモから 5.5型液晶や4500mAhバッテリーを搭載
ソニーが5月19日、新型スマートフォン「Xperia Ace II」を発表。ドコモが5月下旬以降に発売する。Xperia Aceと同等のサイズを維持しながら、画面サイズが5.0型から5.5型に大きくなった。容量4500mAhのバッテリーを内蔵しており、ソニー独自の長寿命化技術により、3年使っても劣化しにくいバッテリーを目指した。(2021/5/19)

太陽光:
ペロブスカイト太陽電池を高性能化、方法は「イオンを1滴添加するだけ」
金沢大学の研究グループは2021年4月、イオン液体を少量添加するだけでペロブスカイト太陽電池の高性能化と長寿命化を実現する方法を開発したと発表した。次世代の太陽電池として期待されるペロブスカイト太陽電池の普及に貢献する成果だという。(2021/5/14)

IBM、世界初の2nm半導体技術を発表 バッテリー寿命は7nmの4倍
IBMが、2nmプロセスチップを生み出したと発表した。7nmプロセッサと比較して約45%性能が向上し、スマートフォンのバッテリー寿命が4倍になるとしている。ただし製造はまだ数年先になる見込みだ。(2021/5/7)

リコー R5602シリーズ:
Li電池電圧モニター用アナログフロントエンドIC
リコー電子デバイスは、4〜7セルLi電池のセル電圧モニター用アナログフロントエンドIC「R5602」シリーズを発売した。高精度かつ低消費電力の電圧モニターが可能で、Li電池の長寿命化に貢献する。(2021/4/26)

Mobile Weekly Top10:
スマホの「ながら充電」に要注意/「AQUOS sense5G」開発の裏側
中古携帯電話を手がける「携帯市場」と、東京都調布市にキャンパスを構える国立大学「電気通信大学(電通大)」が、スマートフォンの「ながら充電」に関する共同研究の成果を発表しました。ながら充電はバッテリー寿命を縮めることはよく知られていますが、なぜ縮めることになるのかはよく知っておくべきです。(2021/4/12)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
世界のテック企業ご長寿ランキング
人生100年時代と言われる現代、企業の寿命はどのように変化しているのでしょうか。(2021/3/26)

リテルヒューズ LSTバリスタシリーズ:
サージ保護デバイスに適した熱保護バリスタ
リテルヒューズは、熱保護バリスタ技術を搭載した「LSTバリスタ」シリーズを発表した。過熱保護機能とアークシールドを組み込み、保護機能を強化しているため、バリスタの寿命末期や異常な過電圧状態下にあっても、致命的な故障や火災を防ぐ。(2021/3/19)

材料技術:
ソフトバンクの次世代電池が、寿命より質量エネルギー密度を優先する理由
ソフトバンクは2021年3月15日、次世代電池の評価や検証を行う施設「次世代電池ラボ」を同年6月に開設すると発表した。環境試験器を手掛けるエスペックのバッテリー安全認証センター内(栃木県宇都宮市)に設ける。(2021/3/16)

組み込み開発ニュース:
新封止材料で有機半導体を長寿命化、物流向けの温度/振動記録用薄型電子タグ
東京大学大学院新領域創成科学研究科は2021年2月25日、長期安定性を実現した有機半導体温度/振動センサー素子を用いた物流向け薄型電子タグを開発したと発表。新封止材料などを採用することで、従来の課題であった有機半導体の耐久性向上を実現した。(2021/3/1)

「グリーンストレージ」の基礎【前編】
「SSD」「HDD」を“省エネ”で比較 「グリーンストレージ」に適するのは?
ストレージの電力効率を考える上では、消費電力に加えて容量や寿命など、さまざまな要素を加味する必要がある。主要なストレージである「SSD」と「HDD」を電力効率の観点で比較してみよう。(2021/2/1)

住宅ビジネスフェア2020:
住宅の長寿命化に役立つCjK部材とは?長住協
長期使用住宅部材 標準化推進協議会は、住宅の長寿命化と建物のメンテナンスを容易にするために、住宅部材の標準化を推進している。(2021/1/12)

Pixelシリーズの“Feature Drops”第5弾は盛りだくさん 「アダプティブサウンド」やバッテリーセーバーなど
GoogleがPixelシリーズの新機能を3カ月ごとにまとめて紹介するfeature dropsの第5弾で、バッテリー寿命を延ばす「Adaptive Chargning」やPixel Budsにある「アダプティブサウンド」機能など、多数の新機能を発表した。(2020/12/8)

電解液量と面積容量の比率が鍵:
リチウム空気電池のサイクル寿命を決める要因を特定
物質・材料研究機構(NIMS)はソフトバンクと共同で、リチウム空気電池のサイクル寿命を決める要因を特定することに成功した。リチウム空気電池内部の複雑な反応を精密に評価する手法を確立したことで可能となった。(2020/12/7)

組み込み開発ニュース:
東芝が「世界初」の水系リチウムイオン電池を開発、低温対応と長寿命を実現
東芝がリチウムイオン二次電池の電解液を水に置き換えた水系リチウムイオン電池を開発。水系リチウムイオン電池は既に研究開発事例があるものの、−30℃の環境下での安定した低温充放電性能と、2000回以上の充放電が可能な長寿命性能を備えるものは「世界初」(東芝)だという。(2020/11/19)

ロジクールの無線トラックボール10年ぶりのリニューアル 電池寿命は最大2年、Bluetoothにも対応
Bluetooth接続ありがたい。(2020/10/29)

野村の「資産寿命」アプリOneStockにAndroid版
野村證券は10月15日、資産管理スマホアプリ「OneStock」のAndroid版の提供を開始した。(2020/10/16)

プレミアムコンテンツ:
PCの寿命を限界まで延ばすには? 正しいPC延命の方法
PCの買い替えを検討する前に、PCの延命を考えたことはあるだろうか。実はPCの買い替えよりも延命を選ぶ方が適切な場合もある。どのようにすればPCを延命できるのだろうか。(2020/9/29)

産業動向:
フライホイール蓄電システムFlystabを共同開発、電力系統を安定化
日本工営は、独STORNETICと長寿命・高速充放電の量産型フライホイール蓄電システムFlystabを共同開発した。またFREAと共同で、模擬マイクログリッド環境での実運用を想定した動作試験を実施した。(2020/9/28)

組み込み開発ニュース:
外乱光耐性と長寿命を有する組み込み型3D TOFセンサーモジュールを発売
オムロンは、組み込み型3D TOFセンサーモジュール「B5L」シリーズの国内販売を開始した。太陽光下でも安定した測距と長期間の連続駆動が可能で、ロボットや見守り用途の組み込み機器に適する。(2020/9/23)

日本TI TPS63900:
バッテリーを長寿命化する昇降圧コンバーター
日本テキサス・インスツルメンツは、バッテリー動作時間を50%以上延長したDC-DC昇降圧コンバーター「TPS63900」を発表した。静止電流は75nA、効率は10μAで92%と高く、競合品と比較して最大3倍の出力電流を供給できる。(2020/9/18)

高容量で長寿命の電池材料開発へ:
リチウムイオン電池の充電過程を原子レベルで解明
東京大学は、走査透過型電子顕微鏡(STEM)を用い、次世代リチウムイオン電池の充電過程を原子レベルで解明することに成功した。高容量で寿命が長い電池材料の開発につながる研究成果とみられている。(2020/9/15)

長寿命の単三アルカリ電池「防災電池」が販売開始 推奨期限10年で1パック40本入り1980円 もしもの時の備えに
あると安心です。(2020/8/27)

プレミアムコンテンツ:
「SSD」は穴を空けても復旧可能? 安全な廃棄方法は
ストレージとして一般的に利用されるようになったSSD(ソリッドステートドライブ)は、5年ほどで寿命が来ると言われる。この際、適切に廃棄しなければデータ流出の危険にさらされてしまう。どう対処すればよいのか。(2020/8/21)

研究開発の最前線:
リチウム空気電池の実用化へ一歩前進、サイクル寿命増加につながる初の研究成果
物質・材料研究機構(NIMS)は2020年8月12日、リチウム空気電池の充電電圧が上昇する現象に、放電時に生成される過酸化リチウム(Li2O2)の「結晶性」が深くかかわっていることを明らかにした。リチウム空気電池の実用化における課題点の1つが解決に向かう可能性がある。(2020/8/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。