ニュース
» 2013年03月05日 22時51分 UPDATE

FEMINITYに追加アイテム:東芝ライテック、Bluetooth搭載のLEDシーリングライトなどを発売

東芝ライテックは、同社のホームITシステム「FEMINITY」に対応するLEDシーリングライトおよびLEDダウンライトを発表した。「Smart Home Lighting」シリーズ第1弾。

[ITmedia]

 東芝ライテックは3月4日、同社のホームITシステム「FEMINITY」に対応するLEDシーリングライトおよびLEDダウンライトを発表した。「Smart Home Lighting」シリーズとして拡充していく構え。3月15日から順次発売する。

ts_femi02.jpgts_femi03.jpg LEDシーリングライト「LEDH82120YLC-LT2」(左)とLEDダウンライト「LEDD85001-LT1」(右)

 LEDシーリングライトの「LEDH82120YLC-LT2」は、Bluetoothの無線通信アダプタを内蔵し、ECHONETLiteプロトコルで制御が可能。FEMINITYの「ITアクセスポイント」と組み合わせれば、PCやタブレットからワイヤレスで使用状況の確認や調光・調色が行える。

ts_femi01.jpg ネットワーク接続イメージ

 一方のLEDダウンライトは有線LAN接続が前提となるが、LEDシーリングライトやそのほかのFEMINITY対応機器と同様に遠隔操作や管理が可能。器具内蔵コントローラーを介して8台までの送り接続が可能になっている。なお、ランプは別売のため、ユーザーの好みで光色や配光を選択できるという。

 LEDシーリングライトは、部屋のサイズによって3機種をラインアップ。価格は、6畳までの「LEDH80120YLC-LT2」で8万4800円、8畳までの「LEDH81120YLC-LT2」は8万9800円、12畳までの「LEDH82120YLC-LT2」が9万9800円となっている。LEDダウンライト「LEDD85001-LT1」は、4万6800円/1台。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.