ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「遠隔操作」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「遠隔操作」に関する情報が集まったページです。

5G情報流出、社外から遠隔操作で持ち出し 転職直前に170点
5Gの営業秘密の持ち出し事件で逮捕された合場邦章容疑者が、自宅PCからソフトバンクのサーバにアクセスし、データをメールで持ち出していたことが分かった。アクセスは約30回に達し、退職前に集中的に情報を集めていた形跡も確認されたという。(2021/1/15)

5G:
熊谷組とNECが“ローカル5G”活用で、VR遠隔操作の無人化施工に成功
熊谷組とNECは、ローカル5Gを活用し、4K映像と建機の傾きなどといった動きの情報伝送、VRでの遠隔操作を組み合わせた無人化施工の実証実験を行った。低遅延で大容量な通信を可能にするローカル5Gを活用することで、ネットワークの帯域不足といった従来の課題を解決し、4K映像や動きなど多様な情報をリアルタイムに伝送することで、実際に建機に搭乗したときに近い環境を構築することを目指す。(2021/1/6)

ローカル5GとVRで重機を遠隔操作 NECらが無人化施工に向けた実証実験
熊谷組とNECは、ローカル5Gを活用したネットワーク対応型無人化施工の実証実験を実施した。NECによると、ローカル5Gの低遅延の通信によってリアルタイムな遠隔操作が可能になるという。(2020/12/11)

その名はModel-T:
2000種類の商品をVR遠隔陳列 ローソンが導入した“ロボット店員”がつかむ未来
9月に開業した東京ポートシティ竹芝のローソンでは、遠隔操作ロボットが商品を陳列している。2000種類の商品をどうやってつかんでいるのか。(2020/12/9)

Innovative Tech:
ゴキブリが絵を描き、モノを運ぶ 群れを遠隔操作する技術「Calmbots」 筑波大学が開発
ある意味とても恐ろしい技術が開発された。彼らと共生する生活はどのようなものになるだろうか。(2020/12/1)

人工知能ニュース:
熟練職人の焼成技術を再現、ユーハイムが開発したバウムクーヘン用AIオーブン
ユーハイムは2020年11月30月、同社の熟練職人の技術を学習させた「世界初」のバウムクーヘン専用AIオーブン「THEO(テオ)」を開発したと発表した。AIがバウムクーヘンの最適な焼き上がり具合を判定して、自動的に調理する。開発プロジェクトには遠隔操作ロボット(アバター)ロボティクスを用いた事業展開を行うavatarin(アバターイン)が参画している。(2020/12/1)

サービスロボット:
次の挑戦は物流領域、Telexistenceが見据える遠隔操作ロボットの可能性
遠隔操作ロボット「Model-T」を開発したロボットベンチャーTelexistence。同社は現在、ローソンやファミリーマートなど小売業界への遠隔操作技術の展開を積極的に進めている。遠隔操作ロボットにはどのような可能性があるのだろうか。また、Telexistenceは今後どのような事業展開を構想しているのか。同社の担当者に尋ねた。(2020/11/2)

プラネックス、ラズパイ/Jetsonの遠隔操作を行えるP2Pサービス「Cloud Pi 2」
プラネックスコミュニケーションズは、シングルボードコンピュータの「Raspberry Pi」「Jetson Nano」の遠隔操作を実現できるP2Pサービスを発表した。(2020/10/16)

自動運転タクシーが西新宿で公道走行 KDDIなど5社が実験
KDDIなど5社が、自動運転タクシーを公道で走行させる実験を都内で行う。ドライバーが乗車する自動運転車の他、ドライバー不在の遠隔操作車両も走らせるという。(2020/10/9)

遠隔で従業員が操作:
売り場でアバターが接客 伊藤園「日本茶の日」に合わせ新しい販促活動を実施
伊藤園は遠隔操作で動くアバターを活用した店頭での販促活動を実施する。10月1日の「日本茶の日」に合わせた企画で、売り場に人が立つことなく客と対話することができる。(2020/9/29)

製造業IoT:
日立がエリクソンと共同で5Gの産業活用へ、ロボットの遠隔操作をエッジAIで支援
日立製作所の米国法人である日立アメリカ社は、エリクソンの協力を得て、同社研究開発部門の一部であるシリコンバレーリサーチセンター内に専用5Gネットワークを構築したと発表した。(2020/9/28)

医療機器ニュース:
手先感覚を確かめながら検体を採取できる、遠隔PCR検体採取システムを開発
モーションリブは、医療従事者が手先の感覚を確かめながら、非対面でPCR検体を採取できる遠隔操作システムを開発した。模型を用いた基礎検証実験では、遠隔操作システムを通して感覚的に操作できることを確認した。(2020/9/23)

FAニュース:
スマートファクトリー化に向けてローカル5G実証実験を開始、川崎重工など3社
川崎重工業ら3社が、ローカル5Gを活用した実証実験を実施する。スマートファクトリー化に向けた実証実験を通じて、工場間での遠隔操作を実用化し、生産性の向上や労働力不足への対応、リモートワークなどへと役立てていく。(2020/9/14)

医療機器ニュース:
寝たきりでも手先を使った接客を可能にする合体型分身ロボットを開発
川田テクノロジーズとオリィ研究所は、病気や重度障害などにより外出が困難な人でも、遠隔操作で手先を使った接客が可能になるロボットを開発する「テレバリスタ(Tele-Barista)プロジェクト」を開始した。(2020/9/10)

遠隔でコーヒーを入れるロボ、ベンチャーが共同開発
オリィ研究所と川田テクノロジーズが、遠隔操作でコーヒーが入れられる「テレバリスタロボ」を共同開発した。障害者も操作でき、新型コロナウイルス感染症の影響で人員の確保が難しい飲食業界でも活躍しそうだ。(2020/9/9)

遠隔でコーヒーを入れるロボ開発 ベンチャーが共同開発
 ロボットベンチャーのオリィ研究所(東京都港区)と、橋梁や建築鉄骨の設計据え付けの川田テクノロジーズは8日、難病や重度障害による外出困難者でも遠隔操作でコーヒーが入れられる「テレバリスタロボ」を共同で開発したと発表した。障害者の社会参加を促すだけでなく、新型コロナウイルス感染症の影響で人員の確保が難しい飲食業界でも活躍しそうだ。(2020/9/8)

ロボットが品出しするローソン新店舗がオープン Telexistenceの遠隔操作ロボット「Model-T」を活用
NEDOとTelexistenceは、2020年9月14日に開業する「ローソン Model T 東京ポートシティ竹芝店」で、遠隔操作型のヒューマノイドロボット「Model-T」による商品陳列を開始する。店舗業務の効率化や省人化、ロボットを通じて遠隔地から就労できる店舗オペレーションなどを検証する。(2020/9/8)

Model-T:
ローソン、遠隔操作ロボットがペットボトルやおにぎりを陳列 人手不足解消への一歩
 ローソンは、商品陳列ができる遠隔操作ロボット「Model-T」を、9月14日に開業する「ローソン Model T 東京ポートシティ竹芝店」に導入する。店舗スタッフが場所にとらわれず就労可能な店舗を実現できる。(2020/9/7)

六大学野球の試合を遠隔撮影、テロップも自動生成 テレ朝とソフトバンクが実験成功
テレビ朝日とソフトバンクが、東京六大学野球の試合のライブ映像を遠隔操作で撮影する実証実験に成功。新型コロナウイルス感染症対策で、スコアを示すテロップも自動で生成した。(2020/9/3)

9月14〜17日に実施:
9月開業「東京ポートシティ竹芝」でロボット実証実験 発熱検知や遠隔案内など、ニューノーマル見据え
9月14日に開業する「東京ポートシティ竹芝」で14〜17日の4日間、ロボットの実証実験が行われる。新型コロナ対策を見据え、非接触や遠隔でサービス提供するための技術を実証。発熱やマスク着用の検知、遠隔操作による接客などのロボットを運用する。(2020/8/31)

2本腕の商品陳列ロボット、ファミマで実験スタート 遠隔操作でペットボトルを並べる動画を公開
ファミリーマートが小売店の商品陳列などを想定した遠隔操作ロボット「Model-T」の試験運用を始めた。(2020/8/26)

22年までに最大20店舗で:
ファミマ、ロボット店員を試験導入 VRでペットボトルを遠隔陳列
ファミリーマートが、遠隔操作で店舗の商品を陳列できるロボットを試験的に導入した。店舗のバックヤードで、ペットボトルの陳列を行う。(2020/8/26)

医療機器ニュース:
頭部にサーモグラフィカメラを設置した検温ロボットを開発
THKは、AI技術搭載のサーモグラフィカメラを活用した、「検温ロボット」を開発した。発熱者を発見した場合は、遠隔操作でオペレーターが対応する。(2020/8/25)

Innovative Tech:
車椅子がロボットと合体 遠隔操作でユーザーを助ける「SlideFusion」
ロボットをアバターで操作するが、車椅子利用者はいちいち指示を出す必要がない。(2020/8/19)

「Pepper」で遠隔接客、“ニューノーマル”に対応 ビックカメラで実証実験
Pepperをオペレーターが遠隔操作して顧客対応する実証実験が都内のビックカメラ3店舗のGoogleコーナーで実施される。(2020/8/17)

3Dプリンタニュース:
クラウドで3Dプリンタを遠隔操作/管理、「Raise3D」ユーザー向けに
日本3Dプリンターは、同社が日本総代理店として取り扱う3Dプリンタブランド「Raise3D」のユーザー向けに、クラウド型専用ソフトウェア「RaiseCloud」の提供を開始した。(2020/8/17)

組み込み開発ニュース:
市販の協働ロボットで力触覚の双方向伝送が可能になる遠隔操作システム
モーションリブは、市販の協働ロボットを用いて力触覚を双方向に伝送する遠隔操作システムを開発した。市販の協働ロボットを活用できるため、専用装置を製作しなくても、協働ロボットが持つ安全性を生かした遠隔操作システムが構築できる。(2020/8/13)

KDDI、遠隔操作の「リアルタイムARライブ配信システム」でライブハウスを支援
KDDIが、AR(拡張現実)演出を施したライブ映像を遠隔操作でリアルタイムに配信できるシステムをライブハウス「WWW X」に導入する。ユーザー側は複数のライブ映像をスマホで同時受信し、切り替えながら視聴できる。(2020/8/12)

ロボット開発ニュース:
小売業の商品陳列業務の遠隔化と自動化を可能にするロボットを開発
Telexistenceは、コンビニエンスストアなど小売業での商品陳列業務の遠隔化、自動化を可能にする、半自立型遠隔操作ロボット「Model-T」を開発した。2020年夏より都内コンビニの一部店舗において、Model-Tによる商品陳列作業を実施する。(2020/8/11)

パナソニックが考える「2020以降の街づくり」:
エコキュートの新バージョンは災害対応を強化、スマホで遠隔操作が可能に
パナソニック ライフソリューションズ社はスマホでの遠隔操作や気象警報と連動して、全量沸き上げを行える家庭用自然冷媒ヒートポンプ給湯機「エコキュート」の新バージョンを開発した。(2020/8/7)

CIOに聞いた国内企業のIT投資傾向、2020年は遠隔操作や自動化を推進する5G、AIに集中か――IDC調査
ITサービス/アウトソーシングを利用する国内企業のCIOなどを対象にした調査によると、2020年のIT投資は大企業ほど増加傾向にあり、コロナ禍の影響を踏まえて、AIや5Gなどの遠隔操作や自動化を推進させるようなテクノロジーに対する投資が積極的に行われる傾向にあることが分かった。(2020/7/31)

コンビニの陳列をこなせる遠隔操作ロボ「Model-T」登場 ファミマやローソンが試験導入
“つかむ”と“吸いつかせる”を1本でこなせるロボットハンドで、コンビニの多様な商品に対応。(2020/7/22)

商品陳列ロボット、今夏にファミマとローソンが導入 人が2本のアームを遠隔操作
Telexistenceが、コンビニなどで商品陳列を行える遠隔操作ロボット「Model-T」を開発したと発表した。今夏にもファミリーマートとローソンの一部店舗が導入する。(2020/7/21)

ロボットが注文に“ゆっくり”対応 モスバーガーが都内で実験
モスフードサービスが遠隔操作ロボット「OriHime」(オリヒメ)を活用し、注文対応をあえて"ゆっくり"行う実験を始める。(2020/7/14)

ファミマが導入する「商品陳列ロボ」は何ができるのか
ファミマが今夏から、ロボットベンチャーのTelexistence製の遠隔操作ロボットを一部店舗に導入。店員が離れた場所からロボットを操作し、ペットボトルやカップラーメンなどの検品、陳列作業を行う。店員の動きをロボットに学習させ、作業を自動化する計画もあるという。(2020/7/3)

ファミマ、遠隔操作ロボットを一部店舗に導入 商品の検品・陳列を効率化 今夏から
ファミマがロボットベンチャーのTelexistence(TX)と協業。今夏をめどに、TX製の遠隔操作ロボットを一部店舗に導入する。商品の検品・陳列作業を遠隔操作とすることで、店舗の立地に制約を受けないスタッフの採用や店舗の省人化を目指す。(2020/6/30)

スマートコンストラクション:
竹中と鹿島が共同開発、大阪から名古屋のタワークレーンを遠隔操縦
竹中工務店と鹿島建設は、アクティオ、カナモトと共同で、遠隔でタワークレーンを操作する「TawaRemo」を開発した。実証実験では、大阪に設置した地上の専用コックピットから、名古屋の大型タワークレーンを操作し、材料移動、積み込み、積み下ろしなどの遠隔操作が可能なことを確認した。(2020/6/24)

サービスロボット:
コロナ禍で見直される遠隔操作ロボットの価値、普及は進むのか?
WHILLは2020年6月17日、with/afterコロナ時代のロボティクスをテーマとしたセミナーを開催した。東京大学 名誉教授の佐藤知正氏、及びMiraRoboticsのパートナー兼ストラテジストの羽田卓生氏はコロナ禍を契機に遠隔操作ロボットが普及する可能性を指摘する。(2020/6/19)

静岡県の水田、IoTで水位を遠隔調整 作業時間を8割削減 農家は「仕事が楽になった」と実感
インターネットイニシアティブ(IIJ)などが参加する共同研究グループが、IoTを活用したスマート農業の実証実験の結果を発表した。実験では、水位センサーや遠隔操作可能な給水弁を開発し、水田に導入。農業従事者の作業時間を最大で約79%、移動距離を最大で約48%削減したという。(2020/6/10)

人工知能ニュース:
導入・管理が容易なお手軽映像エッジAI基盤、NTTドコモとベンチャーが共同開発
EDGEMATRIXは2020年5年28日、NTTドコモと共同開発した映像解析用のエッジAI管理プラットフォーム「EDGEMATRIX」を提供開始する。「Edge AI Box」の管理、監視、遠隔操作を一括で実行可能。(2020/6/8)

製造マネジメントニュース:
新しい働き方“ニューノーマル”は人手作業をロボットの遠隔操作で実施
日本マイクロソフトは2020年5月27日、新型コロナウイルス感染症(COVID−19)対策とその先にある“ニューノーマル(新常態)”に向けた取り組みについてオンライン記者会見を開催。中堅中小企業やスタートアップ企業などに向けたテレワーク支援の現状と、“ニューノーマル”を目指すスタートアップ企業の事例などを紹介した。(2020/5/28)

山岳トンネル工事:
ホイールローダー遠隔操作システムを開発、実作業に近い操作を再現
西松建設は、山岳トンネル工事で使用するホイールローダーの遠隔操作システムを開発した。新システムは、オペレーターが車体に設置した複数のカメラ映像を見ながら、坑内のずり運搬作業を遠隔で操作する。今回の開発を足掛かりに今後は、トンネル工事全体の無人化施工を目指し、遠隔操作の技術を掘削に使う他の重機にも応用していくという。(2020/5/27)

自律走行型ロボットを遠隔操作:
DMG森精機とNTT Com、ローカル5Gを用い共同実験
DMG森精機とNTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、ローカル5G(第5世代移動通信)を活用して、自律走行型ロボット(AGV)を遠隔操作する実験を共同で行う。(2020/5/25)

協働ロボット:
ローカル5Gで自律走行型ロボットを遠隔操作、DMG森精機とNTT Comが実証実験
DMG森精機とNTTコミュニケーションズは2020年5月21日、ローカル5Gを活用して、無人搬送車に人協働ロボットを搭載した自律走行型ロボットの遠隔操作を行う共同実験を開始した。(2020/5/22)

IT基礎英語:
重大なリスクをもたらすremote attackは、他人のコンピュータを遠隔操作する
IT関連ニュースに登場する英語を深掘りしていく連載、今回はリモート攻撃。(2020/5/18)

神奈川県、新型コロナ患者療養施設に分身ロボ「OriHime」導入 遠隔で入所者をケア
オリィ研究所は、神奈川県の新型コロナウイルス患者の宿泊療養施設2箇所に、遠隔操作型ロボット「OriHime」(オリヒメ)を導入したと発表した。スタッフは入所者と接触せずにコミュニケーションできる。(2020/5/14)

ロボットを操作できる「オンライン動物園」、千葉市動物園とZMPが企画
ZMPは、千葉市動物公園と協力して自動運転ロボット「RakuRo」(ラクロ)を使ったオンライン動物園を実施する。自宅のPCやスマホでラクロを遠隔操作し、リアルタイムで動物の様子を観察できる。(2020/5/14)

ソニーとANA傘下のavatarin、遠隔操作ロボット開発で協力
ソニーAIとANA傘下のavatarin(アバターイン)は5月11日、次世代の遠隔操作ロボットの開発に向けて協力すると発表。技術開発と社会実装を進めていく。(2020/5/12)

新工法:
遠隔操作でダム下流面はつりを機械化・効率化、西松建設
西松建設ら3社は、人力で行っていたダムのかさ上げ作業において、下流面はつりを機械化・効率化するシステムを開発した。遠隔操作でダム下流面を上昇させることで、安全かつ効率的なはつり作業を行う(2020/5/12)

ロボット開発ニュース:
ソニーとANAが遠隔操作ロボットで協業、人が物理的に作業できない場所で活用
ソニーグループのソニーAIとANAグループのavatarin(アバターイン)は2020年5月11日、次世代の遠隔操作ロボットの開発に向けて協業したことを発表した。(2020/5/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。