ニュース
» 2013年03月15日 22時36分 UPDATE

在京テレビ6社、東京スカイツリーからの地デジ受信確認調査を強化

在京テレビ6社(日本放送協会、日本テレビ放送網、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビジョン)は、テレビ番組放送の受信確認テストにおける3月後半の取り組みを発表した。

[ITmedia]

 在京テレビ6社(日本放送協会、日本テレビ放送網、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビジョン)は、テレビ番組放送の受信確認テストにおける3月後半の取り組みを発表した。

 2013年5月に予定している東京スカイツリーへの送信所移転に伴い、一部世帯では事前に受信対策が必要となる。このため、通常の番組放送中に送信を東京タワーから東京スカイツリーに切り替え、受信確認の説明や問い合わせ先を案内するのが受信確認テストだ。録画でも確認できる。

 これまでは毎週土曜日早朝にテストを行っていたが、今回はより多くの視聴者に受信状況を把握してもらうため、さまざまな曜日、時間帯でのテストを実施する。スケジュールは、3月16日(土)14時〜15時、3月19日(火)23時35分〜23時40分、3月20日(水)16時〜17時、3月23日(土)10時〜11時、3月23日(土)18時〜19時、3月23日(土)23時35分〜23時40分、3月24日(日)8時〜9時、3月28日(木)22時〜22時30分、3月31日(日) 20時〜21時。

 さらに、毎週土曜日早朝のテストも3月中は継続して実施する予定だ。スケジュールは、3月16日、3月23日、3月30日の4時58分〜5時。なお、ケーブルテレビや通信系テレビはそれぞれの各局が対応する予定のため、今回の受信確認をする必要はない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.