ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

「NHK」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

総務省「NHKのネット事業費拡大案は合理性ある」との考え示す 25日から意見募集
総務省が、インターネット事業費の上限緩和を求めるNHKの申請について「一定の合理性がある」とする考えを示した。(2020/11/24)

変わりはない:
NHKのネット業務費「抑制的に行う」 副会長が強調
NHKがインターネット活用業務費の上限を年額200億円とした実施基準案に民放などから批判が出ていることについて、NHKの正籬聡副会長は18日の会見で、「費用の管理を抑制的に行うという考えに変わりはない」と強調した。(2020/11/18)

紅白に大異変、CD未デビュー歌手選出 ネットでのブレーク無視できず
2020年の『NHK紅白歌合戦』の出場者が発表され、発表時点でCDデビューしていないアーティストが選ばれたことが分かった。チーフプロデューサーも「SNS中心に盛り上がって、活躍は間違いないと思う」と、ネットの影響を認めている。(2020/11/18)

「筋肉体操フェス」に君も出ないか? リモート出演者募集 TeamsでNHKスタジオと接続
NHKの特番「筋肉体操 生放送フェス」が12月12日に放送される。この放送に自宅から“リモート出演”する人を募集中。「筋肉の量に関らず、どなたでも応募できます!」(2020/11/11)

合理的な数字:
ネット事業費「上限200億円」に NHK、変更案を総務省に申請
NHK経営委員会は10日、テレビ番組のインターネット同時配信などについて定めた「ネット活用業務実施基準」について、配信業務にかかる事業費の上限額を「200億円」と定めた変更案を議決した。(2020/11/11)

NHK受信料徴収、ネット利用者見送り検討 総務省が方向性提案
 総務省は9日、NHK受信料の徴収対象として、インターネット視聴者について現時点では見送る方向で検討していることを明らかにした。テレビ番組を放送と同じ時間にネットにも流す「同時配信」などが普及の初期段階にあるためで、同様の理由から全世帯・事業者を受信料の支払い対象とはしないとした。公共放送のあり方について議論する有識者検討会分科会で考え方を示した。(2020/11/9)

「ネット視聴料」徴収への布石か NHK、テレビ設置届け出義務化などを急ぐ理由とは
NHKが受信料確保に向け、テレビ設置の有無を届け出るよう義務付け、個人情報を照会できる制度の導入を求めている。将来的にインターネットでの視聴でも受信料を徴収するという大目標へ向けた布石の一つとの見方もある。(2020/11/9)

NHK、「未来少年コナン」最終話を11月22日に再放送 SNSで相次いだ“録画予約失敗”の声に対応か
NHKがアニメ「未来少年コナン デジタルリマスター版」の最終話を22日午前2時35分に再放送すると発表した。(2020/11/6)

NHK、「未来少年コナン」最終回を21日深夜に再放送へ 予約録画失敗の悲鳴を受けて?
「バカね!」を見られる!(2020/11/6)

前田会長のキャラクター:
「ネット視聴料」徴収への布石か NHK、テレビ設置届け出義務化を急ぐ理由
NHKが、受信料確保のため強硬な案を打ち出している。テレビ設置の有無を届け出るよう義務付け、未契約者らの氏名などの個人情報を照会できる制度の導入を求めるものだ。(2020/11/6)

TBS社長、NHKのTV届け出義務化「国民・視聴者の納得大事」
TBSの佐々木卓社長は28日の定例記者会見で、NHKが実現を求めているテレビ設置の届け出義務化と未契約者らの個人情報照会制度について、「国民・視聴者に十分に理解していただき、納得していただくことが大事だなと思っている」と述べた。(2020/10/28)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
コロナ禍で乾麺・袋麺が“バカ売れ” 伏線は、朝ドラの「まんぷく」にあった
これまでカップ麺に押されていた乾麺・袋麺が、コロナ禍の影響で売れている。在宅勤務の普及などが原因だが、NHK連続テレビ小説「まんぷく」も影響していると筆者は指摘する。その理由は?(2020/10/28)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(33):
音声コミュニケーションを効果的にする「AI字幕」を試してみよう
筆者が主宰する情報化研究会で「感情表現字幕システム」についてNHKテクノロジーズの岡田俊一氏に講演していただいた。AIを使った字幕(AI字幕)は効果的なコミュニケーションの実現に役立ちそうだ。(2020/10/26)

あなたの好きなセーラームーンは? NHKが投票企画 Twitterでトレンド入り
NHKがアニメ「美少女戦士セーラームーン」シリーズの投票企画を始めた。(2020/10/16)

NHK、テレビ設置の届け出義務化を要望 居住者情報との照会も
NHKは10月16日、総務省「放送を巡る諸課題に関する検討会」でテレビ受信設備を設置する際に届け出を義務化するように要望した。合わせて居住者情報との照会も要望している。(2020/10/16)

『岸辺露伴は動かない』がNHKでドラマ化、高橋一生が岸辺露伴に 12月に3夜連続で放送
ビジュアルが実にいいッ!(2020/10/14)

アニメ「SHIROBAKO」NHK Eテレで10月19日から放送開始 ムサニ再来だ!
カーチェイスシーンなどNHK的に心配の声も。(2020/10/9)

中川大志、新型コロナ感染を所属事務所が発表 NHK朝ドラ「なつぞら」夫婦がほぼ時を同じくして感染したことに
6日に広瀬すずさんの感染が発表されています。(2020/10/8)

NHK大河「江」の“浅井家”が復活! 上野樹里、鈴木保奈美&時任三郎との3ショットにファン「胸熱すぎてたまりません」
上野さんと時任さんは「監察医 朝顔」でも親子役!(2020/10/5)

ネット同時配信「NHKプラス」、利用登録100万件を突破
NHKのネット同時配信サービス「NHKプラス」の利用登録が100万件を突破。4月1日からサービスが本格スタートした。(2020/9/28)

成海璃子、一般男性と結婚 仕事は「今後も変わらずに続けていきたい」と明言
2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」にも出演が決定しています。(2020/9/23)

NHK、ネット事業拡大を視野 事業費の上限撤廃案を発表 高市氏は民業圧迫を懸念
NHKが、ネット事業の費用などを定めた基準の改定素案を発表。ネット事業を拡大する方針を打ち出した。現行の基準では、ネット事業の費用を「受信料収入の2.5%以内」と定めているが、これを撤廃する可能性があるという。(2020/9/17)

NHK出版、「異世界ラノベっぽい」と言われた「基礎英語2」をホントにラノベ化 題名は『異世界に転生したら伝説の少女だった件』
タイトルは『異世界に転生したら伝説の少女だった件』。(2020/9/16)

火星探査機に8Kカメラ搭載 間近から高精細で撮影へ JAXAとNHK
宇宙での撮影可能な4K・8KカメラをJAXAとNHKが共同開発へ。「史上初めて間近からの火星および火星衛星の8K撮影に挑む」(2020/9/14)

ネット同時配信拡大、NHKに民放追随も常時化には高い壁
テレビ番組を放送と同じ時間にインターネットでも流す「同時配信」が広がりを見せている。NHKは新サービスで顧客獲得をある程度成功させているが、民放にとっては採算性や著作権などの問題が壁となり常時同時配信は厳しそうだ。(2020/9/10)

ネット同時配信拡大、NHKに民放追随も常時化には高い壁
 テレビ番組を放送と同じ時間にインターネットでも流す「同時配信」が広がりを見せている。3月から試行が始まったNHKの新サービスの申込件数はすでに80万件を突破。10月からは日本テレビが時間帯を限定した同時配信の実験を行う予定だ。ただ、現在約18時間実施しているNHKのような常時化は民放にとって難しい。最大の課題として、識者は著作権などの権利問題を挙げている。(2020/9/9)

“朝鮮人”投稿で物議のNHK「ひろしまタイムライン」が投稿を再開 必要に応じて時代背景の注釈をつけるなどの対応
8月28日〜9月1日に投稿予定だったツイートも公式サイトで公開されています。(2020/9/2)

NHK「ヱヴァ:破」放送でミサト「行きなさいシンジくん!」話題に 11年越しで語られる「言質取った」「忘れるなよ」
無料公開中のニコニコも大盛りあがり。(2020/8/28)

12種類のフォントから選択:
大日本印刷とNHKテクノロジーズ、「感情に合わせてフォントを変える」字幕システム開発 AIで解析
大日本印刷(DNP)はNHKテクノロジーズと共同で、内容や発話者の感情に合わせ、最適な字幕を表示できるシステムを発表した。番組の音声をAI(人工知能)で解析し、感情に応じた12種類のフォントから自動で選んで使用するという。今後は実用化に向け開発を進め、生放送やネット配信での活用、さらに映像編集用ソフトとして展開したいという。(2020/8/25)

感情を表現する字幕、AIが自動生成 DNPとNHKテクノロジーズが試作
AIでテレビ番組の映像と音声を解析し、内容に合ったフォントで字幕を自動生成するシステムを大日本印刷(DNP)とNHKテクノロジーズが開発。クローズドキャプションでの実用化を目指す。(2020/8/24)

NHK「批判は認識している」 戦時下を実況する「ひろしまタイムライン」が原典にない“朝鮮人”投稿で物議
「75年前、戦時中の中学生がTwitterをしていたら?」という企画。(2020/8/21)

耐えられない:
NHKを辞めてユーチューバ―に。起業は「縛られない自由な生き方」なのか
誰もがうらやむ難関企業に就職しても、3年経たずに辞めてしまう学生がいる。こうした選択をどのように考えればいいのか。(2020/8/15)

もし原爆の日にSNSがあったら――NHK広島、実在する日記から当時の様子をTwitterで発信
NHK広島のTwitter企画「1945ひろしまタイムライン」が話題だ。「もし75年前にSNSがあったら」というコンセプトで、1945年に広島で生活していた人がつぶやいていそうな内容を再現したツイートを投稿している。(2020/8/6)

NHK総合で「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズ初放送! 8月26日から3夜連続
NHK総合での放送は初。(2020/7/30)

NHK「クローズアップ現代+」で「ネット通販の闇」特集 怪しい商品の物流拠点に潜入取材も
「不良品マスク」が届くといったネット通販の問題に迫ります。(2020/7/10)

NHK受信料、6年ぶり減収 消費増税など影響
 NHKは23日、令和元年度の決算を発表した。受信料収入は7115億円(前年度比6億円減)で、6年ぶりの減収。「消費増税による実質値下げや学生への免除などの負担軽減策に伴うもので、新型コロナウイルスの影響はない」という。受信料の支払い率は82.8%で過去最高となった。(2020/6/24)

NHK契約数が大幅減 新型コロナで事業所の解約申し出多数
NHKは、2020年度5月末の放送受信契約総数が、元年度末の4212万件から8万5000件減少したと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で事業所の解約が増えているという。(2020/6/15)

NHK契約数が大幅減、理由は?
NHKは11日、令和2年度5月末の放送受信契約総数が、元年度末の4212万件から8万5千件減少したと発表した。前田晃伸(てるのぶ)会長は11日の記者会見で……。(2020/6/11)

宮崎駿企画・宮崎吾朗監督の長編アニメ「アーヤと魔女」、NHKで今冬放送
ジブリ初の全編3DCG、鈴木敏夫P「コロナ後でも乗り越えられる作品」。(2020/6/3)

「NHKスタジオパーク」5月での閉館発表 6月の再開目指すも新型コロナの影響で早期閉館決断
「親子で大好きな場所です」など、惜しむ声続々。(2020/5/24)

東出昌大、NHK BS8Kのドラマ「スパイの妻」に出演 ドラマ出演は騒動後初
憲兵役を演じます。(2020/5/21)

PayPay、NHKの放送受信料が支払い可能に
PayPayは、5月15日に日本放送協会(NHK)の「PayPay請求書払い」に対応。請求書に記載されたバーコードをアプリで読み取り、その場で支払えるようになる。(2020/5/14)

NHK、テレワークでドラマ制作 5月上旬に3作品放送
NHKが、打ち合わせから本番収録までスタッフが直接対面せずにドラマを制作。5月上旬に放送する。(2020/4/28)

NHK、テレビ初をうたう“テレワークドラマ”を5月上旬に3夜放送へ
「今だから、新作ドラマ作ってみました」。スピード感ある。(2020/4/27)

浅草氏の思いが現実に? アニメ「未来少年コナン」5月からNHK日曜深夜枠で放送
「キングダム」の放送延期で。(2020/4/27)

これはおうち時間が捗る! NHK-FMで「今日は一日“バンドリ!”三昧」4月29日放送
MCに愛美さん、伊藤彩沙さん、前島亜美さんら出演、8時間30分の長丁場。(2020/4/16)

NHKプラス、3月の登録は33万件
NHKは、4月1日に本格展開を始めたネット同時配信サービス「NHKプラス」の利用登録が、試行期間の3月中に33万件を超えたと明らかにした。(2020/4/6)

NHK技研、裸眼立体視でフルHD相当のテレビを開発
NHK放送技術研究所は、特殊なメガネを用いずに視聴できる、ハイビジョン解像度相当(約200万画素)の3次元映像を表示するシステム「アクティナビジョン」を開発した。(2020/3/27)

やはり来たか! 「全エヴァンゲリオン大投票」NHKで放送決定、新劇場版3作はBS4Kで
「歴史秘話エヴァンゲリオンヒストリア」も放送。(2020/3/27)

時代考証担当の研究者が解説:
NHK大河「麒麟がくる」でも登場 織田信長の意外な真骨頂、“情報戦”と“危機回避能力”とは
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」でも登場した織田信長。戦国の英雄の真骨頂は、ちょっと意外な“情報戦”と“危機回避能力”だとか。戦国時代史研究の第一人者が解説。(2020/3/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。