ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「大河ドラマ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「大河ドラマ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「アベンジャーズ/エンドゲーム」超ヒット マーベルだけがなぜユニバース化に成功したのか
歴代2位の大ヒットとなった「アベンジャーズ/エンドゲーム」の仕組みを分析してみた。(2019/5/21)

「きのう何食べた?」ついに登場した磯村勇斗ジルベール 針ネズミTシャツの衝撃、絶妙にいやらしい西島秀俊の笑顔
マズい、それはマズい! 何がマズいって、小日向さんは割と俺のタイプなんだ!(西島秀俊の心の声絶妙)。(2019/5/17)

福山雅治「集団左遷!!」 気になる2つのポイント「中村アンの靴」「笑点メンバーを出す意味」
最近のドラマにしては女性の登場がちょっと少ない。「頑張る」の連発もすごい。(2019/5/5)

こっそり嫁いびりをする姑、キレて道ばたで絶叫する嫁「あなたの番です」3話 人間関係が地獄絵図
メンチカツメンチカツメンチカツメンチカツメンチカツメンチカツメンチカツメンチカツメンチカツ……。(2019/5/5)

キンプリ永瀬廉&なにわ男子道枝駿佑が好演「俺のスカート、どこ行った?」 ブラック部活問題を描いた2話にグッとくる
古田新太のズラが取れるのは大きな伏線なんだろうか。(2019/5/4)

アベンジャーズ初心者がいきなり「インフィニティ・ウォー」を見たらこうなった漫画
「エンドゲーム」公開&「アベンジャーズ」「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」2週連続地上波放映記念に見てみました。(2019/4/27)

「懐かしいあの人やこの人」 三國連太郎の七回忌に西田敏行、北大路欣也、三田佳子、岩下志麻ら名俳優が集う
三田さん「多くの作品で三國さんのオーラを体感してきた」。(2019/4/23)

あまりにもハンサム! 草刈正雄、約50年前の“レアショット”が10代とは思えない色男
ハンサムを極めてる。(2019/4/14)

お待たせしました! 「きのう何食べた?」小日向さんとジルベールのキャスト発表でご飯どころじゃない
ついに!(2019/4/3)

「過去作の封印は過剰反応」相次ぐ自粛にクリエイターも苦言 ピエール瀧容疑者逮捕の余波
ピエール瀧容疑者の逮捕の余波が広がっている。相次ぐ自粛を受け、映画監督など作品をつくるクリエイターからも「過去作まで封印するようになるのは過剰反応だと思う」など批判の声が上がった。(2019/3/14)

大河ドラマにアナ雪2、CMも多数……ピエール瀧容疑者、損害賠償「100億円規模」か
麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたピエール瀧容疑者は、テクノバンド「電気グルーヴ」の活動に加え、俳優として数々の映画やドラマに出演、CMにも登場していた。今後公開を控える作品も多く、半端ない損害賠償が発生することは間違いない。(2019/3/14)

「いだてん」公式サイトからピエール瀧容疑者の写真が削除 NHK「逮捕を受けて」「対応は検討中」
主人公にランニング用の足袋を提供する役柄で出演。(2019/3/13)

「何してんの!?」「大馬鹿野郎!!」 麻薬取締法違反容疑で逮捕のピエール瀧容疑者、最後のインスタ投稿に失望の声
ツアーで訪れていた岡山県での投稿が最後。(2019/3/13)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
AI導入はPDCAから“DGWA”サイクルへ
ビジネスの現場でよく聞く「PDCA」の4文字。AI導入においてはPDCAより適切な「DGWA」という新しい概念を提唱したいと思います。(2019/2/26)

世界を読み解くニュース・サロン:
テレビの「CMまたぎ」がなくなる日 “減らして効果を上げる”奇策とは
広告収入減少に危機感を抱くテレビ業界。米NBCがCMの全体量を減らす“奇策”を打ち出した。より効果的なCMの流し方を模索する動きが活発になっており、日本のテレビCMの形式も変わるかもしれない。(2019/2/21)

「どんど晴れ」から12年! 比嘉愛未、広瀬すずが撮影した“謎のマダム”姿で久々の朝ドラに「ただいま」
美しい。(2019/2/13)

「角野卓造じゃねーか!」 近藤春菜、水川あさみへ“ラーメン”を差し入れしてファンからツッコミ続出
壮大なツッコミ待ちの可能性があるぞ。(2019/2/10)

「交友関係広すぎ」 きゃりーぱみゅぱみゅ、26歳の誕生会に綾野剛、川谷絵音、岡村靖幸ら豪華メンバーが集結!
とんでもないぜ。(2019/2/8)

35匹の猫ちゃんがスクリーンいっぱい! 映画「ねことじいちゃん」の猫だらけ場面写真が公開
あっちもこっちも猫まみれ。(2019/2/7)

「大人になる→改名」「出世する→改名」「出家→改名」 昔の人はどうしてコロコロ名前を変えたのか
現代では改名なんて大変なのに。(2019/2/4)

「大河出演の方がたくさん」 海老蔵ファミリー、横綱白鳳、阿部サダヲらの“節分ショット”が福を呼びそうな豪華メンバー
長女の麗禾ちゃんが珍しく顔出し。(2019/2/3)

俳優の矢本悠馬、直筆のメッセージで結婚報告 妻の妊娠も明かす
矢本さん「大切な家族がひとりふえる事になります」。(2019/1/27)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「いい加減にしてよアグネス」から30年 “子連れ出勤”論争に根付く3歳児神話の呪縛
30年前のアグネス論争がきっかけで生まれた言葉「子連れ出勤」。いまだに政治家が「3歳児神話」を持ち出し、批判されている。まだまだ子連れ出勤には課題がある。難しい問題だが、神話ではなく「ケア」の考え方が必要だ。(2019/1/25)

内田恭子の「日常で触れたプロフェッショナル」:
ネオ・デジタルネイティブ世代との付き合い方
平成生まれのわが子たちは「デジタルネイティブ世代」だと思っていたら、実はその先を行く「ネオ・デジタルネイティブ世代」だそうです。そんな彼らを日々見ながら、いろいろと感じることがありました。(2019/1/12)

大河「いだてん」ロゴは気持ち悪い? “パクリ疑惑”が誤解である理由
紀元前からある。(2019/1/12)

平均年齢20.6歳! 川栄李奈、飯豊まりえ、大原優乃ら次世代の芸能界引っ張る10人が晴れ着姿披露 
大変フレッシュな面々。(2019/1/10)

アイドルから大変身! 橋本愛、新年に華を添える「いだてん」遊女姿がゾクゾクする美しさ
たまらん。(2019/1/10)

トヨタの顔:
「白いセンチュリー」がSNSで大きな話題 箱根駅伝をイメージ戦略の観点で見る
新年早々、SNSで大きな話題を呼んだ自動車がある。箱根駅伝に、大会本部車として運用されたトヨタ自動車提供の「白いセンチュリー」である。(2019/1/10)

ナマカがいっぱい! 香取慎吾、出演ミュージカルの“思い出写真集”に山本耕史、須賀健太、ウド鈴木ら
みんないい笑顔。(2018/12/29)

【マンガ】「ミシンを日本で初めて使ったのは篤姫」って本当?
大河ドラマの主人公にもなったあの人物。(2018/12/31)

「教頭だー!!」 上地雄輔、「ごくせん」で共演した生瀬勝久と“16年半”ぶりの再会でファンの青春を呼び起こす
白金学院よ、再び。(2018/12/14)

水川あさみ&永野芽郁の2ショットに“隠れ春菜”? 水川「春菜も居たけど、春菜はいいや」
はしっこになにか見える。(2018/12/5)

PR:手塚治虫の全400冊が3日間限定で無料読み放題! 全部読み切れるわけがないのでオススメ作品を選んでみた
人間が72時間で400冊読み切ろうなんておこがましいとは思わんかね……。(2018/11/2)

「やっと行けた」 GACKT、“父”緒形拳の墓参りへ 線香の煙に思いを託す
2018年10月5日で没後10年を迎えた緒形さん。(2018/10/28)

「早いもんだ。会いたい」「父さんまだまだ頑張りますよ」 GACKT、“父”緒形拳の没後10年で胸中明かす
もう10年かぁ。(2018/10/6)

新たな東京喰種の「一肉片」 映画「東京喰種」続編、2019年公開へ
トレ!!! ビアンッ!!(2018/9/22)

「何時代にいてもかっこいい」 松田翔太、ちょんまげ&軍服姿の“ひー様”スタイルで誕生日を報告
イケメンはいつの時もイケメン。(2018/9/11)

傑作特撮「電光超人グリッドマン」Amazonプライムビデオで配信開始! ……も、最終話だけ中国の大河ドラマになるバグ発生
現在は修正しています。(2018/9/4)

違和感どこいった! タモリ、グラサン姿の徳川家康が時代を超越したハマり役
タモリさん「(当時も)こんな人いたんじゃないですかね」。(2018/9/4)

「最強に顔の偏差値高い女子会」 北川景子の誕生日に“全員美女”な元セーラー戦士が集結!
美少女から美女になった5人。(2018/8/29)

「ステキなNAKAMAですね」 香取慎吾の新ショップにキャイ〜ン、山本耕史、椎名林檎ら豪華メンバーが来訪
いい笑顔!(2018/8/25)

「ラブラブなふたりが大好き!」 DAIGO、北川景子の誕生日を“篤姫プレート”で祝福
贈り物のセンス良い。(2018/8/23)

「毒饅頭」が熱海温泉で発売ってどういうこと? → ドクはドクでもドクダミのドクだった
ドクダミには解毒作用があるとされており、むしろ無害。(2018/8/8)

男前なのバレちゃった! ムロツヨシ、スキンヘッド姿で“市川海老蔵似”のイケメンに変身する
二重幅スゴい。(2018/7/7)

“国民的美少女”高橋ひかる、国民的魔法美少女になる 7月スタートのドラマ「高嶺の花」でコスプレJK
女優がエヴァ初号機のコスをしたドラマもあったな。(2018/6/23)

これ大河ドラマですよ! 小栗旬&鈴木亮平、龍馬と西郷の“W変態仮面”ポーズを実現してしまう
2人をつなげる変態仮面。(2018/6/15)

これからのAIの話をしよう(言語編・後編):
AIコピーライターの衝撃 広告代理店は今後どうなる?
人工知能はセミプロクリエイターを駆逐するか? AIコピーライター開発者と雑誌編集者による、「言葉」をめぐる異色対談。(2018/6/4)

立てば芍薬顔は悪魔 菜々緒、ドラマ「Missデビル」で見せたウエディングドレス姿がゾクっとくる美しさ
命の契約とか結ばされそう。(2018/5/18)

柴咲コウが髪バッサリ! “おんな城主”を思い出す姿に「直虎さま…!!」「直虎復活した感じ」
きれいだしかっこいいし。(2018/5/9)

「ウルトラマンオーブ」石黒英雄、所属事務所を円満退所 「新たな挑戦もしていきたい」
SNSや芸名は変わらないとのこと。(2018/5/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。