ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「大河ドラマ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「大河ドラマ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「ついに大河デビュー!」 「鎌倉殿の13人」、山谷花純が大河ドラマ初出演で源頼家の妻・若狭局に
「嬉しくてたまらんです!!」とファンも喜び。(2022/5/4)

金沢「利家御膳」(1300円):
北陸新幹線開業から7年! “かがやき”増す、金沢の名物駅弁とは? 金沢駅弁・大友楼
長野〜金沢間開業7周年の北陸新幹線。開業フィーバーは一息つきましたが街の魅力は変わりませんね。今回は、明治の金沢駅開業時から営業を続ける金沢駅弁の魅力をお届けします。(2022/5/3)

男女500人に調査:
「20代で演技力が高いと思う俳優」ランキング 1位は「菅田将暉」、上位はどんな顔ぶれ?
gooランキングは、ドラマや映画で活躍する20代の俳優をテーマに「演技力が高いと思うのはどの俳優か」について調査した。演技力が高い20代俳優1位は「菅田将暉」だった。(2022/4/26)

NHK、「鎌倉殿の13人」合戦シーンにカメラマンが映り込み謝罪 再放送では修正して放送
視聴者もよく見つけたな。(2022/3/18)

市原隼人、大河「鎌倉殿の13人」で演じる八田知家の墓参りへ 掃除する姿に「本当に尊敬」「素晴らしい志」
真面目な人柄が伝わってくる。(2022/3/16)

俳優・声優の井上倫宏さん63歳で死去 「コードギアス」シュナイゼルなどの名演に“残念すぎる”と惜しむ声
ご冥福をお祈りいたします。。(2022/3/7)

九尾の狐伝説の「殺生石」が真っ二つに割れる 「不吉の前兆か」「むしろ力が弱まった」
自然に割れた?(2022/3/6)

Z世代に支持されているタレント、女性1位は新垣結衣 男性の1位は?
「Z世代(10〜20代前半)に支持されている男性タレント&女性タレントランキングTOP10!」。その結果、男性タレント1位は千鳥、女性タレント1位は新垣結衣だった。(2022/3/5)

「鎌倉殿の13人」菅田将暉の“残忍すぎる義経”に視聴者が戦慄 「怖っ…」「いつもの悲劇のヒーローじゃない」
無邪気さと残忍さを併せ持っている義経を熱演。(2022/2/28)

市川染五郎&松田美瑠、松本幸四郎ファミリーの“美形兄妹”が話題に 「美しい家族」「大人っぽくてビックリ」
美しい子どもたちと、男梅になった松本さん。(2022/2/14)

「双子か!」「同じ顔してます」 中村獅童、4歳息子・陽喜との“顔まね”ショットがシンクロ率120%
陽喜くんかわいすぎるな。(2022/2/8)

神戸「柿の葉寿司」(1200円):
福知山線の小さな駅・生瀬で、なぜ「駅弁」が成立したのか 神戸駅弁・淡路屋
かつて時刻表の一部駅に記されていた「弁」マーク。兵庫県の福知山線・生瀬駅もその1つでした。これはどんな意味だったのでしょうか?(2022/2/6)

おばたのお兄さん、小栗旬の「サービス精神おばけ」ぶりに感服 NHK番組でまさかの“逆ものまね”披露
おばたさん「小栗さんに生かされているようなものだ」(2022/1/17)

ワンセグ非搭載のスマホでテレビを見るには? 外付けチューナーと視聴アプリを紹介
かつて国内メーカーでは多くのスマホがワンセグを搭載していたが、2021年に発売されたスマートフォンではどの端末も搭載しなかった「ワンセグ」。では今、スマホでテレビを見たいときはどんな手段があるのか。「外付けテレビチューナー」「番組視聴アプリ」の2つを調べた。(2022/1/17)

スピン経済の歩き方:
会社のトップが大好きな「戦国武将に学べ」が、パワハラ文化をつくったと感じるワケ
NHKの大河ドラマ『鎌倉殿の13人』がスタートした。SNS上で「おもしろい」と話題になっているが、時代劇の中でも「戦国武将」に目がない人たちがいる。経営者だ。筆者の窪田氏は「武将に学べ系コンテンツ」と「パワハラ」に微妙な関係があると見ていて……。(2022/1/11)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
世界初! 道路も線路も走る「DMV」が登場して、何が変わろうとしているのか
2021年12月25日、徳島県と高知県を結ぶ「阿佐海岸鉄道」で、鉄道と道路を直通できるDMV(デュアル・モード・ビークル)の運行が開始された。旅客用としては世界初の実用化で、国内外から多くの乗りもの好きが訪れるだろう。しかし観光地になるためには、まだまだやるべきこともたくさんあると感じた。(2022/1/7)

後藤久美子の25歳娘が俳優デビュー 親子で協力しあい撮影迎える「母もセリフを覚えるのを手伝ってくれて」
日本語のレッスンもしっかり受けたとのこと。(2021/12/17)

元乃木坂46・若月佑美、俳優・玉置玲央との結婚を報告 「互いにとてもよく似た生き方をしている」「家族として一生の味方になれたら」
おめでとうございます!(2021/12/10)

「美賀君に会えました」大島優子、川栄李奈との2ショットを披露 大河ドラマ共演にファン「すごくないか?」
大島さんはAKB48の2期生、川栄さんは11期生。(2021/12/7)

橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
まさにお千代さん……!(2021/11/29)

「テセウスの船」で“怪演”注目 大人を惑わす演技力の柴崎楓雅、「全部が初めての年」な13歳の素顔とは
次の出演作も楽しみ。(2021/11/29)

「ミックスだからと諦めていた」 秋元才加、時代劇への連続出演に感無量 「もっと観たいし、経験したい」
日本人の父と、フィリピン人の母の間で生まれ育った秋元さん。(2021/11/19)

「青天を衝く猫w」「諦めずにとろうとするとこまじ好き」 大河ドラマOPで“鳥狩り”する猫ちゃんが面白かわいい
最後まで諦めない猫ちゃんです。(2021/11/14)

老舗駅弁店による冷凍駅弁開発&掛け紙復刻&クラウドファンディング、その斬新性とは? 静岡駅弁・東海軒の挑戦
コロナ禍で変わった、2021年の駅弁トレンドが「冷凍駅弁」。危機的な苦境を乗り切るために老舗駅弁店の東海軒が挑んだ「今までにない形」の冷凍駅弁とは……!(2021/11/13)

本郷奏多、「カムカムエヴリバディ」で朝ドラ初出演 男社会になじめない若き大部屋俳優役に
ヒロイン役の川栄李奈さんをかき乱す場面も。(2021/11/4)

芸能界入りたった1年で「リュウソウジャー」主役の一ノ瀬颯 ヒーローが抱え続けた“コンプレックス”
大河、月9への出演と怒涛のスピードで芸能界を突き進む一ノ瀬さん。(2021/10/14)

「ドラゴン桜」生徒役俳優3人が「今まで出演した作品で思い出深いもの」とは デビュー作から大河、「チア☆ダン」まで
3者3様の演技への思い。(2021/9/30)

人生最大の挫折からスカウトで芸能界入り 結木滉星にとって役者が“生きがい”に変わった瞬間とは
FOD最新作「エロい彼氏が私を魅わす」では、エリート婚約者役を熱演。(2021/9/25)

「次の作品のために前髪を切りました」柴咲コウ、役作りでパッツン前髪に 「美しい〜」「可愛すぎます」とファン絶賛
直虎を演じたときも前髪を切りそろえていた柴咲さん。(2021/9/16)

「プロミス・シンデレラ」さくら役・畑芽育、中学時代に大きな決断 19歳で芸歴18年、元子役が語る“辞めたかった時期”
大河への出演も決定。(2021/9/14)

香取慎吾“慎吾ママ”&草なぎ剛“徳川慶喜”、事前告知なくEテレでコラボ 「朝からビックリ!!」「シュールな世界!!」と大反響
最初から最後まで面白すぎた。(2021/9/13)

話題の教育番組「ワルイコあつまれ」は来週で終わり? NHKに聞いた“予告なし”の理由
NHK Eテレ(教育)は13日、稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんが出演する新番組「ワルイコあつまれ」を放送した。番組の宣伝や事前の予告は一切なしで朝のお茶の間を驚かせた。(2021/9/13)

「ドラゴン桜」ヤンキー役で注目 西山潤「辞めたいと思うこと、何回もありました」 同期の活躍、悔やむ日々語る
「ドラゴン桜」で演じた小橋役が注目を集めました。(2021/9/2)

岡田健史、係争中の所属事務所と和解、約1年半後の退所へ 感謝の思いつづるもインスタ投稿は“ほぼ全削除”
新たな人生の一歩を踏みだした岡田さん。(2021/9/1)

【長田悠幸×町田一八インタビュー】:
ロックバンド漫画の新たな金字塔『シオリエクスペリエンス』の“圧倒的”音楽表現はどのようにして生み出されたのか
原作者の町田一八さんと、作画の長田悠幸さんの2人に制作の裏側を聞きました。(2021/8/25)

辻萬長さん、腎盂がんのため77歳で逝去 「鎌倉殿の13人」降板から間もない訃報に「大先輩の遺された功績に心より敬意」
ご冥福をお祈りします。(2021/8/23)

“PC”あるいは“Personal Computer”と呼ばれるもの、その変遷を辿る:
PCのスケーラビリティを決定付けた超重要コンポーネント、地味にスゴイ「APIC」の登場
PCを形作っている要素を辿っていくPC大河ドラマも10回目。今回は地味だけど、現代のPCには大きく貢献していうものだ。(2021/8/13)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
有機ELか、液晶か ―― 五輪直前に迷いに迷ったテレビの買い替え
持っている情報だけではなく、実物を見て判断することが大切だと思い知らされた。(2021/8/11)

“良くも悪くも舞台芝居”――高石あかり、初W主演映画「ベイビーわるきゅーれ」で一皮むけた理由
映画「ベイビーわるきゅーれ」で初主演を務めます。(2021/7/29)

BCP:
群馬・吾妻郡がパナソニックと実現した低コストの“防災対策リニューアル”、現地見学会レポート
世界的な気候変動の影響により、このところ日本各地で、豪雨や台風による自然災害が頻発している。そのため、避難所の拡充などの防災対策には、各自治体でも重点施策の一つと目されている。一方でメーカーサイドでもソリューション開発には余念が無く、とくにパナソニックでは、パナソニック ライフソリューションズ社を中心に太陽光パネルと蓄電池、LPガスを組み合わせ、非常時でも効率的にエネルギーを提供できるシステムを地方自治体向けに提案している。その一例として、群馬県吾妻郡での公共施設リニューアルの実例を現地レポートとしてお届けする。(2021/7/26)

世界初の取り組み:
ANA発スタートアップ、アバターロボを使った「瞬間移動」サービス 今秋に開始
ANAホールディングス発のスタートアップが、瞬間移動サービスのベータ版を今秋から提供すると発表した。同社によると世界初となる瞬間移動サービス。どういう仕組みなのだろうか?(2021/7/16)

ドラマ「ドラゴン桜」“不良コンビ”岩井と小橋の東大専科参戦に喜びの声 「待ってました!」「一番うれしいシーンだった」
2人の努力も報われてほしい。(2021/6/15)

スピン経済の歩き方:
ネットフリックス通販参入が、「日本のコンテンツ産業衰退」を早めるワケ
米ネットフリックスがECサイト「Netflix.shop」をスタートした。身近な話ではないので、「それが何か?」と思われたかもしれないが、筆者の窪田氏はこのことによって「日本のコンテンツ産業が衰退するのではないか」と予測する。どういう意味かというと……。(2021/6/16)

ガッキー結婚のインパクトよ 「逃げるは恥だが役に立つ」、dTVでの視聴回数が約15倍に爆増
本当に結婚したメインキャスト2人。(2021/6/11)

吉沢亮&橋本愛、“レア”な洋服での2ショットに「栄一と千代 令和にタイムスリップ」 大河本編では離ればなれの夫婦役
ちょこっと久しぶりの渋沢夫妻。(2021/5/28)

ビジネス漫画のヒット術:
『ヤングジャンプ』編集者に聞く、スタートアップ漫画『スタンドUPスタート』ヒットの舞台裏
『週刊ヤングジャンプ』に連載中の『スタンドUPスタート』は、生きづらさを感じている人たちが「スタートアップ(を起業)しよう!」と主人公から誘われ、起業を通して自由な生き方を獲得していく漫画で、スタートアップをテーマにした点で注目を集めている。集英社の『週刊ヤングジャンプ』副編集長の春日井宏住氏と担当編集の塚本剛平氏などにヒットの舞台裏を聞いた。(2021/4/29)

野々村真の長女・香音、20歳バースデーの初ワインは「なんだか大人な味」 家族に贈られたのは同い年の「シャトー・カノン」
なんて粋なプレゼント!(2021/4/21)

G.G佐藤、始球式で「世紀の落球」を思い出す“ポロリ”演出 「自分が持っているものを全部出せました」
現在は実父の会社で副社長を担い着実にキャリアアップ。(2021/4/15)

信長も欲するぬいぐるみ? 伝説の茶釜「平蜘蛛ぬいぐるみ」が人気のあまり完売 再販も予定
松永久秀の平蜘蛛がぬいぐるみに。(2021/4/11)

「普通」の受け皿をなくさないために:
企業も社長も「長寿」な日本 見て見ぬフリでは済まない「事業承継」のポイントとは?
中小企業が多いことで知られる日本だが、実は「長寿」企業も多い。社長の高齢化も進む中、事業承継が大きな課題となりつつあるが、ポイントはどこにあるのか。(2021/3/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。