ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「筋肉」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「筋肉」に関する情報が集まったページです。

栗子は裏切らない! 国民的筋肉俳優、中国美女ロン・モンロウに魅了される姿が話題に
笑顔がキラッキラだった。(2019/2/15)

DMS2019:
初期費用の安さがウリ、東京理科大発ベンチャーの「マッスルスーツ」
イノフィスは、「第1回 工場設備・備品展」(2019年2月6〜8日、東京都江東区・東京ビッグサイト)で、動作補助設備「マッスルスーツ」を展示した。イノフィスは2013年に設立された東京理科大学発のベンチャー企業で、現在は介護福祉用途での動作補助器具『マッスルスーツ』を開発、販売している。(2019/2/13)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(50):
エンジニアのキャリアアップに「複業」をオススメする理由
将来の「キャリア」にモヤモヤすることはありませんか。もし、「仕事をそつなくこなせるようにはなったけれど、これから何をすればいいのだろう?」と悩んでいたら、複業してみるといいかもしれません。(2019/2/13)

設計開発ツール:
トヨタの仮想人体モデルに新バージョン、姿勢変化と骨や内臓の障害を同時解析
トヨタ自動車は2019年2月8日、衝突事故発生時の乗員や歩行者を再現するバーチャル人体モデル「THUMS」を改良し、バージョン6として発売したと発表した。最新バージョンでは、乗員の姿勢変化と、衝突時の骨や内臓の傷害を同時に解析することが可能になった。JSOLと日本イーエスアイを通じて販売する。(2019/2/12)

実写映画「アラジン」、ウィル・スミス演じる「ジーニー」の姿が話題に 「完全に主役を食うつもり」「筋肉で物事叶えてくれそう」
こんなん絶対見たくなる。(2019/2/11)

「カズさん、流石の肉体!」 三浦知良、現役最年長51歳のキングボディーが圧巻の仕上がり
尊敬しかない。(2019/2/10)

パナソニック 技術セミナー:
「自動化」の次に見据える提供価値は? パナソニックのロボティクスビジョン
「自動化(Automation)」によるモノづくり現場の革新に注力してきたパナソニックが、これまでとは異なる方向性のロボット開発を目指し、共創型イノベーション拠点「Robotics Hub」を開設した。その狙いと“自動化”の次に見据えるパナソニックのロボティクスビジョンとはどのようなものか。(2019/2/8)

人ってここまで変わるのか 金子賢、20年間の“筋肉ビフォーアフター”が超劇的!
なんということでしょう。(2019/2/7)

脱いだら別人……! 竹内涼真、進化が止まらない“肉体美”に「アスリート並みの身体」とファン驚き
こんな身体を隠し持っていたのか。(2019/2/5)

安室透に励ましてもらい、自動車免許をとった話
わたしが安室さんにしてあげられることはなんだろう?(2019/2/3)

通勤中にスーツで発電 スマホを充電、AOKIなど試作
理化学研究所は紳士服のAOKIなどと共同で、柔らかい素材でできている太陽電池を貼り付けた「発電スーツ」を試作したと発表した。スマートフォンの充電や災害時の非常電源として使えるほか、着ている人の脈拍をモニタリングするなどの電子機能を持った衣服の電源に活用できると期待される。(2019/2/1)

これまでの70代との違いは:
70代は消費活性化の鍵? 三菱総研、主席研究部長に聞く
70代は消費活性化の鍵?三菱総合研究所主席研究部長・佐野紳也さんに聞く。(2019/2/1)

「年齢のサバを読む」っていうけど、どうして「サバ」なの?
「イワシを読む」じゃだめかしら。(2019/1/31)

3分の1が55歳以上:
ゼネコン各社、建設現場でのロボット化急ぐ 若者確保につながるか
建設業界ではロボットを活用した省人化や、人工知能(AI)の導入による作業効率の向上が喫緊の課題となっている。技能労働者の数がピーク時の平成9年に比べ約7割の水準まで減少するなど、担い手不足の問題が深刻化しているからだ。ゼネコン各社は、若年層が業界に入職しやすい環境づくりに力を入れる。カギを握るのが、ロボットの活用による職人の負担を軽減する取り組みだ。(2019/1/30)

ITmediaエンタープライズセキュリティセミナー:
ダークウェブサイト「Silk Road」運営者逮捕の理由から学ぶOPSECのヒント
サイバー犯罪事件のニュースからOPSEC(運用上のセキュリティ)のヒントを得るにはどうすればいいのか。Planetway Japanの竹田氏が「ダークウェブ」の実態や、現在はテイクダウンされたダークウェブサイト「Silk Road」の捕り物劇を紹介しながら、OPSECのポイントを考察した。(2019/1/30)

「どっちも男みたいでしょ」 和田アキ子、妻夫木聡とジムで仲良く筋トレ2ショット 笑顔が完全に乙女!
これは乙女。(2019/1/28)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
新型アクセラの驚愕すべき出来
マツダの新型Mazda3(アクセラ)に試乗した。ドアを開けて座った瞬間、そのただならぬシートに驚く。走り出してボディの硬さにびっくりする。前代未聞の感覚だった。もちろんプラスの意味である。(2019/1/28)

見えない力が働いている……? 柵を超えたヤギたちが次々と硬直する不思議な現象
まるで足が棒のように真っすぐに!(2019/1/26)

タニタ、初音ミクとコラボした「ボイス体組成計」や「歩数計」を発売 Twitterでのやり取りをきっかけに実現
かわいいコラボ全3モデルが商品化されました。(2019/1/25)

オートモーティブワールド2019:
ステアリングを持っているか筋肉振動で検知、125℃対応のフィルムコンデンサーも
村田製作所は、「第11回 国際カーエレクトロニクス技術展」(2019年1月16〜18日、東京ビッグサイト)において、ドライバーがステアリングを握っているかどうかなどを検知する圧電セラミックセンサーや、125℃まで動作保証の車載用高耐熱フィルムコンデンサーを展示した。(2019/1/24)

Switch「Fit Boxing(フィットボクシング)」が異例の“ジワ売れ”、「想像以上にキッツイ」と人気広がる
「早見沙織さんや中村悠一さんに鍛えてもらえる」という動機で購入する人も。発売元のイマジニアに取材しました。(2019/1/25)

オートモーティブ ワールド2019:
次世代HMI、平らでシームレスなインパネを実現
村田製作所は、「オートモーティブ ワールド2019」で、次世代HMI(Human Machine Interface)やたわみセンサーなどを用いたインパネおよび、ステアリングを参考展示した。(2019/1/22)

矢野経済研究所:
2025年パワー半導体世界市場、2017年の約1.7倍に相当する299億2000万ドルに
矢野経済研究所は、パワー半導体の世界市場に関する調査結果の概要を発表。市場概況や採用動向、個別メーカーの事業戦略を明らかにし、2025年までの世界市場規模を予測した。(2019/1/22)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
あのCEOは今/MIPS ISAのオープン化とその前途/IIoTは難しい……GEの苦悩
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウォッチする連載。相次ぐCEOの辞任が目立った2018年だが彼らのその後はどうなったのか? またWave Computingが発表した「MIPS Open Initiative」の今後も気になるところだ。そして、“身売り”がうわさされていたGEによるGE Digitalの分社化とServiceMaxの売却――。2018年を締めくくるこれら3つのトピックを順に紹介しよう。(2019/1/21)

センター試験の英語リスニング第1問のイラストがユニーク過ぎて話題に 「いきなり笑わせに来るな」
そして二次創作合戦へ。(2019/1/20)

筋肉ムキムキなオッサン冒険者は実は…… ギャップ萌え漫画に「オッサンがかわいすぎる」の声続出
その肉体は飾りでしかないと……!?(2019/1/18)

今後の事業の展望は?:
有休使ってメダリスト活動 元陸上選手、朝原宣治さん
五輪に4大会連続で出場し、2008年北京五輪男子400メートルリレーでは銀メダルに輝いた朝原宣治さん(46)は現役引退後、大阪ガスの近畿圏部に所属し、同社の社会貢献活動を担う業務などに従事している。「サラリーマン生活は面白いですよ」と語る陸上短距離界の「レジェンド」に今後の事業の展望などを聞いた。(聞き手・林佳代子)(2019/1/17)

第5回 ウェアラブルEXPO:
喉に貼るだけ、“いびき解消”小型デバイス 振動与えて「気道を広げる」
喉に貼るだけで、いびきを軽減する小型デバイスが、第5回ウェアラブルEXPOで展示されている。(2019/1/16)

見るプロテイン? 女子高生が肉体改造するコメディー漫画『ダンベル何キロ持てる?』がアニメ化決定!
女子高生が筋トレに挑む漫画が原作。(2019/1/16)

水曜インタビュー劇場(開発公演):
ラグビー部の秘密兵器になるか? ヤマハのバイクを使った「スクラムマシン」
ラグビー「ヤマハ発動機ジュビロ」の練習場に、ユニークなマシンが登場した。地面に固定された「スクラムマシン」である。一般的なマシンは動かすことができるので、どこで購入したのかを聞いたところ、自社でつくったという。プロジェクト担当者に話を聞いたところ、意外な事実が分かってきて……。(2019/1/16)

筋肉体操より難しい? 武田真治が指南する「女性向け筋トレ」がウルトラCの超難度
先生、自叙伝持ってません。(2019/1/15)

「みんなで筋肉体操」のLINEスタンプ発売 「自分に甘えない」「あと5秒しかできません!」など印象的なセリフを網羅
意外と使いやすいかも。(2019/1/9)

「惚れ惚れ」「努力の賜物」 藤田ニコル、2019年初の肉体美を披露して注目集める
さらに高みを目指す藤田さん。(2019/1/9)

「ムキムキやん」「脱いだらすごい」 TKO木下、“デブ卒業”の筋肉質ボディーでイメージを覆す
めちゃくちゃ強そうになった。(2019/1/9)

どんな汚れも落としそう! 筋肉男子による“マッスル洗浄ドキュメント”番組「THE WASHMEN」が幕を開ける
筋肉は裏切らない。(2019/1/8)

第69回NHK紅白歌合戦特集:
ジャニーズ写真解禁に「時代が変わった」 初取材の記者が、リハーサル画像と振り返るNHK紅白歌合戦2018
初めての取材、右も左も分からない……!(2019/1/6)

「本気のカラダ」「完全にナミプロポーション」 “リアルナミ”で話題の泉里香、チョッパーとのオフショットに賛辞やまず
CMでは確認できないログポースの作り込み具合も見れます。(2019/1/3)

第69回NHK紅白歌合戦特集:
武田真治がムッキムキボディーで“筋肉体操”&サックス演奏! 紅白で天童よしみと圧巻コラボ
圧倒的筋肉……っ!(2018/12/30)

冬コミで1番熱い漢たち! NHK「みんなで筋肉体操」コスプレに“本人”が降臨してしまう
まさかのセルフコスプレ。(2018/12/30)

2日目も熱いぞ冬のコミックマーケット(C95)! 僕らを“退屈”から救ってくれそうなコスプレ写真まとめ
ネタからガチまで幅広くお届け!(2018/12/30)

「スマブラSP」にデデデ大王が変顔のまま乱闘できるバグ技 クリスマスに発見され「やべえなこの顔」「笑いが止まらない」と人気に
ボム兵の副作用かな?(2018/12/27)

“爪のゆがみ”で手の動きを捉える小型センサー、IBMが開発
IBMがわずかな爪のゆがみを検出して手の動きや震えなどを推測する小型センサーのプロトタイプを開発したと発表した。(2018/12/25)

上半身裸でグランドピアノを運ぶ……! 「サンタクロースマッチョ説」漫画というクリスマスの新定番
シックスパックのサンタはやっぱりかっこいい!(2018/12/24)

クロッキーの練習にピッタリ! 多彩なポーズの人体をランダムで短時間表示するサイト「ポーズビューワ」
性別や体格の異なるモデルを、全部で150以上収録しています。(2018/12/22)

なぜミクシィがジムをやるのか:
ミクシィが手掛ける「トレーニングジム」、19年1月開業へ 競合とどう戦う?
ミクシィ子会社のスマートヘルスが、2019年1月23日に、女性専用トレーニングジム「ココサイズ」を開業する。健康状態を向上する「コンディショニング」に特化したメニューを提供する点が特徴。人工知能(AI)を活用して体の状態を診断するサービスも実施する。(2018/12/19)

危険部位がわかりにくい:
温暖化で危険な「雑種フグ」急増、問われる安全管理
夜明け前の暗闇に包まれた午前3時10分、天井からの投光に照らされた市場の一角にメリハリのある声が響いた。「えか、えか、えか」。黒い筒状の布袋で手を隠した競り人が進み出ると、周囲の人々がひとりひとり袋の中に手を入れ、値決めのやり取りをする。(2018/12/13)

ピンボールで遊べる体組成計、タニタが開発 CES 2019に出展
体重計メーカーのタニタが、ピンボールゲームで遊べる体組成計「TANITA PINBALL」を開発した。2019年1月に米国ラスベガスで開催される「CES 2019」でコンセプトモデルを披露する。(2018/12/11)

2019年も筋肉は裏切らない 「みんなで筋肉体操」待望の第2弾が放送決定
前回と同じメンツが集結。(2018/12/10)

「まさに戦士」「もはや凶器」 モグラ女子・泉里香、マシュマロ感ゼロのバキバキボディーに驚きの声
「見えるもの全てキレイすぎる」←分かりすぎる。(2018/12/7)

ドコモの5G実証実験はここまで進んでいた 「DOCOMO Open House 2018」レポート
ドコモが東京ビッグサイトで展示会「DOCOMO Open House 2018」を開催。ドコモの最新の研究開発の取り組みに加え、経営戦略「beyond宣言」の実現に向けての取り組みが分かる。5G実証実験の進展が分かる展示を紹介する。(2018/12/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。