ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「テスト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「テスト」に関する情報が集まったページです。

自動車の窓に動画広告 道行く人にプロモーション ベンチャーが都内でβテスト
ベンチャーのLauraが、自動車の窓に動画広告を表示するサービスのβ版をリリース。後部座席の左側に動画を映せる窓を採用。屋外の歩行者に向けて広告を配信する。(2021/1/26)

ビジネスシーンでも:
「鼻出しマスク」が話題に 正しく着用していないと、どう思われるのか
大学入学共通テストで「鼻出しマスク」が話題になった。正しくマスクを着用しない人は一定数いる。マスクに関する意識調査の結果は?(2021/1/26)

鼻マスクは入店禁止:
「鼻出しマスク」に、どう対応すればいいのか 客商売で苦慮
新型コロナウイルスの感染予防のなか、鼻を覆わず口だけマスクをする「鼻出しマスク」が問題になっている。大学入学共通テストでは、鼻出しマスクを試験監督に再三注意された受験生が失格に。一方で……。(2021/1/26)

Twitter、偽情報対策「バードウォッチ」のテスト公開 コミュニティ主体でツイートに注釈追加
Twitterが、誤解を招く情報の拡散対策として、コミュニティ主体の新プログラム「Birdwatch」のテストを米国で公開した。(2021/1/26)

点数だけでなく、全受験者内での順位も確認可能:
エンジニアのSQLスキルを即時判定 システムインテグレータがオンラインテスト「TOPSIC-SQL」を提供
システムインテグレータは、エンジニアのSQLに関するスキルを判定するオンラインテストを提供する。スキル判定だけでなく、業務知識を身に付けることにも役立つという。(2021/1/26)

オンラインで評価ボードをテスト:
リモート開発環境「Lab on the Cloud」を開設
ルネサス エレクトロニクスは、ルネサス製品を組み合わせたソリューション「ウィニングコンビネーション」の評価ボードを、オンライン上でテストできるリモート開発環境「Lab on the Cloud」を開設した。(2021/1/25)

日本食品添加物協会、大学入学共通テストの問題文に苦言 「甘味料について誤解を与える」
英語リーディングで、甘味料の健康被害に関する文章が出題されました。(2021/1/22)

メカ設計ニュース:
新材料のテスト加工を手軽に、支給材を使用して見本プレートを成形するサービス
プロトラブズは「プレート見本作成サービス」の国内提供を開始した。顧客から支給された樹脂材料を使用して2種類の見本プレートを成形できる。3D CADデータの提出が不要で、手軽かつ低コストで樹脂材料のテスト加工が行える。(2021/1/22)

5Gで変わる無線アクセスネットワーク:
知っておきたい「O-RAN」の機能分割とテストの課題
5G(第5世代移動通信)における無線アクセスネットワーク(RAN)の変革と仮想化は、オープン化されたRAN(Open RAN)によって可能となる。ネットワーク事業者に大きなチャンスをもたらす一方で、テストエンジニアには新たな課題も生じ、また無線エンジニアはOpen RANに関して多くの疑問を抱えている。本稿では、無線通信業界でOpen RANが必要とされる理由、機能の仕組み、そしてどのような課題があるのかを説明する。(2021/1/22)

セキュアな車載ソフトウェア開発の在り方(2):
車載ソフトウェアのコーディングの課題と、実用的な解決策
静的コード解析やソフトウェアコンポジション解析、ファジングテストの使用など、車載ソフトウェア開発ライフサイクルのセキュリティを向上させるソリューションの概要を説明した前回の記事に続き、今回は静的コード解析をテーマにする。最初にコーディングの問題について説明し、次に実用的な解決策について解説する。(2021/1/22)

鈴木保奈美、大学入学共通テストの英語リーディングで98点獲得 「さすがクイズの女王!」「才色兼備」と称賛の声
すご!(2021/1/20)

Google Cloud FunctionsがRubyのサポートを発表 ローカル環境での開発やテストを可能にするフレームワークも
米Googleが「Google Cloud Functions」でRubyをサポート。対応するバージョンはRuby 2.6と2.7。Rubyでサーバレス環境の関数を開発支援するフレームワーク「Functions Framework for Ruby」もオープンソースで公開した。(2021/1/20)

ポカリスエットの“ラベルなし”版が正式発売 テスト販売で需要確認
持続可能な社会に対応した容器包装の使用を目指す「大塚グループ プラスチックステートメント」の一環。(2021/1/19)

自動運転技術:
ソニーが次世代自動車「VISION-S」の公道走行テストをオーストリアで開始
ソニーは2020年1月11日(現地時間)、オンラインで開催中の「CES 2021」(2021年1月11〜14日)において、次世代自動車プロジェクトとして推進する「VISION-S プロジェクト」の試作車両を完成させ、欧州で公道走行テストを開始したことを明らかにした。(2021/1/13)

ソニー、オリジナルEV「VISION-S」の公道テスト走行開始 「Airpeak」で空撮
ソニーが昨年のCESで発表したオリジナルEV「VISION-S」の公道でのテスト走行をオーストリアで開始したと発表した。紹介動画にはその様子を同社のドローンプロジェクト「Airpeak」のドローンで空撮しているシーンもある。(2021/1/12)

ピザハットの「おひとりさま専用」セットが全国販売 担当者「テスト販売で過去比3倍ほどの売り上げに」
こんなのを待ってた!!!(2021/1/6)

数学テストの難敵「動く点P」が具現化 線分ABの呪縛を逃れ自由に走る姿が愛おしい
試験であんなに苦しめられたアイツが、なぜかかわいい。(2021/1/5)

モダンなソフトウェア開発の課題【前編】
モダンなソフトウェア開発のための開発チーム運営方法
コンテナ化されたマイクロサービスや自動化されたテストを効果的なコラボレーションやコミュニケーションと組み合わせれば、ソフトウェアのイノベーションを加速することができる。(2020/12/30)

日本マクドナルドの活用事例も紹介:
Twitterの2020年新広告商品振り返り 「Branded Likes」「プロモトレンドスポットライト」他
2020年末になって広告ビジネスに活気が戻ったTwitter。新たな広告メニューをテストした日本マクドナルドの事例と共に、2020年の動向を振り返る。(2020/12/25)

SEMICON Japan 2020 Virtual:
64個のCISを同時測定、アドバンテストの最新テスト装置
アドバンテストは、「SEMICON Japan 2020 Virtual」(2020年12月11〜18日、オンライン開催)で、同社の最新のシステムやサービスを紹介した。(2020/12/25)

ドローン:
ドローン開発に必要な機能を全て統合、MathWorksのモデルベース開発ツール
今後増加が予想される自律飛行型ドローンだが、研究開発現場では、実機での飛行テストを通じたアルゴリズム検証が困難であるなどいくつかの課題を抱えている。こうした課題を解決する手法として、近年はモデルベース開発を用いたドローン開発に注目が集まっている。MathWorksが、MATLABやSimulinkのオプション製品であるドローン統合開発環境として発表した「UAV Toolbox」も、モデルベース開発に対応した開発ツールの1つだ。従来のドローン開発手法における課題点とは何か、それらをUAV Toolboxを用いることでどのように解決できるのか。MathWorks担当者に話を聞いた。(2020/12/21)

Twitterが音声チャットできる機能「Spaces」をテスト
少数のユーザーを対象にテストしています。(2020/12/18)

Twitter、「Clubhouse」競合の音声SNS「Spaces」のテストを開始
Twitterは、音声チャットルームサービス「Spaces」のテストを開始したと発表した。ユーザーが自分のSpaceを開設してフォロワーなどを招待し、音声で会話するサービスだ。(2020/12/18)

Windows 10 Hyper-V入門:
Hyper-VでWindows 10をゲストOSにする場合の設定と落とし穴
アプリケーションのテスト目的などで、Windows 10上のHyper-Vで、ゲストOSとしてWindows 10を動かしたいというケースも多いのではないだろうか。インストール自体はそれほど難しくないのだが、意外な落とし穴もある。そこで、本稿ではWindows 10をゲストOSとする場合の注意点をまとめてみた。(2020/12/18)

AI・機械学習の用語辞典:
中国語の部屋(Chinese room)とは?
用語「中国語の部屋」について説明。チューリングテストへの反論として提起された思考実験。中国語による質疑応答テストで、英語しか分からない人が中国語の質問に適切に回答できる方法を提示することで、この種のテストに合格しても「中国を理解していることは意味しない」という点を反論の根拠とする。(2020/12/17)

製造IT導入事例:
製鉄工場における設備状態監視基盤の構築にAI分析ソフトを導入
日本製鉄は、製鉄所での設備状態監視基盤を構築するため、NECのAI分析ソフトウェア「NEC Advanced Analytics - インバリアント分析」を採用した。東日本製鉄所君津地区の熱延工場で、NECのAIを活用した長期間運用テストを開始する。(2020/12/16)

もう競争は始まっている
先進企業の量子コンピューティング活用例&実証実験
多くの企業が、将来の競争優位を得るため量子コンピューティングのテストを始めている。量子コンピューティングからメリットを得るには、効果がある領域を特定する必要があり、先進企業はそれを見つけつつある。(2020/12/16)

三井住友銀、店舗でローカル5Gの実験 Webカメラの映像をAIで解析、不審者を検知
三井住友銀行とNECなど4社が、銀行の店舗にローカル5Gネットワークを構築する実験を行う。店内のカメラをネットに接続し、AIによる映像解析などをテストする。リモート接客システムなどの実用化も目指す。(2020/12/11)

GeForce RTX 3080と比べてどう? AMDの新型GPU「Radeon RX 6900 XT」の実力をチェック!
AMDの新型GPU「Radeon RX 6900 XT」が間もなく登場する。Radeon RX 6000シリーズのフラグシップとして、競合のハイエンドGPUを超える性能を有するという。その実力を、ベンチマークテストを通してチェックしてみよう。(2020/12/9)

デート中、合コンの別の女性からお誘いが……仕込まれた「テスト」にどう答えるか試される漫画「ヤバい美女とテルオくん」
試練のときはふいにやってくる。(2020/12/12)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
マツダMX-30で1800キロ走って見えたもの
そもそもMX-30に与えられた使命は、電動化の牽引役だ。年明けにはいよいよ国内でもEVが出る。これは以前プロトタイプに乗ったが、スーパーハンドリングマシーンと呼べる出来になるはずである。次の時代に向けた実験的取り組みは、全てこのMX-30がテストベッドになる。そのクルマの基礎素養がこれだけ好もしいものであったことで、期待は高まろうというものだ。(2020/12/7)

AI・機械学習の用語辞典:
チューリングテスト(Turing test)とは?
用語「チューリングテスト」について説明。機械(=人工知能)が人間の模倣をして、人間がそれに気付かないかをテストすること。手順としは、審査員と、機械もしくは人間とで、自然言語による会話を行い、最後に審査員は会話相手が機械か人間かを判定する。(2020/12/7)

Twitter、会話のネスト化ツリー表示化を断念 読みにくいと不評なため
Twitterが会話(ツイートとそのコメントのスレッド)を読みやすくするために2018年8月からプロトタイプアプリ「twttr」でテストしていたredditのようなネスト化ツリー表示は正式機能にならずに終了した。テスト参加者から不評だったため。twttrもシャットダウンし、新たな改善策を模索する。(2020/12/4)

「セガい共通テスト」対策オンライン講座「セガゼミ」開講 予習の時点で問題が濃すぎて試験本番が怖い
知る人ぞ知るハード、コードネーム「ビーナス」の試作機も初お目見え。(2020/12/1)

あなたは何駅? 私は大崎 「もしもあなたが駅だったら」がわかる診断テスト公開、山手線30駅からチョイス
電車でGOシリーズ最新作の発売にあわせてスクエニが公開。(2020/12/1)

M1 Mac、外部SSDはUSB 3.2 Gen 2よりTB3のベンチマーク結果
M1搭載Macで、USB 3.2 Gen 2接続外部SSDとThunderbolt 3接続外部SSDとでベンチマークテストを行った。(2020/12/1)

MITの研究チームが開発:
皮膚に貼り付け表情を検知、ALS患者用の薄型センサー
米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームは、表情の変化を確実に解読し、顔の動きを予測できる薄型のウェアラブル圧電センサーを開発した。同チームは、筋萎縮性側索硬化症(ALS、運動ニューロン疾患またはMNDとしても知られている)の患者を対象にテストを実施している。(2020/11/30)

名刺サイズの超小型PC「ラズパイ」で遊ぶ(第33回):
ラズパイ一体型キーボード「Raspberry Pi 400」の性能は? ベンチマークテストで従来モデルと比べた
かつての“マイコン”を思わせるラズパイ一体型キーボード「Raspberry Pi 400」でベンチマークテストを実施。その実力とは?(2020/11/28)

メカ設計ニュース:
切削加工コンテスト受賞作品を発表
DMG森精機は、「第15回切削加工ドリームコンテスト」の受賞作品を発表した。日本国内で加工業に携わり、切削型工作機械、先端加工機を使用している企業、学校、研究機関を対象にしたコンテストとなる。(2020/11/27)

Webフロントエンドエンジニアだけでスマホアプリ開発(終):
フロントエンド開発者は品質改善やTime to Recover短縮のために何ができるのか
リクルートテクノロジーズが開発している、B2Bのスマホアプリ『Airシフト メッセージ用アプリ』。Webフロントエンドエンジニアだけで行っている開発の裏側を明かす連載。最終回は、品質改善で取り組んでいることや、テスト実施時間短縮に向けた取り組みなどについて。(2020/11/26)

スマホでゲーム基礎能力を測れる「eスポーツテスト」 JeSU監修で公開
「操作力」「認知力」「思考力」「反射力」「持久力」の5つのゲーム基礎能力を計測します。(2020/11/25)

「全国統一eスポーツテスト」開始 ゲーマーの「目・手・脳」の基礎能力を測定
日本eスポーツ連合が、eスポーツに必要な能力を測定する「JeSU公認 全国統一eスポーツテスト presented by ZONe」を発表した。目と手、脳の力を測る3つのゲームでプレイヤーの点数と偏差値を算出する。(2020/11/25)

車載ソフトウェア:
システム検証環境を単純化する、手のひらサイズの小型CANフレーム送受信機
PALTEKは、小型CANフレーム送受信機「CAN CUBE」を発売した。CANネットワークの構築が容易で、ECUの統合テストやシステムテストのための環境構築時間を短縮できる。(2020/11/25)

山市良のうぃんどうず日記(195):
フルバックアップがあってホントに助かった話〜もし、ユーザープロファイルが壊れたら〜
先日、主にWeb検索とテスト用として少数のHyper-V仮想マシンの実行に使っているノートPCをシャットダウンしようとした際に、タスクバー右端の「アクションセンター」アイコンに1件の通知があることに気が付きました。なぜか気になったのでもう一度起動して確かめようとしたら……。(2020/11/25)

カプコンの新ゲーム機「RETRO STATION」が登場! 「ロックマンX」や「ストII」など10タイトルを内蔵
テスト段階のページがなぜか公開されてしまったとのことです。(2020/11/24)

Google、RCS「メッセージ」のエンドツーエンド暗号化のテストを開始
Googleは、Androdアプリ「メッセージ」のRCSチャット機能でエンドツーエンド暗号化(E2EE)のテストを開始した。送受信双方がテストに参加していれば、E2EEでメッセージを送受信できる。(2020/11/20)

「ポケモンGO」で再び“リモート交換”可能に 今回は50km圏内か
ポケモンGOで2度目のリモート交換テスト実施中。前回より交換できるエリアが格段に広がりました。24日午前9時までの5日間だけ。(2020/11/19)

Techレポート:
「富岳」開発者 松岡 聡氏が語る「実務重視の富岳はなぜベンチマークテストでトップを走るのか」
ベンチマークテスト専用にチューニングされる例が目立っていたここ数年のスーパーコンピュータランキングにあって、実務を重視した富岳がなぜトップを独占できたのか。他国のスーパーコンピュータプロジェクトでも採用れる技術を生み出した原動力を探る。(2020/11/19)

Japan Drone2020:
800kmを2時間で自動飛行する4人乗りの“空飛ぶクルマ”、大阪万博で実演目指す
スカイリンクテクノロジーズは、自動運転の空飛ぶクルマを2025年の大阪万博でのデモフライトを目指して、テスト開発を進めている。実用化すれば、4人が搭乗して800キロの距離を2時間で飛行することが実現するため、移動手段の概念が根底から覆る乗り物となる。(2020/11/18)

モバイルアプリ開発環境の選び方【後編】
モバイルアプリ開発者が選ぶべきプログラミング言語とテストツールは?
モバイルアプリケーション開発はさまざまな要件が絡み合う。開発で使用するプログラミング言語とテストツールを選ぶ際に役立つヒントを解説する。(2020/11/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。