ニュース
» 2013年04月02日 20時21分 UPDATE

Bluetooth対応:背が低いから画面をジャマしない、パナソニックのシアターバー「SC-HTB170/HTB65」

パナソニックがオールインワンタイプのシアターバー2機種を発表。Bluetoothにも対応し、リビングオーディオとしても利用できる。

[ITmedia]

 パナソニックは4月2日、シアターバーの新製品2機種を発表した。4月26日に発売予定で、価格はオープン。店頭ではHDMI入力を備える上位モデル「SC-HTB170」が2万6000円前後、光デジタル音声入力のみの「SC-HTB65」が2万円前後になる見込みだ。

ts_panasound01.jpg 上から「SC-HTB170」のシルバー、ブラック、「SC-HTB65」(ブラックのみ)

 ウーファーを内蔵しながら、本体部分のサイズを950(幅)×105(高さ)×66(奥行き)ミリに抑えたオールインワンタイプ。付属のベーシックスタンドを使用しても高さは79ミリだ。

 本体の設置角度は、置き場所に合わせて0度、30度、80度で調整可能。90度での壁掛け設置の合わせ、4種類から選択できる(SC-HBT170の場合)。スピーカーの角度を検知するセンサーを搭載し、設置角度によって音の指向性を自動で切り替えるという。

ts_panasound02.jpg

 また両機種にBluetoothを内蔵し、スマートフォンなどからワイヤレスで音楽を再生が可能。このほか、声の帯域レベルを効果的に上げることで、聴こえにくい言葉を聴き取りやすく再生する「明瞭ボイス」、奥行感ある音を再生する「3Dサラウンド」、音量変化のあるシーンでも耳障りな音量アップを抑える「音量オート」といった機能も搭載している。

 HTB170には、サブウーファー内の2つのユニットを向かい合わせに配置し、互いの振動を打ち消し合う「振動キラー」を採用した。内蔵アンプの出力は、SC-HTB170が120ワット、SC-HTB65は90ワット(実用最大出力合計値)。リモコンや壁掛け金具などが付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう