ニュース
» 2013年05月17日 21時26分 UPDATE

ビデオリサーチがラジオの聴取率調査――若い男性の聴取率が上昇傾向に

ビデオリサーチは、首都圏、関西圏、中京圏の2013年4月度ラジオ聴取率調査を実施した。この1年間で20代男性の聴取率は上昇を続けており、1日あたりの聴取時間量も増加したという。

[ITmedia]

 ビデオリサーチは、首都圏における自主ラジオ個人聴取率の2013年4月度調査結果を5月17日に発表した。調査は年6回偶数月に実施しているが、過去1年間の調査結果から20代男性のラジオ聴取率が上昇していることが分かった。

 1週間のうちラジオを聞いた人はおよそ3人に2人となる63.9%。1週間累積の平均聴取時間は13.6時間で、1日あたり2時間近いとう結果が出た。このうち20代男性に限ると1日あたりの平均聴取時間は99分となるが、2012年4月調査の65分から34分も増加したという。

Photo 「20代男性ラジオ接触者全局聴取分数(1人1日あたり)」

 このほか、ラジオを聞く場所は、自宅内が52.4%、車内が28.2%、車内以外は19.4%となった。

ts_radio02.jpg ラジオを聞く場所

 対象エリアは東京駅を中心とする半径35キロ圏。調査期間は4月15日〜4月21日で、調査方法は期間中の調査票を一括郵送・回収する日記式郵送留置調査となっている。調査対象は12才〜69才の男女3000人となっており、うち有効標本数は2841人だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.