ニュース
» 2013年06月15日 01時46分 UPDATE

東京おもちゃショー2013:感動的に美しい? 4K対応パズルが登場

大画面テレビの4K化に呼応するかのように、なぜかジグソーパズルにも4Kの波がやってきた。

[ITmedia]

 大画面テレビの4K化に呼応するかのように、なぜかパズルにも4K化の波がやってきた。パズルメーカーとして知られるテンヨーは、「東京おもちゃショー2013」に“4K”対応をうたうジグソーパズルを参考展示している。

 結論から書くと、3840×2160ピース(=約830万ピース)のジグソーパズルではなかった。百歩譲って4000ピースという展開も考えたが、それも違った。

 実際は、サトウキビとプラスチックから作られる新素材を用い、純白のピースと美しいプリントを実現したというもの。「環境にやさしいパズルでありながら、樹脂が持つピースの白さと発色の美しさが特長」(同社)という。バイオマスマークも申請中だ。

ts_tenyo03.jpg 実際の4K対応パズル。階調性や色域は「BT.2020」より上か

 ちなみに4KのKは「感動」のKであり、「特別な素材」「純白のピース」「美しい発色」、そしてピースをはめたときの「抜群のフィット感」がもたらす“4倍の感動”を言葉で表現してみたらしい。「高画質を極めたテレビの名称にも似て……」(同社)。

ts_tenyo01.jpgts_tenyo02.jpg のっかりましたね?

 4K対応パズルは、その発色の良さを生かし、ディズニーキャラクターの絵柄で近日登場する見込みだ(価格は未定)。なお、注目のピース数は266となっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.