ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「東京おもちゃショー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「東京おもちゃショー」に関する情報が集まったページです。

21年度を境に反転:
売れ筋はサプライズトイ、玩具市場「女児」で復調
国内の玩具市場が、復調基調にある。市場規模は平成13年度から減少基調だったが、21年度を境に反転。30年度は女児向け玩具で、海外発の新ジャンル「サプライズトイ」が“誕生”したこともあり、前年度比5%増の8398億円だった。(2019/7/1)

毛糸で縫えるミシンがおもちゃのレベル超えてる 「毛糸ミシンhug」で刺繍や“ふわもこ縫い”を体験してきた
大人も欲しくなっちゃうすごいミシン。(2019/6/17)

東京おもちゃショーで“カンナ掛け”してきた! ヒノキの香りがたまらない清水建設の体験展示がすごい
いい香りで超爽快。(2019/6/17)

針で攻撃する瞬間のスズメバチを再現! バンダイのカプセルトイ「だんごむし」シリーズがすごい進化
だんごむしの次はカメ……!(2019/6/16)

「メガドライブミニ」を初試遊! 東京おもちゃショー2019で「大魔界村」を体験プレイ→即死してきた
理不尽に難しいぐらいでちょうどいい。(2019/6/16)

ドリンクに“直接”ラテアートを印刷できるだと……! バンダイスピリッツのすごい技術「フォーチューンラテ」を体験してみた
ウルトラマンタロウのラテアートを描いてみてもらいました。(2019/6/15)

「なつかしい!」「写真撮りたい!」 伝説の玩具店「ハローマック」が東京おもちゃショー2019で復活し、大人が長蛇の列
大人が子どもに写真を撮ってもらうという場面も。(2019/6/15)

東京おもちゃショー2019:
「丸くなる虫は少ないんです」 累計100万個販売の「だんごむし」開発者が「かめ」に目を付けた理由
大ヒットしたカプセルトイ「だんごむし」。次の主役はまさかの「かめ」。(2019/6/15)

定価約10万円の「解体匠機 RX-93 νガンダム」予約開始 → 早くも「予約確保済み」として高額転売続出し物議
「転売屋の餌食」との意見も。(2019/6/14)

東京おもちゃショー2019:
巣立つまでお世話して――本当に飛び去るフクロウ型ペットロボットで母の気持ちを知った
お世話をすると飛び立っていくフクロウ型ペットロボットをタカラトミーがおもちゃショーで展示している。(2019/6/13)

東京おもちゃショー2019:
伝えたいのは「ガンダムの世界観」 ザクのプログラミング教材で学べるもの
バンダイが「東京おもちゃショー2019」でザクのプログラミング教材を展示。実際にザクが動くデモンストレーションを実施している。(2019/6/13)

人気の「ブルーナボンボン」にミニサイズが登場 ブルーナうさぎのかわいさそのまま赤ちゃん用に
ミニ版は乗用玩具ではないので気をつけましょう。(2019/6/9)

コンパクトサイズの“だんごむし”カプセルトイをバンダイが発売 丸くなる変形ギミックが超リアル
カメとマンマルコガネも順次発売。(2019/6/6)

そこまでやるか! セガ、「メガドラタワーミニ」も発売
まさかの発表。(2019/6/4)

世界初のブラックホール画像をジグソーパズル化 真っ黒なピース多めで集中力が試される
真っ黒のピースを見つめながら、思考のブラックホールに吸い込まれてしまいそう。(2019/5/17)

伝説の「おもちゃのハローマック」が東京おもちゃショーに出展 かつての運営元がノベルティを提供
マスコットの「マックライオン」をあしらった缶バッジやラバーキーホルダーが用意されています。(2019/5/9)

サラリーマン、プリキュアを語る:
平成のプリキュアは、いかに“2度の危機”から復活したのか マクロ視点から振り返る
平成最後のプリキュア記事、気合入れて書いたら1万字を越えちゃいました。(2019/4/25)

ソニーの玩具「toio」、ようやく正式販売へ 先行販売分は新型に無償交換
ソニーの新規事業創出プロジェクトから生まれた体感型玩具「toio」をSIEが発売。2017年に発表して以来、発売延期を繰り返していたもの。仕様を変更したため、2017年に先行販売した旧仕様の製品は新型に無償交換する。(2019/1/17)

「盛り上がりすぎたので急きょメディアに公開」 タカラトミーの“社内”ゾイドコンテストが自由にもほどがあった
いや……なんというか、自由だな……!(2018/12/18)

血迷ったかセガトイズ! 「ひろしの靴下のにおい」を配る狂気のプレゼントキャンペーン始動
においは100倍に薄められているので、とりあえず「事件」にはならなさそうです。(2018/11/15)

「赤」など新色も発売決定:
カプセルトイ「だんごむし」が人気で品薄に メルカリに1匹1500円で出回る
バンダイのカプセルトイ「だんごむし」が売れている。入手が困難となり、フリマアプリの「メルカリ」などに1匹1500円程度で取引されている。現在追加生産を行っており、9月中旬から順次出荷するという。(2018/9/6)

野原ひろしのクサい靴下VS花王アタック&シャープの洗濯機、“最臭決洗”の結果は?
洗えば何とかなるという希望が生まれた。(2018/7/2)

「ひろしの靴下」vsシャープの洗濯機&花王「アタック」、7月2日開戦 連合軍は悪臭を落とせるのか?
Twitter公式アカウント同士の交流がカオスなバトルへ発展。(2018/6/27)

ただ者じゃない最新トイや“自立する”漫画家の今を「NEWS TV」で確かめた
(2018/6/12)

6月12日15時ごろ放送:
【番組告知】キーワードはAIとYouTuber!? ただ者じゃない最新トイを「NEWS TV」でチェックする
(2018/6/12)

「まさかのダンゴムシです」 商品化を勝ち取った虫嫌いの開発者
ダンゴムシを10倍に拡大し、精密なギミックとともに立体化したバンダイのカプセル玩具「だんごむし」。しかし、開発者は大の虫嫌いだった。商品化の謎に迫る。(2018/6/10)

かわいいの過剰摂取で死にそう リーメント「ポケモン」新作グッズが大人ポケモン女子の財布を殺しに来てる
財布の中身、逃げてー!(2018/6/8)

ミッキーマウスと原付バイクが融合!? ディズニーモータース「チムチム」ライフサイズモデルを初披露
世界で1台だけの超レア品。(2018/6/8)

マーケターが語る「こだわり」:
12年ぶりに復活「ゾイド」は“ワイルドさ”で現代っ子の心をつかめるか
動物や恐竜がモチーフの組み立て式玩具「ゾイド」が12年ぶりに復活する。かつて高い人気を獲得した旧シリーズとは、どんな点が異なるのか。マーティング担当者に話を聞いた。(2018/6/7)

セガトイズ「野原ひろしの劇臭くつした」を完全再現しちゃう暴挙にでる クレしん公式監修のガチなやつ
嗅いだ記者「ぅお!えっふぇ…これはあかんやつやで」(2018/6/7)

東京おもちゃショー2018:
“おしゃべり玩具”トレンドに 東京おもちゃショー2018
「東京おもちゃショー2018」では、音声でコミュニケーションする玩具が目立った。世間ではスマートスピーカーが話題だが、玩具界にもおしゃべり玩具の波が来ている。(2018/6/7)

巨大「ダンゴムシ」カプセルトイがおもちゃショーに登場 さまざまな角度からリアルなダンゴムシ写真をどうぞ
ゾクッとくるかも。(2018/6/7)

これで君もダース・ベイダー! 「着れちゃう! ダンボール」にベイダー版登場
ダンボールパーツを組み立てるだけ!(2018/6/7)

東京おもちゃショー2018:
「YouTuberが効いています!!」――紹介動画で売り上げ急増、玩具メーカー注目
「YouTuberが効いています!!」――玩具の見本市「東京おもちゃショー2018」のタカラトミーアーツのブースで、そんな一文が目を引いた。(2018/6/7)

トミカ48年目の進化 実車の音と振動でリアリティを追求したハイエンドモデル「トミカ4D」誕生
音と振動でリアリティのあるトミカに。(2018/6/7)

東京おもちゃショー2018:
「YouTuberごっこ」にプログラミング遊びも 女児向けタブレットトイ セガトイズから
自撮り動画を撮影でき、プログラミングをはじめとする学習アプリも搭載したタブレットトイをセガトイズが発売する。(2018/6/7)

東京おもちゃショー2018:
さらにできるようになったな! AI搭載「ハロ」と戯れてきた
AI搭載ロボットになったガンダムのペットロボット「ハロ」が東京おもちゃショーに登場。ハロとガンダムトークで盛り上がれる。(2018/6/7)

東京おもちゃショー2018:
「GT-R」のエンジン音、実際に鳴る「トミカ4D」 「テストコースを貸し切り、音を収録」日産が太鼓判
タカラトミーが、エンジン音と振動を再現した「トミカ4D」を10月に発売する。日産「GT-R」のミニカーは、実際のエンジン音、走行音を収録した。(2018/6/7)

開発2年「奇跡が起きた」:
話題のカプセルトイ「だんごむし」なぜ開発? 生みの親に聞いてきた
バンダイが発表した、ダンゴムシを1000%スケールで立体化したカプセルトイ「だんごむし」が話題だ。商品コンセプトはいかにして思いついたのか。開発の裏に何があったのか。開発担当者に話を聞いた。(2018/6/7)

漫画『おじさまと猫』の猫ちゃん「ふくまる」のもっちりぬいぐるみが誕生
いっぱいハグしたい。(2018/6/5)

でけえ! 全長140ミリの巨大「ダンゴムシ」カプセルトイ登場 昆虫嫌いな担当者が2年かけて開発
カプセルトイでカプセルレス販売。(2018/6/4)

ダンゴムシを10倍の大きさで立体化したカプセルトイ 丸くなる体を忠実に再現
バンダイがダンゴムシを1000%スケールで立体化したカプセルトイ「だんごむし」を発売する。ダンゴムシの構造を徹底的に研究。丸くなる体を再現してしまった。(2018/6/4)

TechFactory 人気記事TOP10【2017年8月版】:
いまさら聞けない「組み込みLinux」――その正体と開発の難しさ
TechFactoryオリジナル記事コンテンツの人気ランキングTOP10をご紹介。今回は、数ある組み込みシステムの中でも、タッチパネルやネットワークなど、ある程度リッチな機能が必要となる際に選択されることの多い「組み込みLinux」を取り上げた記事が人気を集めました。(2017/9/20)

驚異の12分間回転――「ハンドスピナー」開発にアツくなる企業の正体
回転時間は12分間以上、価格は1万7280円(税込)――そんな型破りなハンドスピナーを製造したのは、大手玩具メーカー……ではない。製造業向けの「ベアリング」を手掛ける企業が、ハンドスピナーの開発にアツくなるまでの経緯を聞いた。(2017/9/6)

プロジェクトリーダーに聞く:
ソニーが作ったおもちゃ「toio」のロボットはなぜシンプルで四角いのか?
おもちゃ好きのエンジニアたちの放課後活動から生まれたソニーのトイ・プラットフォーム「toio(トイオ)」。「ソニーらしい新しい製品を作りたい」という思い、そして同社が長年培ってきたロボットとエンターテインメント技術の融合により生まれたtoioの特長やこれまでの取り組みについて、toioプロジェクトのリーダーを務める田中章愛氏に聞いた。(2017/8/24)

TechFactory通信 編集後記:
ソニーの箱型ロボットが子どもの心に火を付ける
主役はロボットではなく、子どもたちが作ったおもちゃ。(2017/8/5)

「toio」をきっかけにソニーも変わる? 体感型おもちゃが示す本当の価値
(2017/6/21)

40年前のコレジャナイ感を払拭! DX超合金魂「コン・バトラーV」の完成度がビクトリー
(2017/6/4)

テレビカメラに向けてサインして! スマホでスター選手の気分が味わえる「エアーサインキット」
(2017/6/3)

スケボーと一輪車を合体させた未来感 「JYRO Roll」日本初披露
乗りこなしたい。(2017/6/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。