ニュース
» 2013年06月21日 22時18分 UPDATE

ゴムバンド付き:“音”に特化したハイパワーヘッドフォンアンプ「FiiO E12」登場

FiiO「Eシリーズ」の最新モデル「FiiO E12」が登場。シンプルな構成ながら従来製品の3倍というハイパワーを実現している。

[ITmedia]

 小柳出電気商会は、Fiio製のポータブルヘッドフォンアンプ「E12」を6月下旬に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は1万8900円。

PhotoPhotoPhoto ポータブル・ヘッドフォンアンプ「E12」

 「FiiO E11」の上位版。アナログミニ入力だけのシンプルな構成ながら、音質向上と高出力に注力したモデルだ。コアとなるオペアンプにはプロオーディオ用にも使われる「OPA1611A」および「LME49600」を採用した。出力は16オーム時で600mW、32オーム時で880mWと「E17/E07K」の約3倍にあたる。

 ほかにもWIMAコンデンサー、ALPSポテンショメーターなど信頼性の高いバーツを使用。「圧倒的な透明感とフラットさが売りのFiiO E17に比べ、中低域の充実と音楽的な色付けがFiiO E12の持ち味」(同社)という。

 ヘッドフォン/イヤフォンの適応インピーダンスは16〜300オーム。ベースブーストEQに加え、ハイ(16dB)/ロー(0dB)の2つのゲイン調整機能を備えた。内蔵バッテリーで約12時間の連続駆動が可能だ。

 本体サイズは 65(幅)×14(高さ)×123(奥行き)ミリ、重量は158グラム。iPhone 5など代表的なスマートフォンに近いサイズで、重ねて持ち運ぶのに便利だという。長さ11センチの3.5ミリステレオミニケーブルのほか、ソフトポーチ、ゴムバンド4本、ゴム脚6個、充電用USBケーブルが付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.