ニュース
» 2013年07月02日 22時49分 UPDATE

USBメモリ型のビデオカメラが登場、防犯に役立つ動作検知機能付き

サンコーが、USBメモリのような小型ビデオカメラを発売した。PCの防犯に役立つ動作検知機能も備えている。

[ITmedia]

 サンコーは、「動作検知付きUSBメモリ型ビデオカメラ」を7月1日に発売した。同社直販サイトの価格は3480円。

PhotoPhotoPhoto 「動作検知付きUSBメモリ型ビデオカメラ」

 直径約1ミリという超小型レンズを搭載したUSBメモリそっくりのビデオカメラ。さりげなく撮影できるため、「聞き漏らせない大切な会議や、自然な動画を撮影したい時にオススメ」(同社)という。内蔵バッテリーにより、連続約1時間の撮影が可能だ。

 撮影動画は、1280×960ピクセル/30fpsでデータ容量は1分あたり50Mバイト。静止画の解像度は1600×1200ピクセルで、1枚あたりの容量は約110Kバイト。記録メディアには32GバイトまでのmicroSDカードが利用できる(別売)。

 また、電源を入れた状態でPCに接続すると、数分で動作検知モードに切り替わる。「誰かに勝手にPCをいじられたり、イタズラされた時に犯人を確認できるため、大切なPCの防犯に役立つ」としている。

 本体サイズは19(幅)×12(高さ)×50(奥行き)ミリで、重量は10グラム。USB延長ケーブル、キーホルダーが付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.