ニュース
» 2013年08月21日 13時01分 UPDATE

分かる人には分かる?:JBLのスピーカーをデザインしたカナル型イヤフォン、「Synchros」

ハーマンインターナショナルは、JBL製のカナル型イヤフォン「JBL Synchros(シンクロス) S100/S200シリーズ」を9月上旬に発売する。

[ITmedia]

 ハーマンインターナショナルは8月21日、JBL製のカナル型イヤフォン「JBL Synchros(シンクロス) S100/S200シリーズ」を発表した。9月上旬に発売する。価格はオープンプライス。

 昨年末に登場した「JBL Jシリーズ」の上位モデルにあたる新製品。同社では「JBL Synchros」というシリーズ名でイヤフォン2機種とヘッドフォン3機種の展開を予定しており、イヤフォンが先行して発表されたかたちだ。ヘッドフォンの3機種は秋に登場する予定だという。

ts_1jbl04.jpgts_1jbl03.jpg 「JBL Synchros S200」(左)と「JBL Synchros S100」(右)

 S100/S200シリーズは、いずれもiPod/iPhone/iPad対応のマイク付きリモコンモデル(型番はS100i/S200i)と、4極プラグ対応のスマートフォン用マイク付きリモコン搭載モデル(S100a/S200a)をラインアップ。リモコンなしのスタンダードモデルと合わせ、計2機種6モデルとなる。

型番 S100 S100i S100a S200 S200i S200a
タイプ 密閉ダイナミック型
マイク付きリモコン なし iPod/iPhone/iPad対応 4極プラグのスマホ対応 なし iPod/iPhone/iPad対応 4極プラグのスマホ対応
周波数特性 10〜2万2000Hz
感度 99dB/mW 101dB/mW
インピーダンス 16オーム
カラー ブラック/ホワイト ブラック ブラック/ホワイト ブラック
実売想定価格 7980円 9980円 1万1800円 1万3800円

 S100は、JBL製スピーカーのコンプレッションドライバーをモチーフにしたデザイン。9ミリ径ダイナミックドライバーを収めたアルミダイキャスト製のハウジングは、音筒が斜めに伸びる“アングルド・イヤーチップ構造”で装着感と安定性の両立を図った。ケーブルはフラットタイプのエラストマーケーブル。遮音性の高いComplyイヤーチップが付属する。

 一方のS200は、JBLの大型ウーファーユニットをイメージしたという。一回り大きい10ミリ径のダイナミックドライバーをアルミダイキャスト製ハウジングに搭載。“アングルド・イヤーチップ構造”を採用している。同じくフラットタイプのエラストマーケーブルで、遮音性の高いComplyイヤーチップが付属する。

ts_1jbl06.jpgts_1jbl05.jpg JBL製スピーカーのコンプレッションドライバーをモチーフにしたS100(左)。大型ウーファーユニットをデザインしたS200(右)

ts_1jbl07.jpgts_1jbl08.jpg リモコンとケーブル。プラグはL型の3.5ミリステレオミニ

ts_1jbl01.jpgts_1jbl02.jpg 付属品一覧(左)。キャリングケースはシリーズロゴ入り(右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.