ニュース
» 2013年08月28日 14時53分 UPDATE

ソニー、上位機の設計思想を受け継いだHi-Fiオーディオスピーカー「SS-AC3/AC5」

ソニーは、Hi-Fiオーディオ用スピーカー2製品を10月に発売する。上位モデルのユニットや設計思想を継承したミドルクラスだ。

[ITmedia]

 ソニーは、Hi-Fiオーディオ用スピーカーのミドルクラスにあたる2製品を10月15日に発売する。価格は、フロアスタンディング型の「SS-AC3」が9万2400円(1本)、ブックシェルフ型の「SS-CA5」は5万400円(1本)。

 上位機の「ARシリーズ」「NAシリーズ」(ES)から一貫した設計思想と技術、デザインを継承したモデル。一方でインピーダンスを6オームとしてアンプ選択の自由度を増すなど、ハンドリング性を向上させている(AR/NAは4オーム)。

ts_ssac02.jpgts_ssac01.jpg フロアスタンディング型の「SS-AC3」(左)とブックシェルフ型の「SS-CA5」(右)

 「SS-AC3」は、3Way6ユニットのスピーカーシステム。エンクロージャーは上位モデル同様、内部で2つに分かれたツーボックス構造(2Way+ウーファー)とし、背面にはミッドレンジ用ポートとバスレフポートを並べた。バッフル板は、エンクロージャーの響きを抑えるため、30ミリの厚さを確保した。

 ツィーターには、NAシリーズで開発した「I-ARRAY System」を採用。25ミリソフトドーム型のメインツィーターと、それをアシストする19ミリソフトドームツィーター2個で構成され、広い指向特性と十分な音圧を確保するという。

 ミッドレンジには、「SS-NA2ES」のために開発したスパイラル・プレス・ペーパーコーン振動板を採用。振動板に渦巻状の溝を設けることで、共振を抑えながら滑らかな中高域を再生する。また130ミリ径のウーファーにはアルミニウム製の振動板を採用し、ダブルウーファー構成として自然な低域再生を目指している。

 本体サイズは、197(幅)×960(高さ)×295(奥行き)ミリ。重量は約18.5キログラム。

 一方の「SS-AC5」は、2Way4ユニットのコンパクトなスピーカーだ。やはり30ミリ厚のバッフル板を採用したほか、背面にはバスレフダクトを2本設けることで低域の再現性を高めるとともにポート特有のクセを抑えるという。ツィーター部の「I-ARRAY System」、および130ミリ径のアルミ振動板ウーファーユニットはSS-AC3と共通だ。

 本体サイズは、186(幅)×350(高さ)×295(奥行き)ミリ。重量は約7.6キログラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.