ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ミドルクラス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ミドルクラス」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

GeForce RTX 3060を搭載するBTOデスクトップPCが各社から発売
最新ミドルレンジGPUのGeForce RTX 3060搭載グラフィックスカードを採用したBTOデスクトップPCが各社から発表された。(2021/2/26)

FFF、ミドルレンジCPUを採用したAndroid 10搭載10.1型タブレット
FFF SMART LIFE CONNECTEDは、Android 10を搭載した10.1型タブレット端末「FFF-TAB10H」を発売する。(2021/2/25)

GeForce RTX 3060はマイニング性能が約50%に制限される NVIDIAが公式に発表
NVIDIAは、2月下旬に発売されるミドルレンジGPUのGeForce RTX 3060でのマイニング機能について同社ブログで言及を行った。(2021/2/19)

テスラ、モデル3を最大156万円値下げ 最廉価モデルは429万円に
テスラジャパンはミドルクラスのEV「モデル3」を値下げした。ラインアップ3車種のうち、ミドルレンジの「ロングレンジAWD」では655万2000円(税込、以下同)を499万円へと156万円値下げ。ローエンドの「スタンダードレンジ プラス」は511万円から429万円へ下げた。(2021/2/17)

NVIDIA、ミドルレンジGPU「GeForce RTX 3060」の発売を告知 製品は2月下旬予定
NVIDIAが、ミドルレンジGPU「GeForce RTX 3060」搭載製品の発売告知を行った。(2021/2/16)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
ディスプレイ内蔵インカメラが面白い 「Rakuten BIG」のカメラ機能を試す
楽天モバイルから発売されたミドルクラスのスマートフォン「Rakuten BIG」。カメラは超広角、広角など4つあり、インカメラはディスプレイに内蔵されている。このフロントカメラと、4つのカメラの具合について試してみた。(2021/2/17)

古田雄介の週末アキバ速報:
人は減ったが店は開いている――緊急事態宣言後のアキバ
緊急事態宣言が再び発令された当日の秋葉原電気街を取材した。PCパーツショップでは、ミドルレンジのグラフィックスカードがまとめ買いされるなど、新たな動きが見られた。(2021/1/9)

PS4 Pro、2020年秋で出荷完了していた PS4は今後スタンダードモデルのみの販売へ
PS4 Proは実質PS5にバトンタッチする形に。(2021/1/6)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
3万円台のミッドレンジスマホ「OPPO A73」「AQUOS sense4」「moto g PRO」のカメラ性能を徹底比較
3万円台で買えるミドルクラススマホ「OPPO A73」「AQUOS sense4」「moto g PRO」のカメラ性能を徹底比較してみた。すると面白い結果が。(2021/1/19)

ミドルレンジTiger Lakeの実力は? デル「XPS 13 2-in-1」のCore i5モデルを試す
第11世代Coreプロセッサ(Tiger Lake)を搭載する「XPS 13 2-in-1」の新モデルが登場した。今回は、Tiger Lakeの中ではミドルレンジに相当するCore i5-1135G7を搭載するモデルの実力をチェックしていく。(2020/12/28)

キーサイト、EXRシリーズ:
「電源エコシステム全般をカバー」8chオシロ新製品
キーサイト・テクノロジーは2020年11月、8チャンネルオシロスコープの新製品「Infiniium EXRシリーズ」を発表した。ミドルレンジの汎用モデルオシロとして多くの機能を備えるが、特に「電源のエコシステム全般をカバーする」というさまざまな電源解析機能が最大の特長。同社説明担当者は「最も多様な電源解析ができ、コストパフォーマンスも高いモデルだ」としている。(2020/12/15)

GeForce RTX 3060 Ti搭載ゲーミングPCの販売が開始
最新ミドルレンジGPU「GeForce RTX 3060 Ti」搭載グラフィックスカードを採用したゲーミングPCが各社から発表された。(2020/12/3)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
カジュアルカラーのハイスペック機「Galaxy S20 FE」 ノーマルS20との違いは?
海外ではGalaxy S20シリーズの派生モデルとして「Galaxy S20 FE」が販売されています。フラットディスプレイの採用やカメラの組み合わせ変更により、価格を下げています。ハイエンドスペックのミドルレンジ的な製品といえます。(2020/12/2)

Y!mobileが新スマホを発表 「AQUOS sense4 basic」と「Android One S8」
ソフトバンクとウィルコム沖縄のY!mobileブランドから新たなスマートフォンが登場する。いずれもミドルレンジ(エントリー)クラスの機種で、バッテリー持ちをよくしていることが特徴だ。【訂正】(2020/11/9)

石野純也のMobile Eye:
5Gへの移行を加速させるドコモ エリア拡充で強みあり、普及モデルも強化
NTTドコモは、5Gへの移行を加速させていく。鍵となるのが、ミドルレンジモデルの拡充とエリアやスループットの拡大だ。11月5日に開催された発表会では、冬春モデルのラインアップと同時に、新周波数帯を活用した「瞬速5G」をアピールした。(2020/11/7)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
モトローラのスマホは「2019年度比で倍以上に」 ハイエンド機にも意欲 松原社長に聞く
ミドルレンジモデルの販売が上向いていることを好機と捉え、モトローラは日本での事業をさらに拡大しようとしている。その一環として、7月1日には松原丈太氏が社長に就任。松原氏は、ハイエンドモデルも含め、モトローラ端末のバリエーションを広げていきたいと語る。(2020/10/26)

「iPhone 12」「12 Pro」を使って見えた、買い換えへの決断ポイントと新しい「Pro」の定義
Appleが2020年に投入する「iPhone 12」の中で、スタンダードモデルとなるiPhone 12とiPhone 12 Proを徹底比較。そこから見えてくることについて、林信行氏がまとめた。(2020/10/20)

「換気」できるエアコンを全ての部屋に ダイキン工業が本腰
ダイキン工業が換気機能を搭載したルームエアコンを大幅に拡充する。換気に特化したスタンダードモデルなども投入、「住まいの全室に換気機能付きエアコンを提供する」としている。(2020/10/14)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
ミドルレンジだけどハイレベル 「Mi 10 Lite 5G」の4眼カメラは安心して使える
ミドルレンジのスマホながらも4つのカメラを搭載する「Mi 10 Lite」。それぞれのカメラはどのような役割を持っているのかいろいろなシーンを撮影してチェックしてみた。(2020/10/8)

一緒に外出したくなる軽快カメラ、ニコン「Z 5」 価格は下げてもファインダーに妥協なし
ニコン「Zシリーズ」のスタンダードモデル「Nikon Z 5」が20万円を切る魅力的な価格で登場した。注目のポイントは、何を削り、何を残したか。そこにニコンらしさがあった。(2020/9/29)

auから「AQUOS sense5G」登場 2021年春予定
シャープのミドルレンジ5Gスマートフォン「AQUOS sense5G」がauから登場する。発売は少し先の2021年春となる。(2020/9/25)

石野純也のMobile Eye:
シャープ秋冬スマホが“4機種”の理由 「5Gのノーマル化」を目指し、4Gの選択肢も
シャープは9月11日に、AQUOSシリーズのミドルレンジモデルを一挙に4機種発表した。「AQUOS sense」シリーズ3機種に加え、有機ELを採用した「AQUOS zero」シリーズにも、初のミドルレンジモデルが加わる。価格を抑えたモデルを複数投入することで、5Gの普及を促進させるのが同社の狙いだ。(2020/9/12)

シャープが2020年秋冬のAQUOSスマホを発表 5G対応の「zero 5G basic」「sense5G」も
シャープがAQUOSスマートフォンの2020年秋冬モデルのラインアップを発表した。いずれもミドルレンジ、あるいはミドルハイレンジモデルとなるが、5G対応モデルやゲーミングを意識したモデルも用意していることが特徴だ。(2020/9/11)

Windowsフロントライン:
2020年のSurfaceハードウェア祭りはミドルレンジが狙い目?
例年、秋の10月はMicrosoftがSurfaceに関する発表会を開き、新モデルの投入をお披露目する時期だ。それを前に、飛び交っているさまざまなキーワードを整理した。(2020/9/11)

携帯料金 A to Z:
最新5G/4Gスマートフォンの価格は? 4キャリアで比較(2020年夏編)
携帯キャリアが2020年夏に販売しているスマートフォンは、5Gに対応するモデルと、割安の4G対応機種に大別される。当初は旗艦モデルばかりだった5G対応の機種にも、徐々にミドルレンジの選択肢が増えている。5Gが提供された2020年3月以降に発売された機種を中心に、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルが扱うスマートフォンの価格とまとめた。(2020/8/24)

コスパに優れたモデルは? 4万円前後のミッドレンジ「Xperia 10 II」「Galaxy A41」「LG style3」を徹底比較
今夏からスマートフォン販売の新定番となりつつあるのが、4万円前後からそれ以下のミドルクラスだ。今回はキャリアが販売している「Xperia 10 II」「Galaxy A41」「LG style3」の3機種を比較した。(2020/8/15)

MediaTek、5G対応ミドルクラス向けプロセッサ「Dimensity 720」を発表
MediaTekは、7月28日にミドルレンジスマホ向け5Gプロセッサ「Dimensity 720」を発表。90Hzのリフレッシュレートや、画像処理エンジン「MiraVision」によるHDR10+をサポートする。(2020/7/28)

石川温のスマホ業界新聞:
ファーウェイが4万円台のSIMフリー5Gスマホ「P40 lite 5G」投入――「端末縛り」で意外と扱いづらいキャリアのSIMカード
ファーウェイが、日本でも「HUAWEI P40」ファミリーを発売する。とりわけ注目を集めているのが、5G対応のミドルレンジ「HUAWEI P40 lite 5G」だ。価格が税別で3万9800円と手頃なのだが、SIMフリーの5Gスマホでは、「5G対応のSIMカードの入手」が課題となる。(2020/6/12)

石野純也のMobile Eye:
火花散らすHuaweiとXiaomi 王者不在のSIMフリー市場で“下克上”が起きるか?
6月2日に、HuaweiとXiaomiが日本で販売するSIMロックフリースマートフォンを発表した。Huaweiはフラグシップモデルの「HUAWEI P40 Pro 5G」や、ミドルレンジモデルの「HUAWEI P40 lite 5G」「HUAWEI P40 lite E」を投入する。対するXiaomiは「Mi Note 10 Lite」に加え、コスパを追求した「Redmi Note 9S」を投入する。(2020/6/6)

ファーウェイから5GミドルレンジSIMフリー「P40 lite 5G」登場 LTEモデル「P40 lite E」もあり
ファーウェイのミドルレンジスマホ「P lite」シリーズの新モデルが登場する。5G対応モデルも用意されている他、手頃なLTE(4G)モデルもある。(2020/6/2)

石野純也のMobile Eye:
楽天モバイルの弱点を突く「UQ mobile」の新料金プラン “サブブランド化”も意識
UQ mobileが6月1日に月額2980円の新料金プラン「スマホプランR」を導入する。あわせて、夏モデルとなるミドルレンジスマートフォンを3機種発表した。新料金と新端末を投入する、UQ mobileの狙いを読み解いていきたい。(2020/5/30)

キーサイト「MXRシリーズ」:
スペアナ統合の6GHz/8chオシロ、AIで異常信号検知
キーサイト・テクノロジーは2020年5月18日、ミドルレンジの新しいミックスドシグナルオシロスコープ「Infiniium MXRシリーズ(以下、MXRシリーズ)」を発表した。(2020/5/20)

「iPhone SE(第2世代)」はミッドレンジAndroidスマホと比べてどう? ライバル3機種と比較
「iPhone SE(第2世代)」は4万4800円(税別)からという、従来のiPhoneよりも低価格で販売されている。Androidスマホでいえばミドルレンジ端末と同程度だ。そこで、同価格帯のAndroidスマートフォン「HUAWEI nova 5T」「OPPO Reno A」「AQUOS sense3」とスペックを比較してみた。(2020/5/13)

モトローラがSIMフリースマホ「moto g8」シリーズ2機種を発表 2万〜3万円台で5月4日発売
モトローラのミドルレンジスマートフォン「moto g」ファミリーの第8世代モデルが日本に上陸する。一定条件のもとOSのバージョンアップやセキュリティアップデートが保証される「Android Enterprise Recommended」認証を取得しており、個人だけでなく法人用途でも安心できるという。【更新】(2020/4/21)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
見た目が“ハイエンド機っぽい”「moto g8 plus」 カメラの実力はどう?
ミドルクラスながらグラデーションが美しいボディーにトリプルカメラを搭載した、モトローラの「moto g8 plus」。3万円台で買えるトリプルカメラスマホだけど、その実力はどうか。メインの広角カメラや、動画専用の超広角カメラを中心に試した。(2020/4/2)

au 5Gスマホ「ZTE a1」登場 クアッドカメラのミドルレンジ【写真追加】
au 5Gのサービス発表に合わせて、auスマホとしては初めてのZTE製端末が登場する。手頃な価格のミドルレンジモデルで、4つのアウトカメラを搭載している。(2020/3/23)

なぜ「ミドルレンジ5G」はない? なぜ「容量無制限」はキャンペーン? エリア狭すぎない?――「docomo 5G」記者会見の質疑応答まとめ
NTTドコモが3月25日に5G通信サービスを開始する。それに先だって、3月18日に報道関係者が担当者に質問する機会が設けられた。この記事では、筆者が参加した回次の主なやりとりを紹介する。(2020/3/19)

ドコモから「Galaxy A41」登場 幅広い年齢層に対応する快適なミドルレンジ
NTTドコモから、ミドルレンジのGalaxyの新モデルが登場する。若者から中年層までの幅広い年齢層をターゲットとし、手頃な価格ながら求められる機能をバランス良く備えた。(2020/3/18)

おサイフケータイ対応ミドルレンジ:
ソフトバンクが「OPPO Reno3 5G」を独占販売 7月下旬以降発売へ
中国OPPOのスマートフォンが、ついに大手キャリアから発売される。SoftBank 5Gに対応するミドルレンジモデルで、日本市場固有の機能である「おサイフケータイ」も利用できる。(2020/3/5)

売れ筋Androidスマホ、「AQUOS sense3」と「Galaxy A20」はどちらが買い?
シャープの「AQUOS sense3」とサムスン電子の「Galaxy A20」が売れている。ともに低価格ながらも、普段使いには十分なミドルクラスCPUに加え、防水、おサイフケータイといった需要の高い機能を一通り搭載している。2モデルはどちらを選べばいいのか? 実際に触って使いながら検証していく。(2020/2/28)

Mobile Weekly Top10:
求められているのは「ミドル」よりも「エントリー」?/auが「残価設定型分割払い」導入
ソニーモバイルコミュニケーションズが、エントリークラスのXperiaをグローバル発表しました。ミドルレンジモデルは日本でも投入されるようになりましたが、エントリーモデルが上陸する日は来るのでしょうか……?(2020/2/26)

最新ミドルレンジGPU「Radeon RX 5600 XT」搭載カードが各社から
AMD製の最新ミドルレンジGPU「Radeon RX 5600 XT」を搭載したグラフィックスカードが各社から一斉に発表されている。(2020/1/23)

石野純也のMobile Eye:
CES 2020から見えた5Gスマホの最新動向 ミドルレンジ化が想定以上に進みそう
CES 2020では5Gが主要なテーマの1つとして挙げられていたが、5G関連の展示はやや控えめだった印象がある。Qualcommはブースを自動車関連だけに縮小、Intelもブースの出展を見送った他、Samsungはプレスカンファレンスを実施しなかった。2月にはスペイン・バルセロナで「MWC Barcelona」の開催を控えており、メーカーやベンダー各社は、体力を温存しているという見方もできる。(2020/1/14)

CES 2020:
全機能をサポートするミドルレンジGPU 「Radeon RX 5600」シリーズの実力は?
AMDが、Radeon 5000シリーズのミドルレンジ向けGPUの新製品を4つ発表した。「CES 2020」の基調講演では、デスクトップPC向けの「Radeon RX 5700 XT」に焦点を当てた説明が行われた。その実力は、いかに?(2020/1/9)

CFD、Ryzen 5を標準搭載したミドルレンジ向けゲーミングPCを発売
シー・エフ・デー販売は、CPUとしてRyzen 5 3600を装備したミドルタワー型ゲーミングPCを発表した。(2020/1/9)

AMD、1080pゲーミングに適した「Radeon RX 5600」シリーズを発表
米AMDは、“1080pゲーマー向け”をうたった最新ミドルレンジGPU「Radeon RX 5600」シリーズの発表を行った。(2020/1/7)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
「5Gに向けて弾を込めている」 ファーウェイ呉波氏が語る、激動の2019年と2020年の展望
2019年は政治に振り回されたHuaweiだが、日本ではミドルレンジのP30 liteが好調だった。一方で、今後の機種にGoogleサービスを載せられるかは分からず、自前のアプリサービス「HMS(Huawei Mobile Service)」に切り替えた端末がどう評価されるかは未知数だ。ファーウェイ デバイス 日本・韓国リージョン プレジデントの呉波氏に、同社の現状と今後の方針を聞いた。(2019/12/27)

ミドルレンジGPU「Radeon RX 5500 XT」搭載カードが各社から
AMD製の最新ミドルレンジGPU「Radeon RX 5500 XT」を搭載するグラフィックスカードが各社から一斉に発表されている。(2019/12/13)

AMDが1080pゲーミングに最適化した「Radeon RX 5500 XT」を発表 2万円台前半から
AMDのミドルレンジGPUに新製品が登場。フルHDにおけるゲーミングに特化した性能にすることで価格を抑えている。【追記】(2019/12/12)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
「ハイエンドに集中する方針は間違っていない」 ASUSに聞く「ROG Phone II」の秘密とSIMフリー戦略
2019年から、ハイエンドモデルに注力する戦略にシフトしたASUS。ミドルレンジ以下のモデルを大幅に減らしつつも、フリップカメラを搭載した「ZenFone 6」や「ROG Phone II」は、“ASUSらしさ”がいかんなく発揮された端末だ。ROG Phone IIの特徴を中心に、ASUS JAPANの端末戦略を聞いた。(2019/12/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。